コミュニケーション能力が、ない

スポンサーリンク

なんだか最近はコミュニケーション能力が重要視されているんである。ふだんの日常的な人間関係をはじめとして、仕事でもコミュニケーション能力が非常に重要視されているんである。企業の採用担当者も、コミュニケーション能力をとても重要視しているんである。ビジネスコンサルタントなども、コミュニケーション能力をやたらと重要視しているんである。あなたの友だちも家族も、みんなコミュニケーション能力を重要視しているんである。

ぼくはコミュニケーション能力がとても低いんである。というか、ない。相手の話を聞きながら、うなずいているだけなんである。すばやくてきぱきと的確で明快な返答などしたことがないんである。打てば響く、という褒めことばがあるが、打たれてもびくともしないんである。それだから、相手は首を傾げてしまうんである。

どうも、それではいけないらしいんである。がしかし、寡黙な人間がこの歳になって立て板に水とばかりにしゃべれるようになるのは、もう無理だと思うんである。もうこのままやってゆくしかないんだと思うんである。それで嫌われたって、もう仕方ないと思うんである。それがダメだといわれても、しょうがないと思うんである。

黙ってフンフンと話を聞いていては、なぜいけないのだろうかと思うんである。でも、おもしろい話とか気の利いた話とか感心する話とか、そういうのができないとダメな人間だということになってしまっているんである。いっしょにいておもしろい人とか、そういう人間でないとダメだということになってしまっているんである。

ぼくはいっしょにいてもおもしろくないんである。つまらないんである。だから人間としてダメらしいんである。現代はコミュニケーション能力が高くないと、人間としては認められない時代なんである。コミュニケーション能力が低いと、それだけで人間扱いされないんである。もう、ぼくは貝になりたいと思うんである。

関連記事

眠りを拒絶するベンチ(その4)  川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやって...
歩道橋でひと休み  5月22日の午後に撮影。歩道橋というか、街道にのぼる階段の途中で寝ている人。ホームレスかどうかはわからない。よく見ると、顔にタオルをかけている。ジョギングかなにかの途中だったのかも知れない。  撮影時にはたまたま誰もいなかったのだけれど、この階段をさまざまな人たちが通り過ぎていった。ほとんど...
生きてゆくうえで大切なこと(その2)... 損得や好き嫌いで行動するな 自分が損をするか得をするかを行動の基準にしてはいけない。あるいは、好きか嫌いかを基準に行動するな。ときが経てば、状況が変われば、人がちがえば、損得や好き嫌いなどたやすく変化してしまう。そんなものを基準に行動するのは、あまりにも自分勝手である。自分勝手な人間になりたくなけれ...
ホームレスを整理ポストへ 人生にはよいことも悪いこともある、というのが一般的な見解で、だから「禍福はあざなえる縄の如し」なんてむかしの人はいったのだが、おそらくこういうことばは気休めから出てきたのだろう。 実際には、個人によって大きなばらつきがあるものだ。よいことが多くつづく人と、悪いことばかり重なる奴がいる。もちろん、ぼく...
スポンサーリンク