あなたのこころ。

スポンサーリンク

誰かのそばに最後まで付き添ってやりたい、という気持ちは常にある。ひとりぽつねんとして、うずくまって在るこころ。誰も気づかずにただ通り過ぎてゆくだけのこころ。誰かが気づいたとしてもやがて離れていってしまうだけのこころに、最後まで付き合ってやりたい気持ちはある。もう誰もいなくなっても、俺だけは最後まで付き合ってやりたい。

俺はなにもしない。でも、誰も気づかないあなたに気がつくだろう。誰も眼を留めないあなたに眼を留めるだろう。だが、俺はなにもしない。ただ、気がついてやるだけのことしかしない。けれど、俺はあなたに気がついている。あなたのこころがそこにあることに気がついている。ほかの誰も気がつかなくても、俺は気がついている。

つらくて苦しくて大暴れして手がつけられなくてみなが呆れてさじを投げて逃げ出しても、俺だけは最後まで残りたい。みながやるだけのことはやったんだからもういいだろうといって諦めて去っていってしまっても、俺だけは最後まで去らない。みながもうあんな奴は放っておけといって見捨ててしまっても、俺だけは最後まで見捨てない。

俺はなにもしない。けれど、最後まであなたを見守っていよう。安心してそこにいるがいい。安心して泣き、叫び、わめき、そして傷つくがいい。あなたのこころ。

関連記事

こころの周波数 10日か半月ぶりぐらいにmixiに行ってみる。知人たちの日記をひととおり読んだあと、「足あと」というのを見た。これはぼくのプロフィールを見にきた人たちが残してゆくアクセス記録なのだけど、ぜんぜん知らない人たちがたくさんきていた。よくわからない。 このブログを含め、一般のサイトは、個人のブックマーク(...
眠りを拒絶するベンチ(その1)  岡本太郎の作品に「座ることを拒否する椅子」というものがあって、川崎市市民ミュージアムにも所蔵されているが、これは座面にいろいろなものが彫られていて、平らでもなく柔らかくもなく、およそ座り心地のよい椅子ではない。がしかし、これは芸術だからそれでよい。  写真は同館の玄関脇にあるベンチ。むろん岡...
とあるホームレスの一日 某月某日 公園のベンチにしわくちゃの新聞がみ一枚を敷き、そっと腰を下ろす。春とはいえ、まだ首筋を冷たい空気が這いのぼってくる深更である。ほったらかしのブログをどうするか考える。心配してコメントをくれた人たちに取りあえず感謝はしたものの、たいへんに申し訳ないことだが個別の返事は差し控えることにする。ど...
だいじょうぶ 前なんか向かない うしろだって振り返らない 上なんか見上げない 下だって見下ろさない 静かに眼を閉じて闇の道 ただ歩いてゆけばいい 肩の荷なんか降ろさなくたって 背中の鎖 断ち切らなくたって つながれた過去すべて ちからいっぱい引きずって こころのかけら詰まったバッグ抱え ただ歩...
スポンサーリンク