なんだか、どよよん。

スポンサーリンク

なんだか近ごろは、気がつくと、どよよんとしている。いつも、どよよん。今も、どよよん。明日も、どよよん。やらなきゃいけないことがあるのに、どよよん。なくても、どよよん。

原因はわかっている。いや、わかっていないかも知れない。わかっているような気がしているだけなのかも知れないのかもわからないかも知れないような気がしているのかもわからない気がしているような気がしているようだ。

あなたは、俺と出会ってなにかよいことがあっただろうか? 俺の書くことばは、その……あなたのこころに届いているだろうか? 届くのは、むろんことばじゃなくて、こころなのだけれど。あなたのこころは、俺のこころと出会ってなにかよいことがあったのだろうか? あなたのこころは、なぜ俺のこころを招いたのだ?

今、もう少しだけ時間を割いてください。今、この文章を読んでいるあなたの時間を、もう少しだけ俺にください。あなたの時間を俺にください。あなたを俺にください。もっとください。もっとあなたをくれ。あなたを全部よこせ。そうだ、全部よこせ。すべて俺がもらってゆく。

もっとだ、もっとくれ。もっとよこせ。あなたをもっとよこせ。この文章を読んでいる時間、あなたは俺のものだ。そら、もっとよこすんだ。あなたを全部よこせ。あなたは俺がもらってゆく。あなたはもう俺のものだ。

もう、あなたは俺のもの。

今、あなたは俺だけのものだ。今だけは、あなたは俺のものだ。だから、もう少しだけ時間を割いてください。もう少しだけ、あなたの時間を俺にください。もう少しだけ、ここにいてください。もう少しだけ、そばにいて。

関連記事

なまってます ふだん、ネットカフェにこられない夜間は寝ずに起きているのだけれど、ここのところ外で過ごす日が多いので、やむなくむかしのように寝ることにした。もちろん公園のベンチだ。日中は汗ばむ陽気なのに、これが夜半になるとやけに冷え込む。もってせいぜい3時間ぐらいが関の山である。 とはいえ、隣のベンチでいびきを...
相も変わらず路上の暮らし ぼくは現在、ネットで6つのサイトを運営していて、さらにひとつを開設準備中なのだが、そのうち3つがホームレス関連のサイトだ。ひとつはいうまでもなくこの「ミッドナイト・ホームレス・ブルー」であり、もうひとつはここで書いていたエッセイだけを独立させた「ホームレス・ブルース」、さらには海外向けの英語版サイト...
ホームレス列伝(2)  みんながささっと夕食を済ませてさっぱりとシャワーを浴び、一服つけてさぁボチボチ横になろうかという時分だった。ぼくはベッドにも向かわずに、今や唯一の住まいとなったホームレス施設のベンチに未だうずくまっていた。  砂利を踏む湿った音に顔を上げた。痩せた青い顔が闇に浮かぶ。Aちゃんだ。 「隣、い...
「ミッドナイト・ホームレス・ブルー」開設3周年...  おそらくどなたも気づかなかっただろうが、過ぎ去りし先日6月10日で、「ミッドナイト・ホームレス・ブルー」は開設3周年を迎えた。よくもまぁ3年もつづいたものだと我ながらブッタマゲる。過ぎてしまえばあっという間……などということはまったくなく、狂ったようにひたすら書きつづけてきたことの積み重ね...
スポンサーリンク