貧困層ビジネス「レストボックス」

スポンサーリンク

日雇い宿無しフリーターをターゲットにする「貧困層ビジネス」の実態」(livedoorニュース)が、テレビ東京「ガイアの夜明け」の4月3日放送分「雇用格差 ~漂流する“就職氷河期世代”~」を踏まえ、住まいなき若年ワーキングプア層、いわゆるネットカフェ難民などをターゲットとした貧困層ビジネスを報じている。

ここで紹介されているのは「レストボックス」と呼ばれる廉価な宿泊施設で、2~3段ベッドに一泊1,000~1,880円程度で泊まることができるというもの。台所、トイレ、ランドリー、シャワーはすべて共用。要するに内実は「ドヤ」なのだが、上記サイトでは「フリーター求職者向けのアルバイト寮」という説明がされている。

貧困層を囲い込むビジネス

問題となるのは、こうした施設が貧困層をターゲットとしたビジネスの一端であるということで、全体像の実態については「最強都市 THE西成」に詳しいが、激安の衣料品店、700円の床屋さん、激安食堂・お弁当、70円の自動販売機ジュース、最安値一泊500円の木賃宿(ドヤ)など、あるいは将棋クラブ、大衆劇場、成人向け映画館といった、町ぐるみで貧困層を囲い込もうとする実態がある。一度住んだら容易に抜け出せないような仕組みなのだ。

「レストボックス」は東京・山手線沿線に展開しているので、必ずしも囲い込みを促進しているわけではないが、「若者ドヤ、OKWave…経営者はホームレス出身」(イザ!)には、

レストボックスはもともと、建設業の仕事を請け負う作業員のために、同社が用意した「寮」だ。だが、「仕事はしないが、寮は利用したい」というニーズに応じる形で、住まいのないフリーターに「住居」を提供した。それが、「レストボックス」になったのが、平成15年だ。

と紹介されている。事実、運営会社である「エム・クルー」のサイトには、事業内容として「建設雑工請負業務」があり、

フリーターや求職者が安定的な職業に就けるまでの期間、一定水準の生活が出来る様、仕事を提供しております。

とある。すなわち単なる「ドヤ」だけでなく、業務請負先の「飯場」としても機能しているわけだ。住居だけでなく仕事もついてくるとなると、それはひとつの囲い込みと見ることもできるだろう。

経営理念は正しいか?

また、「レストボックス」の「初めての方へ」というインストラクションには、メリットとして「友達・仲間が増える!」とあり、

レストボックスには「夢に向かって頑張っているフリーターがたくさんいます。同じ夢を持った仲間が増えるかも?!

と書かれているのだけれど、前述の「若者ドヤ、OKWave…経営者はホームレス出身」で、自身もホームレスの経験を持つ社長の前橋靖さんはいう。

 2段ベッドが並ぶレストボックスでは、誰かしらの目覚まし時計が早朝に鳴り、1人、また1人と仕事へ出かけていく。
 「すると、怠けてアパートを追い出されて流れ着いた若者も、『自分も働かなきゃ』というモラルを取り戻していくんです。レストボックスのような共同生活の利点はそこにあるんです」
 働く意欲を取り戻し、再起までのベースキャンプにしてもらえれば-。

ここで「おや?」と思う。「怠けて」ということばが妙に引っかかるのである。これはもしや「怠けている若者に働く意欲を取り戻してもらおう」という、矯正事業の一環なのだろうか? 全部の若者に対してではないにしろ、自社サービスの「利点」として「怠け者の若者」という観点を持ち出すこの経営者に、一抹の不安を感じずにはいられない。

 「レストボックスはもちろんビジネスだが、定住先のないフリーターに、帰る場所を提供するセーフティーネット(安全網)づくりでもある」

と豪語する「レストボックス」。はてさて、この先の展開はいかに。

■関連リンク

関連記事

ニートと引きこもり(5)  引きこもりやニート、あるいはフリーターなどを生み出した原因と考えられるものを、これまで聞いた、あるいはつらつらと思いつくままに挙げてみた。 産業 製造業の衰退と産業の空洞化によって労働市場が悪化し、失業が増加した 不況下、会社が中高年労働者を保護し若い社員を育てる役割を放棄し...
格差と不平等 7月28日付・東京新聞夕刊で、同志社大学ビジネススクール教授の浜矩子さんが、「格差と不平等を読む」という記事を書いている。書店店頭の平積みが、かつての「激動の時代を生き抜くサバイバル本」から「格差と不平等の本」へと変わりつつあるという。人々の意識が、「なぜこういう社会になったのか?」という原因に向か...
取材という名の突発的事件 ブログの管理やメールチェックなどを手早く済ませ、さてこの冷え込む夜をこれからどうやり過ごそうかと急ぎネットカフェを出たとたん、景色がふだんとは微妙なちがいを見せていることに気がついた。 まったくほんの些細なことなのである。たとえば、いつもは人がいない場所に人が立っている。いや、人が立っていることもあ...
格差社会メモ もうあまり社会問題には言及したくないのだけれど、もうずっと以前から「格差社会」というのが話題になりつづけているし、最近も取材の申し込みなんかを受けたし、ますます盛り上がりを見せているようなので、関連事項をちょっとだけメモ。 「自己責任だから自助努力でなんとかせよ」という新自由主義者(ネオコン?...
スポンサーリンク