武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?

スポンサーリンク

わたし、武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのだろうか?
「ホームレス問題を訴える」
「ホームレスへの理解を求める」
というのはあとから取って付けたもっともらしい理由に過ぎない。正直、わたしはホームレス問題などどうでもよい。わたしが書くのは、魂のうちから否応なく吹き上がってくる衝動があるからだ。だから書かざるを得ない。そうでなければどうして食うや食わずでこのようなバカなことをするだろうか?

それは「自己承認欲求」と呼ばれる、人間が持つ基本的な欲求だ。
「自分の存在を認めて欲しい」
「自分を無視しないで欲しい」
「自分にOKを出して欲しい」
という欲求はきわめて基本的なもので、仮に子供のころにこの欲求が満たされないと自己評価が低位に固定してしまい、健康には育たない。大人も同様で、ひたすら未承認の状態がつづけば自己評価はぐんぐん下がってしまい、最後には病気になる。わたしはこの欲求を、
ハンコくださいッ!
と呼んでいる(わかりやすいでしょ?)。

このような状態にハンコを押す、あるいはこうした状態を引き起こさないためには、カウンセリングの一派である交流分析で「肯定的ストローク」、コーチングでは「アクノリッジメント(承認)」と呼ばれる、他者からの承認が必要になる。それはまた可能な限り身近な人間の必要があり、だからこそ子育てでは養育者の重要性が説かれる。人間が健康に生きてゆくためには、必ずこれらの照り返しが必要になる。人間である以上、例外はない。

余談ながら、わたしはこうした承認をあまり受けずに育った。とりわけいちばん大切と思う身近な人間たち、すなわち肉親のことだが、わたしは彼らからついにハンコをもらうことができなかった。目立って不幸な少年時代をおくったわけではない。しかし、わたしの人生は、ひたすら彼らからOKをもらうために費やされた。その結果、路上で死ぬことを求められ、現在に至っている。

ふと思うのだが、ときに、
「もっと自分を大切にしなさい」
「自分を愛しなさい」
という人を見かけるのだけれど、わたしにはこの意味がわからない。自分を大切にするって、いったいどういうことなんだろう? それはどんな感じがするものなのだろう? それはどうすれば実現できるのだろう? まったくわからない。自分を愛するだって? それはいったいどんな感じなんだい? どうすればそれを感じられるんだい?

……話を戻そう。たとえば、あなたが子供のとき虐待を受け、あるいはネグレクトされ、または褒められたことさえなく、大人になったら会社では怒鳴られっぱなし、挙句の果てにクビになり、妻からは役立たずの粗大ゴミ扱いされ、夫からは奴隷のように扱われ、子供からはバカにされて口もきいてもらえず、近所では悪口をたたかれる。このようにまったく未承認の状態がつづけば、あなたはまちがいなく気力を失い、最後には病気になる。

そして、すべてのホームレスは常にその境界線上にいるのである。

関連記事

武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?(続)... 先日、知人に聞いたことが、改めて「やっぱりなぁ」であった。このブログでいちばんおかしいのは、やはり作者がホームレスということなのだ。ホームレスなんだから仕事すればいいじゃん、俺たちこんなに苦労してがんばって仕事しているのに、ホームレスがよりによってなんでブログなんか書いているんだ、ふざけやがって……...
路上の償い ぼくはよく自分を悪党と呼ぶが、これは悪党だからそう呼ぶのであって、善人のぼくがホームレスになったわけでは決してない。だからこの話を書くことにしたのだが、ぼくはたとえば家の金を使い込んだことがある。金庫を開けて家人の金から幾枚かの札を抜き取ったときには、みずからショックで目まいを起こし、その金を前にし...
勝つことだけを信じて 書店を眺めたりインターネットを歩いていると、近ごろやたらと眼につくことばがある。特定の単語というよりも、ひとつの方向を指し示すキーワードの群れだ。それは「金持ちナントカになる法則」だの「ここがちがう成功者のナントカ」だの「絶対に勝つためのナントカ」だの、そういった一連のことばの群れである。こうしたも...
聖夜の祈り 静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、...
スポンサーリンク