からっぽの段ボール箱

スポンサーリンク
Home Bound Home Bound
浜田省吾
SE 1999-09-29

Amazonで詳しく見る by G-Tools

悲しみ果てしなく 風は夜ごと冷たく
人は去り人はくる
でも気づけば 道しるべもない道にひとり
(家路/浜田省吾)

東京は一時の陽気がすっかり影を潜め、連日、震えあがるような冷たい雨模様がつづいてはいたものの、世間はやはり4月なのであろう。そこかしこにフレッシュマンの笑顔あふれ、新年度のはじまりでもあり、人々はどこか浮き足立っている。

俺は置いてけぼりをくっている。その慌しげな急ぎ足についてゆけない。人はやってきて、とおり過ぎ、そうしてまた遠くへと去りゆく。気がつけば、俺はまたしるべなき路上の人である。

俺は今、からっぼの段ボール箱だ。箱の中身はなんにもない。それでも闇のような、押しつぶされそうな孤独だけを頼りにただ、歩いてゆくしかない。どこへ? そう、どこかへだ。どこかへ向かって、ただ歩いてゆくんだ。

そして夜が明けたら また生きてくために
くらしを背負って歩き出す
疲れた体 次第になにも聞こえなくなる 感じなくなる

だけど どんなに遠くても たどり着いてみせる
石のような孤独を道連れに 空とこの道 出会う場所へ
(家路/浜田省吾)

関連記事

持たざるものは分かち合えず  ここのところシェアとか分かち合いということを考えていて、それだからたとえば「「東京ホームレス」ウォッチ」では「幸せとは人と分かち合うものであるようだ」なんて書いたのだが、なにかぼく自身がやるぶんには気持ちがついてゆかず、幸せや愛や優しさや安らぎや明るさや元気さといったポジティブなエネルギーを分かち...
健次郎、その後 順序が逆になっていますが、簡単に状況報告を。 管理人の胃袋は当面の危機を脱しましたが、アクセス環境の不安定さは相変わらずで、まぁこれは以前も不安定だったわけですからそれほど変わらないわけで、まぁそうした中で今までやってきたわけで、まぁこれからもそのようにつづけてゆくしかあるまいというわけで、まぁこの...
真夏のオリオン 汗が額を滝のように流れ落ちてゆく。ザーザー。 ウソをつけ。そんなに汗が流れたら前が見えなくて危険だし、たちまち脱水症状を起こしてしまうではないか。だから、汗はガラス窓についた雨粒のようにぼくの額を伝いながら、ゆっくりと流れ落ちていったのだ。幾筋も、幾筋も、幾筋も。 ほの暗い水銀灯が放つか...
起き抜けの景色  眼を開けると茂った木々の向こうに青空が見えた。しばらくぼんやりしてから公園の硬いベンチの上、えいやッと身体を起こす。雨が過ぎ去って、今日は暑くなりそうな予感がする。どこか日陰を探そう。  ホームレスになりたてのころ、眼を覚ましてすぐには、自分の居場所がわからないことが多かった。見慣れぬ高い天...
スポンサーリンク