NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織

スポンサーリンク

古い記事で恐縮だが、5月1日付の東京新聞が「NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織」と報じた。

 ホームレス支援に取り組む各地の特定非営利活動法人(NPO法人)などが、全国規模のネットワーク組織を六月に発足させることを決めた。

 支援団体は別々に活動してきたが、多様化するホームレス問題に対応するため情報を共有し、連携して国に働き掛けることが必要と判断。東京都、大阪市、北九州市のNPO法人が中心となって約六十団体に結集を呼び掛け、これまでに約三十団体から参加の申し出があった。

 新組織は、国の支援拡充を目指す。野宿者だけでなくアパートなどに入居した元ホームレスへの長期的なケアや、家賃が払えずインターネットカフェで夜を過ごす「ネットカフェ難民」となった若者らの相談窓口設置など、さまざまなサポートを検討し、実現に向け提言する。

あぁ、そう、という感じ。支援のシステム化はむかし、このブログでも提言した覚えがあるので、なにを今さら感がぬぐえない。支援組織なんていうのはどこもたいてい小ぢんまりとしたものだけれど、それでさえこの腰の重さだ。

むろん、現在は地域ごとにバラバラに分断されている支援につながりができるなど、大きくなるメリットもあるが、同時にさらにフットワークが重くなる懸念もある。ビュンビュン感とサクサク感を失わずにどう連携してゆくか、かなぁ。

関連記事

10万人のホームレス  新潟県中越地震はたいへんなことになっているようだ。当初はその規模や被害の報道が多かったように思うが、時間が経つにつれ、被災民の過酷な避難状況にメディアの焦点が移行しつつある。  以前『住まいは人権か』で阪神大震災の状況に触れたけれども、おなじようなことが新潟でも起こりつつあるように思う。...
傾聴ボランティア 「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。 おもしろいエピソードとして、 「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」 と指導すると、 「相談されているのに、...
ホームレス自立支援法見直し 「ホームレス自立支援法見直し」という解説記事が、6月30日付・毎日新聞に載っている。  「ホームレス自立支援法」施行から8月で5年が経過し、同法の規定による見直しの時期を迎える。それに向け、各地で自立支援に取り組むNPO(非営利組織)など40団体が「ホームレス支援全国ネットワーク」を設立。地方...
見えにくくなってゆくホームレス 6日付の東京新聞が「ホームレス6700人減少 4年前より、景気回復影響」と報じた。 公園や河川などで生活するホームレスの数が、4年前に比べ約6700人減り、約1万8500人であることが6日、厚生労働省が公表した全国調査の結果で分かった。東京、大阪、名古屋などの大都市で減少が目立っており、同省は「景...
スポンサーリンク