見えにくくなってゆくホームレス

スポンサーリンク

6日付の東京新聞が「ホームレス6700人減少 4年前より、景気回復影響」と報じた。

公園や河川などで生活するホームレスの数が、4年前に比べ約6700人減り、約1万8500人であることが6日、厚生労働省が公表した全国調査の結果で分かった。東京、大阪、名古屋などの大都市で減少が目立っており、同省は「景気回復や国の支援策で、就労や自立が進んだ結果ではないか」(地域福祉課)としている。

しかし「大阪市のホームレス減少、東京23区と逆転 厚労省調べ」(朝日新聞)は、調査方法の問題点を指摘する。

調査は1月中旬、市職員や民生委員らが目視で数えた。路上暮らしの場合などは、日中に出かけている場合、数に入れていない可能性がある。野宿者問題に詳しい大阪市立大大学院の島和博教授(社会学)は調査の不正確さを指摘したうえで、「数字だけでは減った人間のその後が分からない。内実を明らかにし、長期野宿者向けの施策にも取り組むべきだ」と話している。

もちろん自立支援策によってホームレスから脱出した人もいるはずだが、公園や河川敷などの目立ったところから追い払っただけで、眼に見えなくなっただけというのが実態であろう。語弊のあるたとえをすれば、自宅の前をほうきで掃いてきれいにはしたが、隣の家は逆に汚れたということに過ぎない。

「ネットカフェ難民」や「マック難民」といったワーキングプア層が社会問題になりつつあることを見てもわかるとおり、眼に見えるところではホームレスは減り、眼に見えないところでは増えている可能性が大きい。いい加減に調査して減った減ったと喜んでいると、あとでとんでもないしっぺ返しを食らうことになる。

関連記事

長居公園でのホームレステント強制撤去... 毎日新聞の「強制撤去:長居公園の野宿者テントなど 大阪市」で触れられているとおり、大阪の長居公園でホームレスのテントが行政代執行によって強制撤去されたようである。8月に開かれる世界陸上大阪大会に備えての公園整備が理由だが、行政代執行による強制撤去はほとんど年中行事のようになっているから、あぁまたか、...
アメリカ漫画と韓国のホームレス施設... 「EP : end-point  科学に佇む心と体」という科学関係のブログを運営されている雨崎良未さんからのネタをご紹介。 アメリカの有名な漫画に「Doonesbury@Slate」というのがあって、ここに準レギュラーでワシントンのホームレスが登場するらしい。そのAliceとElmontは図書館...
ホームレスが地震で募金 デンマークのホームレスがスマトラ沖地震の募金活動をして約35万円を集めたというニュース。デンマーク政府の支援金額を「少なすぎる」と批判してみずから立ち上がったのだとか。その甲斐あってか、その後、支援金額が42倍に増やされたのだとか。「家ない辛さ分かる」とは心からの共感がいわせたことばでしょう。あっぱ...
ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果... 「ホームレス自立支援2施設が社会復帰に成果/川崎」と、6月3日付・神奈川新聞が報じた。  ホームレス(路上生活者)の自立や就労を支援する川崎市の「市就労自立支援センター」(川崎区日進町)と「富士見生活づくり支援ホーム」(同区富士見)が、一定の成果を上げている。開設から一年たち、両施設で...
スポンサーリンク