なんだか、どよよん。

スポンサーリンク

なんだか近ごろは、気がつくと、どよよんとしている。いつも、どよよん。今も、どよよん。明日も、どよよん。やらなきゃいけないことがあるのに、どよよん。なくても、どよよん。

原因はわかっている。いや、わかっていないかも知れない。わかっているような気がしているだけなのかも知れないのかもわからないかも知れないような気がしているのかもわからない気がしているような気がしているようだ。

あなたは、俺と出会ってなにかよいことがあっただろうか? 俺の書くことばは、その……あなたのこころに届いているだろうか? 届くのは、むろんことばじゃなくて、こころなのだけれど。あなたのこころは、俺のこころと出会ってなにかよいことがあったのだろうか? あなたのこころは、なぜ俺のこころを招いたのだ?

今、もう少しだけ時間を割いてください。今、この文章を読んでいるあなたの時間を、もう少しだけ俺にください。あなたの時間を俺にください。あなたを俺にください。もっとください。もっとあなたをくれ。あなたを全部よこせ。そうだ、全部よこせ。すべて俺がもらってゆく。

もっとだ、もっとくれ。もっとよこせ。あなたをもっとよこせ。この文章を読んでいる時間、あなたは俺のものだ。そら、もっとよこすんだ。あなたを全部よこせ。あなたは俺がもらってゆく。あなたはもう俺のものだ。

もう、あなたは俺のもの。

今、あなたは俺だけのものだ。今だけは、あなたは俺のものだ。だから、もう少しだけ時間を割いてください。もう少しだけ、あなたの時間を俺にください。もう少しだけ、ここにいてください。もう少しだけ、そばにいて。

関連記事

悪党という役まわり 袖すり合うも他生(多生)の縁、などといって、どれほどちいさなことであれ、自分の人生に少しでも関わる人は、なにがしかの理由があって関わっているのだ、と考えることもできる。偶然なのか必然なのか。必然と考えるのは運命論だけれど、偶然に起こったことに自ら意味を与えれば、それは必然となる。偶然という名の必然だ...
毒の盛り方 平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学M.スコット ペック M.Scott Peck 森 英明 草思社 1996-12by G-Tools この本はだいぶ以前に話題になったから、ご記憶の人も多かろう。おどろおどろしいタイトルがついているが、精神疾患の一種である人格障害を取り扱った書で、セラピス...
最悪の状況 今、ネットカフェが使えない状態で電器店からアクセスしているのだが、路上に堕ちたばかりの状況に戻りつつあるようだ。夜は恐ろしく寒い。寝るどころではないし食い物もない。ゴミを漁ったがまだ勘が戻らぬ。すぐに見つけられないのだ。精神状態も非常に悪い。俺がここでやってきた5年間はいったいなんだったのか。なにも...
ほんとうはなにもできない自分 俺はよく傷ついた傷ついたっていって騒ぐんだけども、ほんとうはそれとおなじぐらい、あるいはそれ以上に人を傷つけているんだ。意図的に傷つけることもあるし、気づかないうちに不用意に傷つけてしまうこともある。 当代の幸四郎が子供のころ、父親の白鸚(はくおう)に稽古をつけてもらっていたときのこと、なにかの...
スポンサーリンク