NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織

スポンサーリンク

古い記事で恐縮だが、5月1日付の東京新聞が「NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織」と報じた。

 ホームレス支援に取り組む各地の特定非営利活動法人(NPO法人)などが、全国規模のネットワーク組織を六月に発足させることを決めた。

 支援団体は別々に活動してきたが、多様化するホームレス問題に対応するため情報を共有し、連携して国に働き掛けることが必要と判断。東京都、大阪市、北九州市のNPO法人が中心となって約六十団体に結集を呼び掛け、これまでに約三十団体から参加の申し出があった。

 新組織は、国の支援拡充を目指す。野宿者だけでなくアパートなどに入居した元ホームレスへの長期的なケアや、家賃が払えずインターネットカフェで夜を過ごす「ネットカフェ難民」となった若者らの相談窓口設置など、さまざまなサポートを検討し、実現に向け提言する。

あぁ、そう、という感じ。支援のシステム化はむかし、このブログでも提言した覚えがあるので、なにを今さら感がぬぐえない。支援組織なんていうのはどこもたいてい小ぢんまりとしたものだけれど、それでさえこの腰の重さだ。

むろん、現在は地域ごとにバラバラに分断されている支援につながりができるなど、大きくなるメリットもあるが、同時にさらにフットワークが重くなる懸念もある。ビュンビュン感とサクサク感を失わずにどう連携してゆくか、かなぁ。

関連記事

東京でホームレス自立支援施設が完成...  これはチビたさんの「みんながんばれ!」から拾ってきたネタ。  ライブドア・ニュースは8月30日、「ホームレス自立支援施設完成」と報じた。東京都内で10番目のホームレス施設「千代田寮」が9月にオープンする(現時点ではすでにしている)。「千代田寮」は男性62人が定員だが、緊急一時保護センターであるた...
イギリスのITホームレス支援事情 「英国留学日記」というブロクの作者である高橋伸太郎さんという方は、イギリスでホームレスにネットへの接続環境を提供して社会復帰に役立ててもらうプロジェクトに参加しているという(「ホームレスの社会復帰プログラム」)。 まさに“ITホームレス”を支援しているわけである。このプロジェクトがどうなってゆくのか...
淀川河川敷でホームレス襲撃続発 ■「淀川河川敷でホームレス襲撃続発…投石や小屋破壊」(YOMIURI ONLINE(読売新聞)) 大阪の淀川河川敷に住むホームレス3人が先月から今月にかけて、10人前後の少年グループから連続して襲撃されていたというニュースだ。石を投げられたり小屋を壊されたりしたというが、ひとりは怪我もしているからた...
ほとんど進まぬホームレス施策 「遅れる施策、効果鈍く」と10月4日の東京新聞が川崎市のホームレス施策について報じた。 現在、川崎市のホームレス施策は一時宿泊施設である「愛生寮」がほとんどすべてをまかなっている。しかし、その後につづくはずの自立支援センターなどの設置が進まないため、「出口」を設けることができない。同施設の朝倉所...
スポンサーリンク