なんだかぼんやり。

スポンサーリンク

なんだか近ごろは、気がつくとぼんやりしている。歩きながらぼんやり、道端に座り込んでぼんやり、図書館でぼんやり、マックでぼんやり、ネットカフェでぼんやり。気力が停滞している。半年ぐらい前は、しばらくぶりに気力回復かと思えたが、再び立ち止まってしまっている。というか、元に戻ってしまった。

感覚的に、現実が現実として認識できていない。どこか夢を見ているようでもある。むろん、それは悪夢だ。なにか現実が遠くに離れてあるようだ。眼の前にない。決して手の届かない場所にある感じ。現実から遊離しはじめているのかも知れない。夢遊しているのか。

ひとくちに気力がないというが、これはどういうことか。まず、集中力がない。最近は本も読めない。字面を追っていても内容が頭に入ってこない。気がつくとぼうっとしてほかのことを考えている。集中の逆で、意識が拡散している。意識が薄っぺらにのばされて、あたり一面に濃淡なく広がってしまっている。

いつも眠い。気がつくと眠い。今も眠い。やらなきゃいけないことがあるのに眠い。

いつもバカ。気がつくとバカ。今もバカ。

関連記事

ハードボイルドな空  暗くどんよりとした鉛色の雲が、この街を押し潰すように低く垂れ込めていた……などというとハードボイルド小説の書き出しのようだが、5月31日の夕刻、東京地方は雷鳴とどろいて、まさに鉛色の雲がどよよんと押し寄せた。こののち凄まじい豪雨となったのはいうまでもない。  ハードボイルドなホームレスは、し...
殺人刀と活人剣、武器執る者の掟、禅... 『よろずや平四郎活人剣』といえば、ドラマ化されたこともある藤沢周平の傑作時代小説だ。しかしこの「活人剣」とは、いったいなんのことだろう? 「かつじんけん」と読むようだが、字義どおりなら「人を活かす剣」だけれど、それはいったいどのようなものなのだろうか。 これは元をたどれば禅の用語で「かつにんけん」と...
どうでもよいこと、どうでもよくないこと... ここしばらく、なにも書く気が起こらない。いや、実際には、なにかいろいろ書いてみたりはした。世間では実にさまざまなことが入れ替わり立ち代わり起こっていて、ぼくだって人並みにはなにごとかを考えてみたりはするのだ。 星野仙一さんが槍玉に挙げられていた。この人が叩かれるのはしかたがない。兵が優秀でも指揮...
眠りを拒絶するベンチ(その4)  川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやって...
スポンサーリンク