ボランティアのためのカウンセリング講座(2)

スポンサーリンク

ラポール(信頼関係)

ラポールとは、カウンセラーとクライエント(相談者)とのあいだに作られる、信頼関係のことです。クライエントが「あぁ、この人にならなんでも話せる、相談できる」と安心感を持てる信頼関係を指していいます。

ボランティアは専門的なメンタルヘルスに関わるわけではありませんから、最終的にラポールの構築を目標としてよいだろうと思います。信頼してなんでも話せる相手を得ることは、多くの人にとって非常に大きな力となるからです。

信頼関係さえできてしまえば、あとは技法など二の次でしょう。この講座でのカウンセリング技法も、厳密にはそれだけではありませんが、基本的にはラポールの構築を目的としたものです。

短くて申しわけないのですが、今回はこれでご勘弁。次回からいよいよ本題の「傾聴」へと進みます。んじゃまた。

関連記事

責任と差別の認知心理学 原因帰属と基本的帰属錯誤  誰かになにかが起きた。その原因は彼自身にあるのか、外部の要因なのか? これを原因帰属と云い、前者を内的原因、後者を外的原因と呼ぶ。  たとえば、わたしが石につまずいて転んだ。これはわたしのせいか、それとも石のせいなのか? ここでわたしはその石ころを蹴飛ばして、...
ホームレスのすべて  ホームレスについてわたしが知っていることのすべて。 ★ホームレスとは ホームレスとは、広義のワーキングプア(働く貧困層)のうち、定住する権利のある住居を持たない者たちのことである。 ★ホームレスを引き起こす原因  失業、リストラ、倒産、死別、家族崩壊、借金、アルコール、ギャンブルな...
ネットカフェ難民の定義  ネットカフェ難民の定義とは、Wikipediaによれば、 ネットカフェ難民(ネットカフェなんみん)は、定住する住居を所有せず寝泊りする場としてインターネットカフェを利用する人々を指した造語。  とされている。これ自体は住まいの視点から定義しているので的確に思えるが、しかし問題がないわけ...
自己評価の心理学 能力の評価と存在の価値 さて、人に認められたいというのは自己承認欲求ともいわれ、人間の基本的な欲求である。そこで大事な役割を果たすのが自己評価だ。医者や研究者によって、自己価値感情、自己肯定感、自尊感情など呼び方はさまざまだが、要は自分自身をどう思っているかということである。 自己評価には二種類...
スポンサーリンク