眠る人々

スポンサーリンク

TS350039

 数ヶ月前にフリーマーケットのガラクタ箱で、壊れた携帯を見つけた。水没したとかで画面も表示されないポンコツだったが、分解して適当にいじくっているうちにディスプレイが表示されるようになった。

 むろん、電話としては役に立たないのだけれど、カメラが使えた。しかし、撮った写真をパソコンに転送する方法がわからなかったが、それがようやく転送できるようになった。130万画素、オートフォーカスなしというシロモノだし、なによりカメラマンの腕が悪いのでロクな写真をお届けできないが、まぁこれもなにかの彩りだと思ってもらえれば。

 この写真は冬まっただなかである1月31日の深夜、とある場所で寒さを逃れて眠る人々を収めたもの。全部で5人写っているが、いちばん左で起きているオヤジ以外は全員が常連で、いつもここで寝ていた。主にまだ若い男たちだが、ホームレスかどうかまではわからなかった。とはいえ、状況が彼らはホームレスであるといっているのだが。ちなみに、現在はもう誰もいない。

関連記事

お仕事 心配してくださるのだろう。最近になって時折、お仕事のお誘いを受けることがある。うちの会社で働きませんか、というものがほとんどだ。ぼくのような人間に対して、とてもありがたいことである。感謝に堪えない。感謝に堪えないが、みな、お断りしている。正確には、ご返事を差し上げていない。 理由はさまざまだけれ...
俺は迷惑だ 俺は迷惑だ 会社にいられちゃ迷惑なんだ 社長にいわれて いるとこなくて うちに帰ったのさ あんたにいられちゃ迷惑なのよ 家族にいわれて いるとこなくて ダチの部屋に行ったのさ おまえにこられちゃ迷惑なんだ ダチにいわれて いるとこなくて 図書館に行ったのさ あんたに使われちゃ迷惑なんだ 市民にいわれ...
書く者と書かざる者 某月某日 ことばは虚しい。いくら叫んでも、いや叫べば叫ぶほどに、ことばはその力を失って空を切り雲散霧消してしまう。届くべきところへと届かない。届くべきところとは、すなわちあなたのその心だった。 ことばを使う者がその力を疑ったらお終いである。だからわたしはすでに終わっている。 かつて阪神大震災で被...
あるじなき摩天楼(地獄と天国)  5月23日の早朝に撮影。こぎたない雑居ビルが建ち並ぶ薄暗い路地の向こう、建設中の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小杉」。地上59階建、高さ200メートルを超えるというとんでもないバケモノ。  路地を抜けると川崎中南部の要所、東急東横線「武蔵小杉駅」があり、付近は東京電力や不二サッシの...
スポンサーリンク