悪党という厄介な生き方

スポンサーリンク

悪党という生き方は存外に厄介だ。「自分の正しさを信じない」からである。

ふつうの人間は自分を正しいと信じたいので正しさを主張し、相手を打ち負かそうとするが、悪党が主張するのは自分が正しくないことの証明のためである。相手を打ち負かそうとすることが、彼にとってはすでに正しくないからだ。彼は自分の正しさを裏切ることで、自らの悪を証明しようと試みる。すべての悪は、まず自分への裏切りが発端なのである。

善人であると思えば、自分の正しさを信じて行動することができる。自らを信じ、迷わずに正しいと思う道を突っ走ってもゆける。だが、悪党はおのれを信じず、そうして自分のまちがいさえ知っているのだ。それでいて善人のように突っ走る。おのれを信じていないにもかかわらず、いや、まちがいを知りながら、それでも突っ走ってしまう。

ならば、正しいほうへと舵を切ればよいのだが、そうはしない。なぜか? 自分の正しさを信じないようにするためである。「自分は正しい」というポジションへ、自分を導かないようにするためだ。自分は正しい、ではまちがっているのは相手だ、悪いのは相手なんだ、自分が正しく相手が悪い、というポジションへ、自分を置かないためである。

もうひとつ、悪党という生き方が厄介な理由がある。容易に立ち直れないことだ。立ち直るには自分のすべてを否定し、文字どおり「これからは心を入れ替えて生きて」ゆかなければならない。そうしなければ周囲はまったく納得しないのだが、自己否定が人間性の破壊につながることは、メンタルヘルスの面から明らかである。

実は、立ち直るのには効果的な方法がある。「自分を受け容れること」、すなわち自己受容、自己肯定の道だ。今の自分を赦し受け容れて、これでオーケーなんだと自分にいってやれるようになることである。しかし、これでは周囲が納得しない。

とりわけひどく傷つけられた人間は、こうしたやり方を決して承知しない。あたりまえである。自分を傷つけた悪党がそれでいいんだと、そういう悪党自身でオーケーなんだといって立ち直るなど容易に赦せるものではないことは、すぐに想像がつく。傷ついた側は、自分を傷つけた悪党の悪を正し、償いをさせたいのだから。

そうしたわけで、悪党は容易に立ち直ることができない。実は、善人でいるよりよほどむずかしい生き方なのである。善人でいようとすることなど、わけはない。自分は正しく善き人間なのだと信じてしまえば済むことだ。だが、悪党はそうやすやすと自分を信じたりはしない。それゆえ、厄介な生き方なのである。

なにいってるかわからん? わからんでけっこう。わかろうがわかるまいが、それが悪党という生き方だ。

関連記事

持たざるものは分かち合えず  ここのところシェアとか分かち合いということを考えていて、それだからたとえば「「東京ホームレス」ウォッチ」では「幸せとは人と分かち合うものであるようだ」なんて書いたのだが、なにかぼく自身がやるぶんには気持ちがついてゆかず、幸せや愛や優しさや安らぎや明るさや元気さといったポジティブなエネルギーを分かち...
歩く健次郎  5月22日撮影。歩きながら自分の足元をノーファインダー(ディスプレイを見ずに勘で撮る方法)で撮ったうちの1枚。この日はむやみに5万歩ぐらい歩いている。  左上の花はツツジかなにかだろうか。この季節、道端でほんとうによく見かける花なのだけれど、その名さえ知らず、すべて通り過ぎてゆく。...
殺人刀と活人剣、武器執る者の掟、禅... 『よろずや平四郎活人剣』といえば、ドラマ化されたこともある藤沢周平の傑作時代小説だ。しかしこの「活人剣」とは、いったいなんのことだろう? 「かつじんけん」と読むようだが、字義どおりなら「人を活かす剣」だけれど、それはいったいどのようなものなのだろうか。 これは元をたどれば禅の用語で「かつにんけん」と...
生きてゆくうえで大切なこと(その2)... 損得や好き嫌いで行動するな 自分が損をするか得をするかを行動の基準にしてはいけない。あるいは、好きか嫌いかを基準に行動するな。ときが経てば、状況が変われば、人がちがえば、損得や好き嫌いなどたやすく変化してしまう。そんなものを基準に行動するのは、あまりにも自分勝手である。自分勝手な人間になりたくなけれ...
スポンサーリンク