マック難民とファミレス難民

スポンサーリンク

 ネットカフェ難民という呼び方はすでに定着しつつあるようだが、そんな中で新たな難民が発見されたらしい。「コーヒー1杯で「宿泊」 「マック難民」が急増」(3月30日付livedoorニュース)が報じた。

「マック難民」という言葉が誕生した。ハンバーガーショップ「マクドナルド」の24時間営業店舗に「寝泊り」する人々のことで、多くは日雇い労働者風男性だが、高校生などの若年者もいる。「アパートが借りられずマンガ喫茶に寝泊りしていた人達が、単価の安いマックへ移った」という背景もあるらしい。マクドナルドも対応に困っている。店舗が24時間営業に変ってから、増え続ける。

「マック難民」なることばが誕生したかどうかはさておき(苦笑)、100円で暑さ寒さをしのげる「100円マック」の登場以来、マクドナルドがホームレスにとって使いやすい店になったのはたしかである。それゆえ「ホームレスとの接し方」でも、プレゼントにマックの商品券を挙げているのだ。

 それが24時間営業ともなれば、利用するホームレスが激増するのは当然だ。ぼくも使うことがあるが、いつ行っても顔ぶれはおなじである。たいがいは店員が巡回し、寝ている者を起こしてまわる。その間隙を突いて仮眠を取るわけだ。中には、商品を買わずに眠りにくるだけのつわものさえいるのだッ!

 とはいうものの、深更には清掃だといって2~3時間、客席を閉鎖してしまう店舗が多いから、寝る目的のためには、実はマックは使いづらい。それならばむしろファミリーレストランのほうがよいのだ。

 ファミレスは単価が高くなるが、それでも飲み放題のドリンクバーが200~300円程度であるし、寝ている客を起こすかどうかはあくまでも店舗による。ぼくが路上に堕ちたてのころに使っていたファミレスには、ソファに横になって寝ていても注意されないという、とんでもない店もあった。一度、常連のオヤジが床に寝ていたことがあって、さすがにそれは注意されていたけれども、店によっては非常にゆるいところもある。彼らはさしずめ「ファミレス難民」とでも呼ぶべきか。

 ちなみに「SADa-Tのニュース」の「あ、そういうことか。」では、「コンビニ難民」の出現さえ予言している。というか、何軒ものコンビニを渡り歩きながら夜を明かすホームレスはいるので、すでに存在しているというべきかも知れない。

関連記事

ネットカフェ難民報道(プレミアA)  メディアが騒ぐとこのブログの訪問者が増えるのですぐにわかるのだが、7月15日の「プレミアA」とかいう番組では、またぞろネットカフェ難民の特集を組んでいたそうである。見ていないので内容はよくわからないけれど、特定の取材対象者を追い込んでいったものらしい。  いくつかのブログでこの番組を取り...
ネットカフェ難民報道リスト  ネットカフェ難民報道の主要なリスト。 生活困窮の若者、ネットカフェ転々 支援団体にSOSも(2006年11月2日付・朝日新聞夕刊)→Yourpedia ネットカフェが僕の家(2006年12月23日付・朝日新聞「be」)→Yourpedia NNNドキュメント(2007年1月28日...
「ネットカフェ難民2」(NNNドキュメント’07)... 24日深夜(25日未明)あたりからアクセス数が異常に上がっていたので「さては……」と調べたところ、案の定、ネットカフェ難民関連のテレビ番組が放映されていた。それも2本である。1本目は日本テレビの「NNNドキュメント'07 ネットカフェ難民2」。もうひとつはフジテレビの「ネットカフェ漂流」だ。 動画サ...
ネットカフェ難民を追う者たち ■4月27日 この調査が新聞記事になっているので追記しておく。「ネットカフェ:生活の拠点にする若者、全国に拡大」(MSN毎日インタラクティブ)。 個人加盟の労働組合、首都圏青年ユニオン(伊藤和巳委員長)などが10都府県のネットカフェで実態調査したところ、すべての都府県で、ネットカフェを生活の拠点に...
スポンサーリンク