犯行後ネットカフェへ 『母殺害』高3

スポンサーリンク

ぼくが公園のベンチで寝ているスキに、世間ではまたぞろ事件だ。「犯行後ネットカフェへ 『母殺害』高3 死因は失血死 タクシー呼び自首」(5月16日付・東京新聞)。

 福島県会津若松市で切断した母親の頭部を持ち自首した県立高校三年の少年(17)が殺人容疑で逮捕された事件で、少年が十五日朝、インターネットカフェから電話でタクシーを呼び、約一キロ離れた会津若松署に出向いていたことが同日、分かった。県警は司法解剖の結果、母親の死因は頸(けい)動脈切断による失血死の疑いと発表した。

 調べでは、少年は住んでいるアパート二階の部屋で、寝ていた母親の頸動脈を切って殺害、十五日午前一時半ごろ、首を刃物で切断した疑い。少年はその後、市内のインターネットカフェでDVDを見て過ごした後、タクシーに乗り、同日午前七時ごろ、母親の頭部を入れたショルダーバッグを携えて同署に自首した。

読売新聞の社会面でも「ネットカフェ」の文字が大々的に躍っていたが、だからなんなのだ? 犯行後にネットカッフェに行って好きなDVDを見た。それはわかりました。気持ちを落ち着かせようとしたか、あるいはもう見られないから最後に見ておきたいと思ったのかも知れないな。いずれにせよ、まぁなにかの理由で、あるいは理由などなく、ともかくネットカフェに行ったと。うん、だからそれがどうしたというのだ?

ネットカフェ難民もそうだけれど、どうも「ネットカフェ」というキーワードに、マスコミ各社は興味津々らしい。それも「ネットカフェは犯罪の温床になっている」だとか、社会悪としての位置づけを世間に広めようとしているようだ。人々は「敵」を探すことに必死である。「敵」はそんなところにはいないことに気づきもせずに。あるいは気づいていながら。

関連記事

ニート成人 10日付の読売新聞・社説は、成人の日を受けて「『働く』ことの意味を考えたい」と題しているのだが、もちろんニートにも触れられている。  気がかりなのは、働こうとしない若者が増えていることだ。 ~中略~  企業が採用を抑え、人材育成を怠ってきた影響は大きい。だが、若者の側も就労意欲をなくし、働くことに...
『貧困の光景』(曽野綾子/新潮社)... 貧困の光景曽野 綾子 新潮社 2007-01-17売り上げランキング : 1727おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 「404 Blog Not Found:書評 - 貧困の光景」で紹介されている。未読なので深く言及できないが、帯に書かれているという、 日本は社会...
『ひきこもる若者たち』(町沢静夫/大和書房)... ホームレス問題との接点を考えながら、引きこもり関連の情報にあたっているが、この本の著者は有名な精神科医。とりわけ人格障害、特に境界性人格障害、いわゆるボーダーラインの権威だ。なにより、あの「佐賀バスジャック事件」で両親の相談を受け、少年を入院させるべく、警察や病院に手を打った医師その人である。病院が...
ネットカフェ難民を追う者たち ■4月27日 この調査が新聞記事になっているので追記しておく。「ネットカフェ:生活の拠点にする若者、全国に拡大」(MSN毎日インタラクティブ)。 個人加盟の労働組合、首都圏青年ユニオン(伊藤和巳委員長)などが10都府県のネットカフェで実態調査したところ、すべての都府県で、ネットカフェを生活の拠点に...
スポンサーリンク