あなたのこころ。

スポンサーリンク

誰かのそばに最後まで付き添ってやりたい、という気持ちは常にある。ひとりぽつねんとして、うずくまって在るこころ。誰も気づかずにただ通り過ぎてゆくだけのこころ。誰かが気づいたとしてもやがて離れていってしまうだけのこころに、最後まで付き合ってやりたい気持ちはある。もう誰もいなくなっても、俺だけは最後まで付き合ってやりたい。

俺はなにもしない。でも、誰も気づかないあなたに気がつくだろう。誰も眼を留めないあなたに眼を留めるだろう。だが、俺はなにもしない。ただ、気がついてやるだけのことしかしない。けれど、俺はあなたに気がついている。あなたのこころがそこにあることに気がついている。ほかの誰も気がつかなくても、俺は気がついている。

つらくて苦しくて大暴れして手がつけられなくてみなが呆れてさじを投げて逃げ出しても、俺だけは最後まで残りたい。みながやるだけのことはやったんだからもういいだろうといって諦めて去っていってしまっても、俺だけは最後まで去らない。みながもうあんな奴は放っておけといって見捨ててしまっても、俺だけは最後まで見捨てない。

俺はなにもしない。けれど、最後まであなたを見守っていよう。安心してそこにいるがいい。安心して泣き、叫び、わめき、そして傷つくがいい。あなたのこころ。

関連記事

ギリギリの厳しさを探して 古い記事をざっと整理している。こんなことを書いたか、と自分で驚くようなものもあって、恥ずかしいやらなんやら、なかなかに楽しい発見でもある。だが、ギリギリの状態で書かれたものは、今読んでも楽しい気分にはなれない。追い詰められて醜態をさらすその姿を読み返すにつけ、あの崖っぷちの気持ちはなんだったのだろう...
ホームレス、哀れなり ぼくが複数のサイトを運営していることはご存知の人も多かろう。中にはホームレスであることを公開していないものもある。それは特に公開の必要がないためで、コミュニケーションはふつうにおこなっている。 さてそうすると、やれお世話になったとかならなかったとかいろいろな人間関係が生じてくるのだけれども、そのうち...
池に浮かぶベンチ  6月15日、梅雨入り宣言翌日の川崎市等々力緑地にて。ほんとうは池にベンチが浮かんでいるわけではないのだけれど、前日の雨でできた水たまりの中、ベンチが孤立している。...
年忘れホームレス座談会 「なんじゃ、健次郎。おぬし、またひとりぼっちになってしまったのう」 「よせやい。元に戻っただけじゃねぇか」 「そうもいえるが……。で、どうじゃったかな。ブログを1年半やってみて」 「……疲れた、というのが率直なところだな」 「そうか、疲れたか」 「俺のような状況にあって、ふつう、こういうことはしね...
スポンサーリンク