持たざるものは分かち合えず

スポンサーリンク

 ここのところシェアとか分かち合いということを考えていて、それだからたとえば「「東京ホームレス」ウォッチ」では「幸せとは人と分かち合うものであるようだ」なんて書いたのだが、なにかぼく自身がやるぶんには気持ちがついてゆかず、幸せや愛や優しさや安らぎや明るさや元気さといったポジティブなエネルギーを分かち合うことができなくて、このブログのトピックも気がつけばいつものネガティブに流れてしまい、ポジティブなものをシェアできない自分に苛立っていた。

 なんでなんだろう? なんでぼくはそうできないんだろう? 多くの人たちができるのに、なぜ自分にはそういう大切なことができないんだ? 例によって自分を責め立てるループの入り口にいて、けれど突然に気がついた。

 ぼくは今、まったく幸せじゃなかったんである。

 自分のどこをどう探っても、幸せなどという気持ちは出てこない。幸せに満たされた充実感あふれる気持ちなど、どこをどう掘り返したって見つからない。出てくるのはみな、砕け散ったガラスの破片ばかりだ。それだから、ぼくの手はいつも血まみれなのだ。持たざるものを分かち合うことはできない。あたりまえの話だったんである。

 なんだ、そうだったのか。持ってないんじゃ払えない。ま、ツケといてくれ。

関連記事

歩く健次郎  5月22日撮影。歩きながら自分の足元をノーファインダー(ディスプレイを見ずに勘で撮る方法)で撮ったうちの1枚。この日はむやみに5万歩ぐらい歩いている。  左上の花はツツジかなにかだろうか。この季節、道端でほんとうによく見かける花なのだけれど、その名さえ知らず、すべて通り過ぎてゆく。...
永遠の凍土に埋まれ 停滞しはじめた自分の精神に嫌気がさす。急斜面から滑落し、セルフビレイ一本でかろうじて宙にぶら下がっている。もがいてもあがいてもなんの取っ掛かりもなく、吹きつける寒風の中をただ漂っている。ぶら~り、ぶらんぶらん。 切ってしまえ、とさえ思う。なんだってこの岩山を登ろうというのか。もはや理由さえ定かではな...
ホームレスタウン ~葬られてゆく人々~...  今回は写真のみ。説明は無用と思う。
眠る人々  数ヶ月前にフリーマーケットのガラクタ箱で、壊れた携帯を見つけた。水没したとかで画面も表示されないポンコツだったが、分解して適当にいじくっているうちにディスプレイが表示されるようになった。  むろん、電話としては役に立たないのだけれど、カメラが使えた。しかし、撮った写真をパソコンに転送する方法...
スポンサーリンク