悪党という厄介な生き方

スポンサーリンク

悪党という生き方は存外に厄介だ。「自分の正しさを信じない」からである。

ふつうの人間は自分を正しいと信じたいので正しさを主張し、相手を打ち負かそうとするが、悪党が主張するのは自分が正しくないことの証明のためである。相手を打ち負かそうとすることが、彼にとってはすでに正しくないからだ。彼は自分の正しさを裏切ることで、自らの悪を証明しようと試みる。すべての悪は、まず自分への裏切りが発端なのである。

善人であると思えば、自分の正しさを信じて行動することができる。自らを信じ、迷わずに正しいと思う道を突っ走ってもゆける。だが、悪党はおのれを信じず、そうして自分のまちがいさえ知っているのだ。それでいて善人のように突っ走る。おのれを信じていないにもかかわらず、いや、まちがいを知りながら、それでも突っ走ってしまう。

ならば、正しいほうへと舵を切ればよいのだが、そうはしない。なぜか? 自分の正しさを信じないようにするためである。「自分は正しい」というポジションへ、自分を導かないようにするためだ。自分は正しい、ではまちがっているのは相手だ、悪いのは相手なんだ、自分が正しく相手が悪い、というポジションへ、自分を置かないためである。

もうひとつ、悪党という生き方が厄介な理由がある。容易に立ち直れないことだ。立ち直るには自分のすべてを否定し、文字どおり「これからは心を入れ替えて生きて」ゆかなければならない。そうしなければ周囲はまったく納得しないのだが、自己否定が人間性の破壊につながることは、メンタルヘルスの面から明らかである。

実は、立ち直るのには効果的な方法がある。「自分を受け容れること」、すなわち自己受容、自己肯定の道だ。今の自分を赦し受け容れて、これでオーケーなんだと自分にいってやれるようになることである。しかし、これでは周囲が納得しない。

とりわけひどく傷つけられた人間は、こうしたやり方を決して承知しない。あたりまえである。自分を傷つけた悪党がそれでいいんだと、そういう悪党自身でオーケーなんだといって立ち直るなど容易に赦せるものではないことは、すぐに想像がつく。傷ついた側は、自分を傷つけた悪党の悪を正し、償いをさせたいのだから。

そうしたわけで、悪党は容易に立ち直ることができない。実は、善人でいるよりよほどむずかしい生き方なのである。善人でいようとすることなど、わけはない。自分は正しく善き人間なのだと信じてしまえば済むことだ。だが、悪党はそうやすやすと自分を信じたりはしない。それゆえ、厄介な生き方なのである。

なにいってるかわからん? わからんでけっこう。わかろうがわかるまいが、それが悪党という生き方だ。

関連記事

なんだか、どよよん。 なんだか近ごろは、気がつくと、どよよんとしている。いつも、どよよん。今も、どよよん。明日も、どよよん。やらなきゃいけないことがあるのに、どよよん。なくても、どよよん。 原因はわかっている。いや、わかっていないかも知れない。わかっているような気がしているだけなのかも知れないのかもわからないかも知れ...
ほんとうはなにもできない自分 俺はよく傷ついた傷ついたっていって騒ぐんだけども、ほんとうはそれとおなじぐらい、あるいはそれ以上に人を傷つけているんだ。意図的に傷つけることもあるし、気づかないうちに不用意に傷つけてしまうこともある。 当代の幸四郎が子供のころ、父親の白鸚(はくおう)に稽古をつけてもらっていたときのこと、なにかの...
ホームレスじゃないホームレス なんだか知らない間に、ホームレスが運営しているブログってやたらと増えたんだねぇ。ぼくがはじめたころは、まずもってほとんどなかったがなぁ。でも、ここ、彼らからは完全にスポイルされているなぁ(笑)。まぁ連中には連中の世界があるのだろう。連中同士の交流もあり、サポートするボランティアも付き添って盛り上がっ...
いまだ哀しみを知らぬ者たちに捧ぐ ホームレスとは、生きる哀しみを心に刻み込んだ者たちのことである。 あなた方がもしもいまだ哀しみを知らぬ生を送っているのだとしたら、ホームレスのうちに宿る一片の哀しみを探し出すがよい。探し出して、身にまとうがよい。あなた方が知るべきは哀しみである。あなた方は弱過ぎる。哀しみを知らぬがゆえに。 自己...
スポンサーリンク