見えにくくなってゆくホームレス

スポンサーリンク

6日付の東京新聞が「ホームレス6700人減少 4年前より、景気回復影響」と報じた。

公園や河川などで生活するホームレスの数が、4年前に比べ約6700人減り、約1万8500人であることが6日、厚生労働省が公表した全国調査の結果で分かった。東京、大阪、名古屋などの大都市で減少が目立っており、同省は「景気回復や国の支援策で、就労や自立が進んだ結果ではないか」(地域福祉課)としている。

しかし「大阪市のホームレス減少、東京23区と逆転 厚労省調べ」(朝日新聞)は、調査方法の問題点を指摘する。

調査は1月中旬、市職員や民生委員らが目視で数えた。路上暮らしの場合などは、日中に出かけている場合、数に入れていない可能性がある。野宿者問題に詳しい大阪市立大大学院の島和博教授(社会学)は調査の不正確さを指摘したうえで、「数字だけでは減った人間のその後が分からない。内実を明らかにし、長期野宿者向けの施策にも取り組むべきだ」と話している。

もちろん自立支援策によってホームレスから脱出した人もいるはずだが、公園や河川敷などの目立ったところから追い払っただけで、眼に見えなくなっただけというのが実態であろう。語弊のあるたとえをすれば、自宅の前をほうきで掃いてきれいにはしたが、隣の家は逆に汚れたということに過ぎない。

「ネットカフェ難民」や「マック難民」といったワーキングプア層が社会問題になりつつあることを見てもわかるとおり、眼に見えるところではホームレスは減り、眼に見えないところでは増えている可能性が大きい。いい加減に調査して減った減ったと喜んでいると、あとでとんでもないしっぺ返しを食らうことになる。

関連記事

ホームレス事件3題 「ホームレス連続襲撃か=バットで殴る、警視庁が捜査」(2008年3月13日・時事ドットコム)ということで、相も変わらずホームレスへの襲撃事件はあとを絶たないわけである。ふたりともかなり重傷のもよう。  東京都府中市で就寝中のホームレスの男性が男にバットのようなもので殴られて負傷する事件が2件相次ぎ...
長居公園でのホームレステント強制撤去... 毎日新聞の「強制撤去:長居公園の野宿者テントなど 大阪市」で触れられているとおり、大阪の長居公園でホームレスのテントが行政代執行によって強制撤去されたようである。8月に開かれる世界陸上大阪大会に備えての公園整備が理由だが、行政代執行による強制撤去はほとんど年中行事のようになっているから、あぁまたか、...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
「自立生活サポートセンター・もやい」の窮地・その後... リプラス破綻で資金援助を受けていた「自立生活サポートセンター・もやい」が窮地に立った話だが、1ヶ月あまりで総額3,400万円以上(!)の寄付が集まったそうで、来年度までの活動には支障をきたさなくなったようだ。よかったね。 しかし、この金額の大きさには、多くのホームレス団体が度肝を抜かれたり腰を抜...
スポンサーリンク