ボランティアのためのカウンセリング講座(2)

スポンサーリンク

ラポール(信頼関係)

ラポールとは、カウンセラーとクライエント(相談者)とのあいだに作られる、信頼関係のことです。クライエントが「あぁ、この人にならなんでも話せる、相談できる」と安心感を持てる信頼関係を指していいます。

ボランティアは専門的なメンタルヘルスに関わるわけではありませんから、最終的にラポールの構築を目標としてよいだろうと思います。信頼してなんでも話せる相手を得ることは、多くの人にとって非常に大きな力となるからです。

信頼関係さえできてしまえば、あとは技法など二の次でしょう。この講座でのカウンセリング技法も、厳密にはそれだけではありませんが、基本的にはラポールの構築を目的としたものです。

短くて申しわけないのですが、今回はこれでご勘弁。次回からいよいよ本題の「傾聴」へと進みます。んじゃまた。

関連記事

ホームレスとの接し方 ホームレスへの援助といっても、国がおこなう大規模なものから個人が細々とつづけるボランティアまで、その方法はさまざまです。あるいはまたその動機も、社会全体のことを考えるといった大きな視点から、困っている人を助けたいという個人的な理由まで、これまたいろいろです。 動機や方法はいろいろですが、もしあなたが...
ホームレス用語集 マンガ喫茶(まんきつ)・ネットカフェ(ねかふぇ)  コミックや新聞・雑誌を読んだり、インターネットをすることを目的とした喫茶店形式の店舗。多くはついたてで仕切られたコンパートメントを持ち、ドアが閉まる個室形式の店舗も増えている。ほとんどがフリードリンク(ジュース飲み放題)で、テレビ、ビデオ(D...
ホームレスのタイプ分類(再掲) 失業系基本的には、仕事および住居がないことが原因のジョブレス・ハウスレスタイプ。仕事および住居があれば「当面は」社会復帰できる。仕事の斡旋および住居の確保で対応可能。反社会系反社会的な性向により、ホームレス生活に陥っているタイプ。活力はあるので元気がよい。開き直ってエンジョイしているよう...
ホームレスにおける好意の返報性 以前、とあるサイトでホームレスの「心変わり」が話題になった。ホームレスの世話をしている人なのだけれども、面倒を見た相手が突然いなくなったり、次に会っても詫びもないことが多いというので、ホームレスとは深く付き合わないことにしたという話である。 心理学に「好意の返報性」とか「互恵性」とか呼ばれるもの...
スポンサーリンク