犯行後ネットカフェへ 『母殺害』高3

スポンサーリンク

ぼくが公園のベンチで寝ているスキに、世間ではまたぞろ事件だ。「犯行後ネットカフェへ 『母殺害』高3 死因は失血死 タクシー呼び自首」(5月16日付・東京新聞)。

 福島県会津若松市で切断した母親の頭部を持ち自首した県立高校三年の少年(17)が殺人容疑で逮捕された事件で、少年が十五日朝、インターネットカフェから電話でタクシーを呼び、約一キロ離れた会津若松署に出向いていたことが同日、分かった。県警は司法解剖の結果、母親の死因は頸(けい)動脈切断による失血死の疑いと発表した。

 調べでは、少年は住んでいるアパート二階の部屋で、寝ていた母親の頸動脈を切って殺害、十五日午前一時半ごろ、首を刃物で切断した疑い。少年はその後、市内のインターネットカフェでDVDを見て過ごした後、タクシーに乗り、同日午前七時ごろ、母親の頭部を入れたショルダーバッグを携えて同署に自首した。

読売新聞の社会面でも「ネットカフェ」の文字が大々的に躍っていたが、だからなんなのだ? 犯行後にネットカッフェに行って好きなDVDを見た。それはわかりました。気持ちを落ち着かせようとしたか、あるいはもう見られないから最後に見ておきたいと思ったのかも知れないな。いずれにせよ、まぁなにかの理由で、あるいは理由などなく、ともかくネットカフェに行ったと。うん、だからそれがどうしたというのだ?

ネットカフェ難民もそうだけれど、どうも「ネットカフェ」というキーワードに、マスコミ各社は興味津々らしい。それも「ネットカフェは犯罪の温床になっている」だとか、社会悪としての位置づけを世間に広めようとしているようだ。人々は「敵」を探すことに必死である。「敵」はそんなところにはいないことに気づきもせずに。あるいは気づいていながら。

関連記事

ニートニュース ★6月14日 「ニート実態調査 家族や本人から原因聞き取り 文科省が初」(産経新聞) 中山成彬文部科学相は十三日、ニート対策などを中央教育審議会に諮問するとともに、同省は本人や家族から聞き取り調査するなど初の実態調査の実施を決めた。 ~中略~ 「原因を掘り下げ、さまざまな教育の機会をとらえて対策を...
ニートの代表? 杉村議員 先の衆院選で当選した自民党の杉村太蔵さんという人が 「早く料亭へ行きたい」 とかいろいろ物議をかもす発言をして、ワイドショーを賑わせていたことはみなさんご承知。といってもわたしは知らない。わざわざワイドショーを観るために電器店には足を運ばないからだ。そのせいか、世間ではすでに彼の話題は下火のようで、...
ニート化する若者たち  sin8さんという方の「研究員の日々雑感」というブログでニートなることばを見つけたが(「若年層のニート化は誰のせい?」)、近頃ニュースになったから、実にあちこちでよく見かける話題だ。要は「働く意思のない人」のことで「働く意思はあるが仕事がない人」とはちがうらしいのだけれども、若い人たちの間でこのニ...
ニート成人 10日付の読売新聞・社説は、成人の日を受けて「『働く』ことの意味を考えたい」と題しているのだが、もちろんニートにも触れられている。  気がかりなのは、働こうとしない若者が増えていることだ。 ~中略~  企業が採用を抑え、人材育成を怠ってきた影響は大きい。だが、若者の側も就労意欲をなくし、働くことに...
スポンサーリンク