からっぽの段ボール箱

スポンサーリンク
Home Bound Home Bound
浜田省吾
SE 1999-09-29

Amazonで詳しく見る by G-Tools

悲しみ果てしなく 風は夜ごと冷たく
人は去り人はくる
でも気づけば 道しるべもない道にひとり
(家路/浜田省吾)

東京は一時の陽気がすっかり影を潜め、連日、震えあがるような冷たい雨模様がつづいてはいたものの、世間はやはり4月なのであろう。そこかしこにフレッシュマンの笑顔あふれ、新年度のはじまりでもあり、人々はどこか浮き足立っている。

俺は置いてけぼりをくっている。その慌しげな急ぎ足についてゆけない。人はやってきて、とおり過ぎ、そうしてまた遠くへと去りゆく。気がつけば、俺はまたしるべなき路上の人である。

俺は今、からっぼの段ボール箱だ。箱の中身はなんにもない。それでも闇のような、押しつぶされそうな孤独だけを頼りにただ、歩いてゆくしかない。どこへ? そう、どこかへだ。どこかへ向かって、ただ歩いてゆくんだ。

そして夜が明けたら また生きてくために
くらしを背負って歩き出す
疲れた体 次第になにも聞こえなくなる 感じなくなる

だけど どんなに遠くても たどり着いてみせる
石のような孤独を道連れに 空とこの道 出会う場所へ
(家路/浜田省吾)

関連記事

ひとりぼっちの彼 高校進学の際、三つの学校を受験した。ひとつは進学校で学業レベルが高く、ぼくの学力ではギリギリで、私学でもあり授業料も値が張る。おまけに家から遠く、同級生で受験する者もいなかったが、担任教師が強く勧めるのでやむなく選んだ。学力不足以上に、本人に進みたい気持ちがないので当然落ちた。 ふたつめは公立校で...
歩道橋でひと休み  5月22日の午後に撮影。歩道橋というか、街道にのぼる階段の途中で寝ている人。ホームレスかどうかはわからない。よく見ると、顔にタオルをかけている。ジョギングかなにかの途中だったのかも知れない。  撮影時にはたまたま誰もいなかったのだけれど、この階段をさまざまな人たちが通り過ぎていった。ほとんど...
どうでもよいこと、どうでもよくないこと... ここしばらく、なにも書く気が起こらない。いや、実際には、なにかいろいろ書いてみたりはした。世間では実にさまざまなことが入れ替わり立ち代わり起こっていて、ぼくだって人並みにはなにごとかを考えてみたりはするのだ。 星野仙一さんが槍玉に挙げられていた。この人が叩かれるのはしかたがない。兵が優秀でも指揮...
眠りを拒絶するベンチ(その5)  Canonの本社がある東京大田区の下丸子。大田区ではよく見かけるタイプのベンチが、この街にもある。もともと古い木製のもので、お色直しのついでにホームレス対策のお邪魔ん棒を取っ付けたようである。武骨なつくりで、とにかくなにがなんでも寝かせないゾという強烈な、ただそれだけのシロモノ。...
スポンサーリンク