持たざるものは分かち合えず

スポンサーリンク

 ここのところシェアとか分かち合いということを考えていて、それだからたとえば「「東京ホームレス」ウォッチ」では「幸せとは人と分かち合うものであるようだ」なんて書いたのだが、なにかぼく自身がやるぶんには気持ちがついてゆかず、幸せや愛や優しさや安らぎや明るさや元気さといったポジティブなエネルギーを分かち合うことができなくて、このブログのトピックも気がつけばいつものネガティブに流れてしまい、ポジティブなものをシェアできない自分に苛立っていた。

 なんでなんだろう? なんでぼくはそうできないんだろう? 多くの人たちができるのに、なぜ自分にはそういう大切なことができないんだ? 例によって自分を責め立てるループの入り口にいて、けれど突然に気がついた。

 ぼくは今、まったく幸せじゃなかったんである。

 自分のどこをどう探っても、幸せなどという気持ちは出てこない。幸せに満たされた充実感あふれる気持ちなど、どこをどう掘り返したって見つからない。出てくるのはみな、砕け散ったガラスの破片ばかりだ。それだから、ぼくの手はいつも血まみれなのだ。持たざるものを分かち合うことはできない。あたりまえの話だったんである。

 なんだ、そうだったのか。持ってないんじゃ払えない。ま、ツケといてくれ。

関連記事

歩道橋でひと休み  5月22日の午後に撮影。歩道橋というか、街道にのぼる階段の途中で寝ている人。ホームレスかどうかはわからない。よく見ると、顔にタオルをかけている。ジョギングかなにかの途中だったのかも知れない。  撮影時にはたまたま誰もいなかったのだけれど、この階段をさまざまな人たちが通り過ぎていった。ほとんど...
お仕事 心配してくださるのだろう。最近になって時折、お仕事のお誘いを受けることがある。うちの会社で働きませんか、というものがほとんどだ。ぼくのような人間に対して、とてもありがたいことである。感謝に堪えない。感謝に堪えないが、みな、お断りしている。正確には、ご返事を差し上げていない。 理由はさまざまだけれ...
とあるホームレスの一日 某月某日 公園のベンチにしわくちゃの新聞がみ一枚を敷き、そっと腰を下ろす。春とはいえ、まだ首筋を冷たい空気が這いのぼってくる深更である。ほったらかしのブログをどうするか考える。心配してコメントをくれた人たちに取りあえず感謝はしたものの、たいへんに申し訳ないことだが個別の返事は差し控えることにする。ど...
だいじょうぶ 前なんか向かない うしろだって振り返らない 上なんか見上げない 下だって見下ろさない 静かに眼を閉じて闇の道 ただ歩いてゆけばいい 肩の荷なんか降ろさなくたって 背中の鎖 断ち切らなくたって つながれた過去すべて ちからいっぱい引きずって こころのかけら詰まったバッグ抱え ただ歩...
スポンサーリンク