NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織

スポンサーリンク

古い記事で恐縮だが、5月1日付の東京新聞が「NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織」と報じた。

 ホームレス支援に取り組む各地の特定非営利活動法人(NPO法人)などが、全国規模のネットワーク組織を六月に発足させることを決めた。

 支援団体は別々に活動してきたが、多様化するホームレス問題に対応するため情報を共有し、連携して国に働き掛けることが必要と判断。東京都、大阪市、北九州市のNPO法人が中心となって約六十団体に結集を呼び掛け、これまでに約三十団体から参加の申し出があった。

 新組織は、国の支援拡充を目指す。野宿者だけでなくアパートなどに入居した元ホームレスへの長期的なケアや、家賃が払えずインターネットカフェで夜を過ごす「ネットカフェ難民」となった若者らの相談窓口設置など、さまざまなサポートを検討し、実現に向け提言する。

あぁ、そう、という感じ。支援のシステム化はむかし、このブログでも提言した覚えがあるので、なにを今さら感がぬぐえない。支援組織なんていうのはどこもたいてい小ぢんまりとしたものだけれど、それでさえこの腰の重さだ。

むろん、現在は地域ごとにバラバラに分断されている支援につながりができるなど、大きくなるメリットもあるが、同時にさらにフットワークが重くなる懸念もある。ビュンビュン感とサクサク感を失わずにどう連携してゆくか、かなぁ。

関連記事

じょにぃさんが唄うホームレス支援イベント... じょにぃさんという方が、ホームレスの支援イベントで歌を唄うことになったのだと、ご自身のサイト『名無し草の唄が聴こえる・・・』に書いている。歌手の方かよくわからないが、 「何時か俺もホームレスの人達の前でうたいたい! 唄をうたうことでホームレスの人たちと、真剣勝負!」 といって、尋常ならざる熱の入れよ...
アメリカ漫画と韓国のホームレス施設... 「EP : end-point  科学に佇む心と体」という科学関係のブログを運営されている雨崎良未さんからのネタをご紹介。 アメリカの有名な漫画に「Doonesbury@Slate」というのがあって、ここに準レギュラーでワシントンのホームレスが登場するらしい。そのAliceとElmontは図書館...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
長居公園でのホームレステント強制撤去... 毎日新聞の「強制撤去:長居公園の野宿者テントなど 大阪市」で触れられているとおり、大阪の長居公園でホームレスのテントが行政代執行によって強制撤去されたようである。8月に開かれる世界陸上大阪大会に備えての公園整備が理由だが、行政代執行による強制撤去はほとんど年中行事のようになっているから、あぁまたか、...
スポンサーリンク