持たざるものは分かち合えず

スポンサーリンク

 ここのところシェアとか分かち合いということを考えていて、それだからたとえば「「東京ホームレス」ウォッチ」では「幸せとは人と分かち合うものであるようだ」なんて書いたのだが、なにかぼく自身がやるぶんには気持ちがついてゆかず、幸せや愛や優しさや安らぎや明るさや元気さといったポジティブなエネルギーを分かち合うことができなくて、このブログのトピックも気がつけばいつものネガティブに流れてしまい、ポジティブなものをシェアできない自分に苛立っていた。

 なんでなんだろう? なんでぼくはそうできないんだろう? 多くの人たちができるのに、なぜ自分にはそういう大切なことができないんだ? 例によって自分を責め立てるループの入り口にいて、けれど突然に気がついた。

 ぼくは今、まったく幸せじゃなかったんである。

 自分のどこをどう探っても、幸せなどという気持ちは出てこない。幸せに満たされた充実感あふれる気持ちなど、どこをどう掘り返したって見つからない。出てくるのはみな、砕け散ったガラスの破片ばかりだ。それだから、ぼくの手はいつも血まみれなのだ。持たざるものを分かち合うことはできない。あたりまえの話だったんである。

 なんだ、そうだったのか。持ってないんじゃ払えない。ま、ツケといてくれ。

関連記事

火事場のホームレス 火事場の馬鹿力、とは、 「これ以上ちからを出すとケガするかも」 という限度を超えたときに発揮されるんだそうである。ふつうはリミッターみたいなのが働いて、そこまではいかないんだとか。スポーツ選手はこのリミッターを外すらしい。それで超人的な活躍をするそうな。 まちがっても超人的とはいわないけれど、このブ...
こころの周波数 10日か半月ぶりぐらいにmixiに行ってみる。知人たちの日記をひととおり読んだあと、「足あと」というのを見た。これはぼくのプロフィールを見にきた人たちが残してゆくアクセス記録なのだけど、ぜんぜん知らない人たちがたくさんきていた。よくわからない。 このブログを含め、一般のサイトは、個人のブックマーク(...
外道ホームレス ぼく自身、常に自分の在り方におおきな戸惑いを覚えている。このトピックを書くことは、ほんとうに必要なのか? 読者はどう感じるだろうか? 不愉快にならないだろうか? 少なくとも、楽しい気分になることはないだろう。そんなトピックを書くことが、ほんとうに必要なのか? といった疑問である。そうして、結局はそん...
歩く健次郎  5月22日撮影。歩きながら自分の足元をノーファインダー(ディスプレイを見ずに勘で撮る方法)で撮ったうちの1枚。この日はむやみに5万歩ぐらい歩いている。  左上の花はツツジかなにかだろうか。この季節、道端でほんとうによく見かける花なのだけれど、その名さえ知らず、すべて通り過ぎてゆく。...
スポンサーリンク