野宿者自立支援のNPO法人が1億3千万円所得隠し

スポンサーリンク

嫌なニュースだねぇ。「野宿者自立支援のNPO法人が1億3千万円所得隠し」(5月15日付・朝日新聞)。

 野宿生活者らの自立を支援するNPO法人「大東ネットワーク事業團」(大阪市西区)が大阪国税局の税務調査を受け、宿泊施設の利用料などを申告していなかったとして、05年12月期までの3年間で計約1億3000万円の所得隠しを指摘されていたことがわかった。追徴税額は重加算税などを含めて約4800万円で、同ネットはすでに全額を納付したという。

 関係者によると、同ネットはホームレスや身体障害者、病弱な高齢者らを支援するため、大阪、兵庫両府県で11カ所の宿泊施設を運営。月約4万2000円の入居費や食費・生活雑貨費月約4万円を入居者から集めているが、この収入を02年の設立以降、指摘を受けるまで申告していなかったという。

 NPO法人は税法上、「公益法人等」に分類され、33種の収益事業に限って課税される。国税局は施設運営が「不動産貸付業」にあたるとみて、経費を差し引いた分を所得と認定したとみられる。同ネット理事長は「収益事業とは思わず、税務申告に関する認識を誤っていた」と話している。

ちょっと聞いたことがないNPOなのでどういうのか知らんけども、申告漏れではなく所得隠しと報じられているのだから、これはどうなんだろ、いずれにせよあまり具合のよろしい話ではないのだろうねぇ。すぐに払えちゃうんだから、意外とお金はあるんだねぇ。42,000円の入居費だのなんだのってのは、なんか取るものはしっかり取ってるんだなという気はしたけど。

逆に、大阪行政に特有の「ホームレスいじめ」の一環、という見方もできるわけだけど、そっちの可能性はないのかな。

関連記事

「神奈川県ホームレス就業支援協議会」設立... わたしの知る限り、このニュースを報じたのは日経新聞だけのようだった。少なくとも朝刊において、毎日、読売、朝日の3紙は記事にしていない。なぜ日経だけが?という見方もおもしろいけれど、それはさておき…… 8月4日付の日経新聞・神奈川版は、県、横浜市、川崎市、県労働福祉協会など9団体が、ホームレスの就...
ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果... 「ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果/川崎」と、6月3日付・神奈川新聞が報じた。  ホームレス(路上生活者)の自立や就労を支援する川崎市の「市就労自立支援センター」(川崎区日進町)と「富士見生活づくり支援ホーム」(同区富士見)が、一定の成果を上げている。開設から一年たち、両施設で...
移行済み  こちらの記事は『「ビッグイシュー」統合エントリー』に移行しました。
川崎市ホームレス自立支援実施計画案... 朝日・読売・神奈川各新聞によると、川崎市が2004~2008年度のホームレス自立支援実施計画案を発表した。緊急支援から自立支援への転換を明確にした。主な施策は次のとおり。 自立支援市民事業 就労支援センター(定員50人) 公園ホームレス対策シェルター(定員200人) パン券事業の縮小・廃止 ホ...
スポンサーリンク