なんだかぼんやり。

スポンサーリンク

なんだか近ごろは、気がつくとぼんやりしている。歩きながらぼんやり、道端に座り込んでぼんやり、図書館でぼんやり、マックでぼんやり、ネットカフェでぼんやり。気力が停滞している。半年ぐらい前は、しばらくぶりに気力回復かと思えたが、再び立ち止まってしまっている。というか、元に戻ってしまった。

感覚的に、現実が現実として認識できていない。どこか夢を見ているようでもある。むろん、それは悪夢だ。なにか現実が遠くに離れてあるようだ。眼の前にない。決して手の届かない場所にある感じ。現実から遊離しはじめているのかも知れない。夢遊しているのか。

ひとくちに気力がないというが、これはどういうことか。まず、集中力がない。最近は本も読めない。字面を追っていても内容が頭に入ってこない。気がつくとぼうっとしてほかのことを考えている。集中の逆で、意識が拡散している。意識が薄っぺらにのばされて、あたり一面に濃淡なく広がってしまっている。

いつも眠い。気がつくと眠い。今も眠い。やらなきゃいけないことがあるのに眠い。

いつもバカ。気がつくとバカ。今もバカ。

関連記事

ある引っ越しにて ぼくは途方に暮れたまま、呆けたように立ち尽くしていた。あらかたの荷物はトラックに積み込んだが、洗濯機だけがどうしても動かせないのだ。中はほとんど空っぽのくせに、底のほうに重たいモーターかなにかが詰まっているのだろう。低重心でひどくバランスが悪くて、ひとりで運ぶには重過ぎるのだった。 十年以上前の...
雨降る晩に  雨がしとしとと降りつづける深更にただひとり、ぽつねんと路上の影に立ち止まっていると、なんだかひどくわびしい。天から雨粒がぽつぽつと落ちてきては、透明な傘の向こうで粉々に砕け散ってゆく。ざぁざぁとやかましい音がしているのにひどく静かなのは、人間がいないからだ。自分ひとりだけしか人間がいない。まる...
武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?(続)... 先日、知人に聞いたことが、改めて「やっぱりなぁ」であった。このブログでいちばんおかしいのは、やはり作者がホームレスということなのだ。ホームレスなんだから仕事すればいいじゃん、俺たちこんなに苦労してがんばって仕事しているのに、ホームレスがよりによってなんでブログなんか書いているんだ、ふざけやがって……...
外道ホームレス ぼく自身、常に自分の在り方におおきな戸惑いを覚えている。このトピックを書くことは、ほんとうに必要なのか? 読者はどう感じるだろうか? 不愉快にならないだろうか? 少なくとも、楽しい気分になることはないだろう。そんなトピックを書くことが、ほんとうに必要なのか? といった疑問である。そうして、結局はそん...
スポンサーリンク