見えにくくなってゆくホームレス

スポンサーリンク

6日付の東京新聞が「ホームレス6700人減少 4年前より、景気回復影響」と報じた。

公園や河川などで生活するホームレスの数が、4年前に比べ約6700人減り、約1万8500人であることが6日、厚生労働省が公表した全国調査の結果で分かった。東京、大阪、名古屋などの大都市で減少が目立っており、同省は「景気回復や国の支援策で、就労や自立が進んだ結果ではないか」(地域福祉課)としている。

しかし「大阪市のホームレス減少、東京23区と逆転 厚労省調べ」(朝日新聞)は、調査方法の問題点を指摘する。

調査は1月中旬、市職員や民生委員らが目視で数えた。路上暮らしの場合などは、日中に出かけている場合、数に入れていない可能性がある。野宿者問題に詳しい大阪市立大大学院の島和博教授(社会学)は調査の不正確さを指摘したうえで、「数字だけでは減った人間のその後が分からない。内実を明らかにし、長期野宿者向けの施策にも取り組むべきだ」と話している。

もちろん自立支援策によってホームレスから脱出した人もいるはずだが、公園や河川敷などの目立ったところから追い払っただけで、眼に見えなくなっただけというのが実態であろう。語弊のあるたとえをすれば、自宅の前をほうきで掃いてきれいにはしたが、隣の家は逆に汚れたということに過ぎない。

「ネットカフェ難民」や「マック難民」といったワーキングプア層が社会問題になりつつあることを見てもわかるとおり、眼に見えるところではホームレスは減り、眼に見えないところでは増えている可能性が大きい。いい加減に調査して減った減ったと喜んでいると、あとでとんでもないしっぺ返しを食らうことになる。

関連記事

あなたの給料、預かります ~「愛生寮」~... 13日付の読売・神奈川両新聞によれば、川崎市のホームレス一時宿泊施設「愛生寮」は12日、施設運営協議会を開き、利用者が仕事などで得た収入の一部を積み立てる「愛生バンク」をスタートさせることを決めた。5月の連休明けにも実施したい考えだ。 ホームレスは住所がないので銀行口座の開設が難しい。そのため、...
荒川のホームレスウサギ大爆発 ★2月28日 荒川のホームレスウサギは、その後ただならぬ展開になっている模様。そのウサウサたちの様子をまずは「Dream of Forest」さんの『荒川河川敷のうさぎ』から別ページへとリンクされている詳しいルポでお楽しみいただき、さらに「日本うさぎ愛護協会」の『2/25 現地レポート』でもウサウサ...
ホームレス事件2題 お盆休み、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? ここもアクセスが半減しましたけれども、今きてくれている人たちはお家で夏休み、ということですかね。熱中症に気をつけましょう。ちなみに、ホームレス自身にはお盆休みはありません。(買い取りなどの)業者がお休み、ということはあるけれど。 8月9日付の東京新聞・...
パリ市職員の51人がホームレスだった フランス・パリ市職員のうち、少なくとも51人がホームレスだったことがわかったと、9月17日付の朝日新聞(asahi.com)が報じた。市民は衝撃を受けているという。 いずれも最も給与水準の低い公務員たちで、離婚など家庭の事情が原因でホームレス生活を強いられている人が多いらしい。市は低所得者向け住...
スポンサーリンク