あなたのこころ。

スポンサーリンク

誰かのそばに最後まで付き添ってやりたい、という気持ちは常にある。ひとりぽつねんとして、うずくまって在るこころ。誰も気づかずにただ通り過ぎてゆくだけのこころ。誰かが気づいたとしてもやがて離れていってしまうだけのこころに、最後まで付き合ってやりたい気持ちはある。もう誰もいなくなっても、俺だけは最後まで付き合ってやりたい。

俺はなにもしない。でも、誰も気づかないあなたに気がつくだろう。誰も眼を留めないあなたに眼を留めるだろう。だが、俺はなにもしない。ただ、気がついてやるだけのことしかしない。けれど、俺はあなたに気がついている。あなたのこころがそこにあることに気がついている。ほかの誰も気がつかなくても、俺は気がついている。

つらくて苦しくて大暴れして手がつけられなくてみなが呆れてさじを投げて逃げ出しても、俺だけは最後まで残りたい。みながやるだけのことはやったんだからもういいだろうといって諦めて去っていってしまっても、俺だけは最後まで去らない。みながもうあんな奴は放っておけといって見捨ててしまっても、俺だけは最後まで見捨てない。

俺はなにもしない。けれど、最後まであなたを見守っていよう。安心してそこにいるがいい。安心して泣き、叫び、わめき、そして傷つくがいい。あなたのこころ。

関連記事

イジメ はっきりと、そして急速に、気力の喪失を感じている。ここのところ調子がよくなりつつあったので、それがよりいっそう際立つ感じだ。今、こうやってキーボードを打つのさえ、たいへんに面倒くさく億劫である。ロダンの「考える人」のポーズをとっていろといわれたら、死ぬまでその姿勢のままでいられると思う。 ...
悪党という役まわり 袖すり合うも他生(多生)の縁、などといって、どれほどちいさなことであれ、自分の人生に少しでも関わる人は、なにがしかの理由があって関わっているのだ、と考えることもできる。偶然なのか必然なのか。必然と考えるのは運命論だけれど、偶然に起こったことに自ら意味を与えれば、それは必然となる。偶然という名の必然だ...
致命的なまでにすれちがう世界、あるいは淡白さ... Side A ルイス・ブニュエルの「自由の幻想」という映画だったように思う。ひとつのエピソードの登場人物が次のエピソードの主人公になってゆくオムニバス形式で、たがいのエピソードには関連性がないという変わったシロモノだが、中でも奇妙なのがこの話である。 ある少女が行方不明になった、あるいは誘拐されたと...
ホームレス、稼ぐ  最近いただいたお仕事で得た収入やら、購入した贅沢品やら、必需品やらを、仕事の合い間に記念撮影。  お金を写真に撮るのはいかにも悪趣味だが、諭吉さんなどそうそう拝めるものではないので、まぁよかろう。健次郎の生活も以前ほどひどくはなくなりつつあるのだと、読者を安心させたい気持ちもある。 ...
スポンサーリンク