眠る人々

スポンサーリンク

TS350039

 数ヶ月前にフリーマーケットのガラクタ箱で、壊れた携帯を見つけた。水没したとかで画面も表示されないポンコツだったが、分解して適当にいじくっているうちにディスプレイが表示されるようになった。

 むろん、電話としては役に立たないのだけれど、カメラが使えた。しかし、撮った写真をパソコンに転送する方法がわからなかったが、それがようやく転送できるようになった。130万画素、オートフォーカスなしというシロモノだし、なによりカメラマンの腕が悪いのでロクな写真をお届けできないが、まぁこれもなにかの彩りだと思ってもらえれば。

 この写真は冬まっただなかである1月31日の深夜、とある場所で寒さを逃れて眠る人々を収めたもの。全部で5人写っているが、いちばん左で起きているオヤジ以外は全員が常連で、いつもここで寝ていた。主にまだ若い男たちだが、ホームレスかどうかまではわからなかった。とはいえ、状況が彼らはホームレスであるといっているのだが。ちなみに、現在はもう誰もいない。

関連記事

毒の盛り方 平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学M.スコット ペック M.Scott Peck 森 英明 草思社 1996-12by G-Tools この本はだいぶ以前に話題になったから、ご記憶の人も多かろう。おどろおどろしいタイトルがついているが、精神疾患の一種である人格障害を取り扱った書で、セラピス...
からっぽの段ボール箱 Home Bound浜田省吾 SE 1999-09-29Amazonで詳しく見る by G-Tools 悲しみ果てしなく 風は夜ごと冷たく 人は去り人はくる でも気づけば 道しるべもない道にひとり (家路/浜田省吾) 東京は一時の陽気がすっかり影を潜め、連日、震えあがるような冷たい雨模様が...
早過ぎたホームレス Side A 調べたいことがあってネットで検索するとこのブログがヒットした。むかしの記事のようだったが、ぼくは書いた記憶がないので誰かのコメントにちがいない。クリックすると、案の定、とある記事のコメント欄へと飛んだ。 専門家なのだろう。感情的になりがちな話題をやや難解ながら筋道のとおった論理的な解説...
未成熟なココロ トップページに、改めてホームレスの分類についての解説を載せた。以前に公開していたものを引きずり出してきて、少し書き直した。「明るく元気で前向きにガンバッているホームレス」ばかりがホームレスじゃないんだよ、ということを訴えたい気持ちが強かった。けれど、なんだってこんなことをするのだろう。いまさらどうで...
スポンサーリンク