卒業

スポンサーリンク

このブログには、元気いっぱいの人はあまりやってこない。ぼくがいつもどんよりとした気持ちでいるものだから、どこかしらその気持ちに共振する心を持つ人たちがやってくる。誰しもが多少は鬱屈したものを持ってはいるにしても、さほど悩みなく日常を乗り切って歩いているような人は、まずもってその琴線に触れることがないのだろうと思う。

別のいい方をすると、いっときの悩み深く、このブログにやってきたとしても、やがて元気を取り戻したあかつきには足が遠のいて、再び訪れる機会はないということだ。それを卒業と呼ぶのかどうかは知らないけれど、喜ばしいことにはちがいないのだろう。

この春、どれくらいの人たちが卒業していったのかなぁ……
そうしてぼくは、いつまでもここに残りつづけて。

関連記事

ホームレス列伝(1)  夕暮れに薄汚れた真っ黒なスーツを着て出かけ、朝方にうつろな瞳で帰ってくる。キマッているのだかいないのだか、パンツは丈が足りずにツンツルテンで、革靴もところどころが剥げあがっている。ぼくと眼と眼を合わせても、睨んでいるのだか無関心なのか、影のようにとおり過ぎてゆく男だった。  ホームレス施設が闇の...
ホームレス、哀れなり ぼくが複数のサイトを運営していることはご存知の人も多かろう。中にはホームレスであることを公開していないものもある。それは特に公開の必要がないためで、コミュニケーションはふつうにおこなっている。 さてそうすると、やれお世話になったとかならなかったとかいろいろな人間関係が生じてくるのだけれども、そのうち...
ギリギリの厳しさを探して 古い記事をざっと整理している。こんなことを書いたか、と自分で驚くようなものもあって、恥ずかしいやらなんやら、なかなかに楽しい発見でもある。だが、ギリギリの状態で書かれたものは、今読んでも楽しい気分にはなれない。追い詰められて醜態をさらすその姿を読み返すにつけ、あの崖っぷちの気持ちはなんだったのだろう...
強迫 努力しろ 努力しろ もっと努力しろ 努力しろ 努力しろ もっと努力しろ みんな大変 みんな辛い だけど俺たちみんながんばっている おまえだけができないはずはない 怠けているからできないんだ 努力しろ 努力しろ もっと努力しろ 努力しろ 努力しろ もっと努力しろ みんな苦しい みんな泣きたい だけど俺...
スポンサーリンク