母の日に

スポンサーリンク

そうか、きのうは母の日だったんだね。すっかり忘れていた。娘として息子として、あるいは母として、過ごした人も多かったのだろう。

ぼくに母はいない。まだ存命だと思うけれど、もう何年も会っていないので実際にはわからない。いずれにせよ、彼女が死ぬまで会うことはないだろうと思うので、もう死んだことにしている。まぁどちらが先に死ぬか、競争みたいなところもあるのだが。

ぼくを路上へ突き落とそうと、兄と一緒に躍起になっていた人なので、これも仕方がない。彼女も息子は兄しかいないと思っているらしいからおあいこだ。ぼくは息子としてふつうには母を愛してはいるが、同時に激しく憎んでもいる。

母親を悪くいう男にロクな人間はいない。まぁぼくはそういう人間のひとりだ。

関連記事

ホテルに泊まる  ホームレスのぶんざいで申し訳ないのだけれど、ホテルにきている。この時季、都会のホテルは安い。シティホテル並みのビジネスホテルが並みのビジネスホテル並みの格安料金並みで泊まれる……という説明でわかってもらえるかどうかわからないのだけれど、少なくともぼくにとっては極上の贅沢であることにはちがいない...
進め、健次郎ッ! さ、そろそろ涙も枯れ果てたかな。酒を呑むのも終わり、断食も終わり。 最近のトピックで書いてきた俺に対する批判は、そのほとんどが実際にはいわれたことのない批判である。大半は俺が俺自身に向けた、俺自身が作り出した批判なのだ。そうして俺は自分を責め、自身を奈落の底へと突き落としてゆく。が、今はそれでよい。...
雨降る晩に  雨がしとしとと降りつづける深更にただひとり、ぽつねんと路上の影に立ち止まっていると、なんだかひどくわびしい。天から雨粒がぽつぽつと落ちてきては、透明な傘の向こうで粉々に砕け散ってゆく。ざぁざぁとやかましい音がしているのにひどく静かなのは、人間がいないからだ。自分ひとりだけしか人間がいない。まる...
ホームレスとは、なにかを諦めること... ホームレスとは、なにかを諦めること。 それは、家族と作る幸せな家庭かも知れない。 充実した仕事をこなすことかも知れない。 毎日を笑顔で楽しく過ごすことかも知れない。 仕事での成功や社会的な地位、名誉などといったものではない。 誰しもが目指し、そうして簡単にできると思っていること。 平凡に生きるこ...
スポンサーリンク