きれいになってよかったね

スポンサーリンク

おめでとう
きれいな町になってよかったね
ホームレスのいない きれいな町になってよかったね
ブルーテントもダンボールハウスもない
きれいな町になってよかったね

ほら 公園や河川敷には暖かな陽の光が降りそそぎ
草木の緑が萌え さわやかな風が吹き渡ってゆく
小鳥たちがうれしそうにさえずって
犬や猫も飛び跳ねているよ

道は限りなく白く清潔でゴミひとつ見当たらず
思わず顔をしかめたくなるような臭いだってない
空き缶を山のように積み上げた
危なっかしい自転車だって通らない
ほんとうに安心できる町になったね

あれはなんだろう あの白いものは?
あぁ 鳩のフンだ
エサに群がった鳩たちがフンをしているんだ
おじさんたち あの鳩をみんな捕まえてください
捕まえて保健所で処分してください
あぁ きれいになったね
フンをする鳩がいなくなって きれいになったね

あぁ あの犬はなんだろう?
電信柱におしっこをしているぞ
おじさんたち あの犬を捕まえてください
捕まえて保健所で処分してください
あぁ きれいになったね

あれ? あの男はなんだ?
道につばを吐いたぞ
あなたたち あの男を捕まえてくれ
捕まえて保健所で処分してしまえ

おや? あの女性たちはやけに楽しそうだね?
そうか 近所の人と井戸端会議をしているんだ
あなたたち あの女たちを捕まえてくれ
捕まえて保健所で処分してしまえ

ん? あの汚いものはなんだ?
あぁ 人間だ
頭がひとつ 手足ときた日にゃ四本しかないぞ
なんて醜く薄汚い動物なんだ
おまえたち 人間どもをみんな捕まえてしまえ
捕まえて保健所で処分しろ
おぉ きれいな町になったな
人間どもがいなくなって なんと美しい町になったんだろう

さぁ これからはわたしたちがこの町に住むんだよ
わたしたちは頭が三つ 手足は八本
人間どもとは比べものにならない崇高な存在
奴らは阿修羅と呼んでいた

さぁ みんなでこのきれいな町に住もう
人間どものいなくなった この美しい町に住もうじゃないか

どこまでもつづく真っ青な空
くっきりと透きとおった水平線
まぶしく輝いて塵ひとつない道
どこもかしこもピカピカに磨き上げられた広々とした家々
公園や河川敷には 汚らしい鳩や犬猫はもういない
人間など どこを見渡しても人っ子ひとりいない町

さぁ みんなで住むんだよ
この美しい町に
よかったね きれいな町になってほんとうによかったね

関連記事

悪党という役まわり 袖すり合うも他生(多生)の縁、などといって、どれほどちいさなことであれ、自分の人生に少しでも関わる人は、なにがしかの理由があって関わっているのだ、と考えることもできる。偶然なのか必然なのか。必然と考えるのは運命論だけれど、偶然に起こったことに自ら意味を与えれば、それは必然となる。偶然という名の必然だ...
ホームレス、いずこへ  いずこからやってきて、いずこへと消えてゆくホームレス。彼方からやってきて、彼方へと去ってゆく。ゆく先は本人にさえ、定かではないのかも知れない。  そう書くと感傷的だが、それはもちろん心象風景である。おそらくこのおじさん個人は、「いつもの場所」に向かって歩いているにちがいない。そこに「将来」が...
毎日の暮らしメモ(5月17日~24日) 総歩数 消費カロリー 食事 本日のちょびっと善行 本日の悪行ざんまい その他 ■5月17日(木) 5,847歩 130kcal お弁当、パン、おにぎり、野菜ジュースなど そんなむかしのことは覚えていない 悪いことはすぐに忘れる 本を借りるもだるくて読めず。集中力なし。ネットカフェで休む。 ...
とあるホームレスの一日 某月某日 公園のベンチにしわくちゃの新聞がみ一枚を敷き、そっと腰を下ろす。春とはいえ、まだ首筋を冷たい空気が這いのぼってくる深更である。ほったらかしのブログをどうするか考える。心配してコメントをくれた人たちに取りあえず感謝はしたものの、たいへんに申し訳ないことだが個別の返事は差し控えることにする。ど...
スポンサーリンク