だいじょうぶ

スポンサーリンク

前なんか向かない うしろだって振り返らない
上なんか見上げない 下だって見下ろさない
静かに眼を閉じて闇の道 ただ歩いてゆけばいい

肩の荷なんか降ろさなくたって
背中の鎖 断ち切らなくたって
つながれた過去すべて ちからいっぱい引きずって
こころのかけら詰まったバッグ抱え ただ歩いてゆけばいい

リセットなんて できるはずない
忘れたなんて いえるわけない
過去は過去 だけど今ここにある
ときが過ぎても 景色がちがっても
気持ちはいつでもよみがえる

明るく元気に前向きなんて どこのアイツがいったんだろう
そんな生き方できるほど 器用じゃないし 柄でもない
苦しみ 哀しみ やさしく抱き締めなかったら
傷ついてる気持ち どうして知るのだろう
傷ついてる彼ら どうやって癒すのだろう

あなたの重荷 ぼくは背負えない
あなたの哀しみ ぼくはわからない
あなたのちからになれないから
せめてあなたの隣 ただ並んで歩くよ

自分ひとりだけだと思ってないかい
もう誰ひとりいないと思ってないかい
立ち止まって見渡してごらん
どこかにぼくがいるはずさ

自由にしてればいいじゃない
好きにやったらいいじゃない
アイツの眼なんか気にせずに
自分の気持ちだけ 自分のこころだけ
なぞって 寄り添って

強く優しく美しくなんて どこのアイツがいったんだろう
そんな姿で生きられるほど 器用じゃないし 柄でもない
弱さや醜さ 思い切り抱き締めなかったら
傷ついてる気持ち どうして知るのだろう
傷ついてる彼ら どうやって癒すのだろう

弱くたっていいじゃない
醜くたっていいじゃない
傷ついてる苦しみ 両手でやさしく抱き締めて
そのちいさな耳元に そっとささやいてあげて

オーケイ あなたはきっとだいじょうぶ
オーケイ ぼくもきっとだいじょうぶ

なみだ 流しつづけていいじゃない
嗚咽 もらしつづけていいじゃない
傷ついてる哀しみ 両手で思い切り抱き締めて
そのちいさなくちびるで そっとささやいてあげて

オーケイ あなたは絶対だいじょうぶ
オーケイ ぼくも絶対だいじょうぶ

関連記事

あなたのこころ。 誰かのそばに最後まで付き添ってやりたい、という気持ちは常にある。ひとりぽつねんとして、うずくまって在るこころ。誰も気づかずにただ通り過ぎてゆくだけのこころ。誰かが気づいたとしてもやがて離れていってしまうだけのこころに、最後まで付き合ってやりたい気持ちはある。もう誰もいなくなっても、俺だけは最後まで付...
眠りを拒絶するベンチ(その4)  川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやって...
殺人刀と活人剣、武器執る者の掟、禅... 『よろずや平四郎活人剣』といえば、ドラマ化されたこともある藤沢周平の傑作時代小説だ。しかしこの「活人剣」とは、いったいなんのことだろう? 「かつじんけん」と読むようだが、字義どおりなら「人を活かす剣」だけれど、それはいったいどのようなものなのだろうか。 これは元をたどれば禅の用語で「かつにんけん」と...
きれいになってよかったね おめでとう きれいな町になってよかったね ホームレスのいない きれいな町になってよかったね ブルーテントもダンボールハウスもない きれいな町になってよかったね ほら 公園や河川敷には暖かな陽の光が降りそそぎ 草木の緑が萌え さわやかな風が吹き渡ってゆく 小鳥たちがうれしそうにさえずって 犬や猫も...
スポンサーリンク