ボランティアのためのカウンセリング講座(2)

スポンサーリンク

ラポール(信頼関係)

ラポールとは、カウンセラーとクライエント(相談者)とのあいだに作られる、信頼関係のことです。クライエントが「あぁ、この人にならなんでも話せる、相談できる」と安心感を持てる信頼関係を指していいます。

ボランティアは専門的なメンタルヘルスに関わるわけではありませんから、最終的にラポールの構築を目標としてよいだろうと思います。信頼してなんでも話せる相手を得ることは、多くの人にとって非常に大きな力となるからです。

信頼関係さえできてしまえば、あとは技法など二の次でしょう。この講座でのカウンセリング技法も、厳密にはそれだけではありませんが、基本的にはラポールの構築を目的としたものです。

短くて申しわけないのですが、今回はこれでご勘弁。次回からいよいよ本題の「傾聴」へと進みます。んじゃまた。

関連記事

続・自己評価の心理学 自己評価の作られ方 さて、以前に触れた自己評価について、再び考える。 自己評価とは、自分が自分自身をどのように評価しているかということである。ここに本人の客観性はない。あくまでもその人物の主観としてである。この自己評価が低い場合、それが適度であれば慎重さや謙虚さとなって好ましいものとなることもあるが...
生きることへの安心感 例によって自己評価の話だが、お付き合い願いたい。 以前の『自己評価の心理学』で、わたしは自己評価には二種類あると書いた。存在の価値と能力の評価だ。これを別のいい方にすると、生きることへの保証、つまり安心感と、生きてゆけることの能力、すなわち自信である。 で、人間はその根本に、生きることが保証されてい...
ホームレスとの接し方 ホームレスへの援助といっても、国がおこなう大規模なものから個人が細々とつづけるボランティアまで、その方法はさまざまです。あるいはまたその動機も、社会全体のことを考えるといった大きな視点から、困っている人を助けたいという個人的な理由まで、これまたいろいろです。 動機や方法はいろいろですが、もしあなたが...
ホームレスのタイプ分類(再掲) 失業系基本的には、仕事および住居がないことが原因のジョブレス・ハウスレスタイプ。仕事および住居があれば「当面は」社会復帰できる。仕事の斡旋および住居の確保で対応可能。反社会系反社会的な性向により、ホームレス生活に陥っているタイプ。活力はあるので元気がよい。開き直ってエンジョイしているよう...
スポンサーリンク