悪党という役まわり

スポンサーリンク

袖すり合うも他生(多生)の縁、などといって、どれほどちいさなことであれ、自分の人生に少しでも関わる人は、なにがしかの理由があって関わっているのだ、と考えることもできる。偶然なのか必然なのか。必然と考えるのは運命論だけれど、偶然に起こったことに自ら意味を与えれば、それは必然となる。偶然という名の必然だ。

誰かの人生に関わったとき、自分の果たした、いや与えられていた役割はなんだったのだろうかと、ふと思う。相手の人生と自分のそれが交差した、ほんとうの目的はなんだったのか。なぜぼくは彼らの人生に招かれたのか。彼や彼女の人生に顔を出すことを、いったい誰がなぜお膳立てしたのか。彼らとぼくが出会ったことで、世界にどんな変化がもたらされたのか。なんの目的を達成するために、人はそのつど人と関わるのだろうか。ほんとうの目的と与えられていた役割。その理由と意味。

多くの場合、ぼくは他人の人生に悪役として登場する。はじめは優しげで善人づらをして主人公の前に現れるのだけれど、やがてその本性をむき出しにするや徹底的に主人公を苦しめ痛めつけ、しかし当初は弱く頼りなかった主人公がついにぐわっと力を増して、あるいは無敵の助っ人を得てこの極悪人を退治し、主人公がひとまわり強く大きくたくましく成長して一件落着という、そういう役まわりだ。

映画なら悲惨な死を遂げ、あるいは未来永劫に刑務所へ閉じ込められて人生から退場し、ジ・エンドで終われもするが、現実はそうはゆかない。悪役にも悪役の人生がまだ残っており、それは誰もが喝采する善良な登場人物たちが放った光の輪郭に沿って、ぐるり黒い影となってつづいてゆく。エンドロールが流れたあとの純白に輝くスクリーンの中で、けれど退場したはずの悪役の人生も一点の黒い染みとなり、また流れつづけるのだ。

世界に変化が訪れるとき、たいていそこにはロクでもない極悪人が登場する。ぼくもまた、彼や彼女の生きる世界に変化を引き起こすために招待された悪であり、彼らの人生に必要とされた悪党なのかも知れない。今、これを読んでくれているあなたの人生に、さて、ぼくはどんな役まわりで登場しているのだろうか。願わくば悪党として参上し、あなたの世界を、人生を引っくり返してみたい。

関連記事

非行少年のたとえ話 「いったいおまえはなにをやってるんだっ」  ダイニングテーブルの向かいから父の罵声に胸をえぐられて、少年はうつむいた。 「あれほど人様に迷惑をかけるなといってきたのに、よりによって……」  父のいつもの口ぐせだったが、つづいて出てくるはずのことばを思い、少年はきつく目を閉じた。  よりによって車...
あるじなき摩天楼(地獄と天国)  5月23日の早朝に撮影。こぎたない雑居ビルが建ち並ぶ薄暗い路地の向こう、建設中の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小杉」。地上59階建、高さ200メートルを超えるというとんでもないバケモノ。  路地を抜けると川崎中南部の要所、東急東横線「武蔵小杉駅」があり、付近は東京電力や不二サッシの...
こだわりの生き方 元々「こだわる」とは、どうでもよい仔細なことにとらわれるという意味で、「拘泥」と同義語だった。近年になって「こだわりの一品」などという、個性を主張するための使い方をされるようになったが、本来は悪い意味で使われたことばである。 なにかにこだわるほど、人は自由を失ってゆく。なにかにとらわれるほど、人の考...
がんばれーッ! オレ ホームページのアフィリエイトもほぼ全壊し、おおむね収入源を断たれたかたちではあるけれど、しかし去年から取り組んできた「求人広告をふつうに見られるようになること」という目標が、だいたい達成できたようだ。以前は求人広告を見ただけで過去の辛い思い出がよみがえり、気分が悪くなって吐き気や悪寒や頭痛に襲われて...
スポンサーリンク