なんだか、どよよん。

スポンサーリンク

なんだか近ごろは、気がつくと、どよよんとしている。いつも、どよよん。今も、どよよん。明日も、どよよん。やらなきゃいけないことがあるのに、どよよん。なくても、どよよん。

原因はわかっている。いや、わかっていないかも知れない。わかっているような気がしているだけなのかも知れないのかもわからないかも知れないような気がしているのかもわからない気がしているような気がしているようだ。

あなたは、俺と出会ってなにかよいことがあっただろうか? 俺の書くことばは、その……あなたのこころに届いているだろうか? 届くのは、むろんことばじゃなくて、こころなのだけれど。あなたのこころは、俺のこころと出会ってなにかよいことがあったのだろうか? あなたのこころは、なぜ俺のこころを招いたのだ?

今、もう少しだけ時間を割いてください。今、この文章を読んでいるあなたの時間を、もう少しだけ俺にください。あなたの時間を俺にください。あなたを俺にください。もっとください。もっとあなたをくれ。あなたを全部よこせ。そうだ、全部よこせ。すべて俺がもらってゆく。

もっとだ、もっとくれ。もっとよこせ。あなたをもっとよこせ。この文章を読んでいる時間、あなたは俺のものだ。そら、もっとよこすんだ。あなたを全部よこせ。あなたは俺がもらってゆく。あなたはもう俺のものだ。

もう、あなたは俺のもの。

今、あなたは俺だけのものだ。今だけは、あなたは俺のものだ。だから、もう少しだけ時間を割いてください。もう少しだけ、あなたの時間を俺にください。もう少しだけ、ここにいてください。もう少しだけ、そばにいて。

関連記事

ひとりぼっちの彼 高校進学の際、三つの学校を受験した。ひとつは進学校で学業レベルが高く、ぼくの学力ではギリギリで、私学でもあり授業料も値が張る。おまけに家から遠く、同級生で受験する者もいなかったが、担任教師が強く勧めるのでやむなく選んだ。学力不足以上に、本人に進みたい気持ちがないので当然落ちた。 ふたつめは公立校で...
さよならスポルディング  ずいぶんと長いこと馴染んできたスポルディングのスニーカーが、いよいよオシャカになった。汚れて臭いのはまだしも、穴ぼこがあちこちに開いて、雨の日にはそこから水が入り込んできてしまう。うっかり水溜りなどを踏んだら靴下が一気にずぶ濡れてしまい、一巻の終わりである。底なども擦り減って、ないに等しいから...
眠る健次郎  5月23日の深夜、公園の古ぼけたベンチで寝る自分を撮影。暗くてよくわからないが、手前が頭で向こうが足である。身体を右の背もたれのほうに横向けている。ひざが曲がっているのはベンチの長さが足りないためだ。  この日も寒くて2時間ぐらい眠るのが限度だった。白く浮き出た手が、自分のものとはいえ、...
眠りを拒絶するベンチ(その3)  JR武蔵中原駅前にある「眠りを拒絶するベンチ」。肘掛けを偽ってそれらしく見せかけた仕切りが、その圧倒的な存在感と共に、横になって休むことを断固として拒絶している。作った奴のペテンな人間性と、脳ミソのセンスが知れるひどいシロモノだ。...
スポンサーリンク