なんだか、どよよん。

スポンサーリンク

なんだか近ごろは、気がつくと、どよよんとしている。いつも、どよよん。今も、どよよん。明日も、どよよん。やらなきゃいけないことがあるのに、どよよん。なくても、どよよん。

原因はわかっている。いや、わかっていないかも知れない。わかっているような気がしているだけなのかも知れないのかもわからないかも知れないような気がしているのかもわからない気がしているような気がしているようだ。

あなたは、俺と出会ってなにかよいことがあっただろうか? 俺の書くことばは、その……あなたのこころに届いているだろうか? 届くのは、むろんことばじゃなくて、こころなのだけれど。あなたのこころは、俺のこころと出会ってなにかよいことがあったのだろうか? あなたのこころは、なぜ俺のこころを招いたのだ?

今、もう少しだけ時間を割いてください。今、この文章を読んでいるあなたの時間を、もう少しだけ俺にください。あなたの時間を俺にください。あなたを俺にください。もっとください。もっとあなたをくれ。あなたを全部よこせ。そうだ、全部よこせ。すべて俺がもらってゆく。

もっとだ、もっとくれ。もっとよこせ。あなたをもっとよこせ。この文章を読んでいる時間、あなたは俺のものだ。そら、もっとよこすんだ。あなたを全部よこせ。あなたは俺がもらってゆく。あなたはもう俺のものだ。

もう、あなたは俺のもの。

今、あなたは俺だけのものだ。今だけは、あなたは俺のものだ。だから、もう少しだけ時間を割いてください。もう少しだけ、あなたの時間を俺にください。もう少しだけ、ここにいてください。もう少しだけ、そばにいて。

関連記事

勝つことだけを信じて 書店を眺めたりインターネットを歩いていると、近ごろやたらと眼につくことばがある。特定の単語というよりも、ひとつの方向を指し示すキーワードの群れだ。それは「金持ちナントカになる法則」だの「ここがちがう成功者のナントカ」だの「絶対に勝つためのナントカ」だの、そういった一連のことばの群れである。こうしたも...
歩道橋でひと休み  5月22日の午後に撮影。歩道橋というか、街道にのぼる階段の途中で寝ている人。ホームレスかどうかはわからない。よく見ると、顔にタオルをかけている。ジョギングかなにかの途中だったのかも知れない。  撮影時にはたまたま誰もいなかったのだけれど、この階段をさまざまな人たちが通り過ぎていった。ほとんど...
ホームレス、いずこへ  いずこからやってきて、いずこへと消えてゆくホームレス。彼方からやってきて、彼方へと去ってゆく。ゆく先は本人にさえ、定かではないのかも知れない。  そう書くと感傷的だが、それはもちろん心象風景である。おそらくこのおじさん個人は、「いつもの場所」に向かって歩いているにちがいない。そこに「将来」が...
ギリギリの厳しさを探して 古い記事をざっと整理している。こんなことを書いたか、と自分で驚くようなものもあって、恥ずかしいやらなんやら、なかなかに楽しい発見でもある。だが、ギリギリの状態で書かれたものは、今読んでも楽しい気分にはなれない。追い詰められて醜態をさらすその姿を読み返すにつけ、あの崖っぷちの気持ちはなんだったのだろう...
スポンサーリンク