なんだかぼんやり。

スポンサーリンク

なんだか近ごろは、気がつくとぼんやりしている。歩きながらぼんやり、道端に座り込んでぼんやり、図書館でぼんやり、マックでぼんやり、ネットカフェでぼんやり。気力が停滞している。半年ぐらい前は、しばらくぶりに気力回復かと思えたが、再び立ち止まってしまっている。というか、元に戻ってしまった。

感覚的に、現実が現実として認識できていない。どこか夢を見ているようでもある。むろん、それは悪夢だ。なにか現実が遠くに離れてあるようだ。眼の前にない。決して手の届かない場所にある感じ。現実から遊離しはじめているのかも知れない。夢遊しているのか。

ひとくちに気力がないというが、これはどういうことか。まず、集中力がない。最近は本も読めない。字面を追っていても内容が頭に入ってこない。気がつくとぼうっとしてほかのことを考えている。集中の逆で、意識が拡散している。意識が薄っぺらにのばされて、あたり一面に濃淡なく広がってしまっている。

いつも眠い。気がつくと眠い。今も眠い。やらなきゃいけないことがあるのに眠い。

いつもバカ。気がつくとバカ。今もバカ。

関連記事

なまってます ふだん、ネットカフェにこられない夜間は寝ずに起きているのだけれど、ここのところ外で過ごす日が多いので、やむなくむかしのように寝ることにした。もちろん公園のベンチだ。日中は汗ばむ陽気なのに、これが夜半になるとやけに冷え込む。もってせいぜい3時間ぐらいが関の山である。 とはいえ、隣のベンチでいびきを...
裏切りのホームレス 俺になにかを期待していた人がいるかも知れないが、残念なことにご期待には添いかねる。たとえば、俺が路上から脱出することを期待していたボランティアの人たちが当初わんさといたけれど、俺が期待を裏切ったので今はもうほとんど残っていない。すこぶるつきでカンのよいボランティアは初めからそのあたりを見抜いていて、...
聖夜の祈り 静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、...
バタリ。 なにか非常に状態がよくない。やらなければならないことがあるのだが、その手間を考えただけでうんざりしてしまう。頭の中がゴチャゴチャしているのだ。今はまだやりたくないのかも知れない。では、やりたくなるまで放っておくことにしよう。このところあちこちでハシャぎ過ぎたので、疲れているのだろう、たぶん。...
スポンサーリンク