ネットカフェ難民のサロン

スポンサーリンク

僕はまいにち、「なにか」をさがして・・・」の松岡秀明さんが、ネットカフェに寝泊りしながら仕事をしているいわゆる「ネットカフェ難民」(ネットカフェワーカー、ネットカフェホームレス)のためのサロンをmixi内に開設している。

 ほかにもいくつかコミュニティはあるようだが、ここでは「この生活の「最大の敵」は「孤独」だ」という見解に基づいて、このコミュニティを通じて友人を作るなり情報交換をするなりして、ネットカフェの生活から脱してもらいたい意向のようだ。支援しようと同調する人たちも現れてはきていて、しかし当事者の様子がわからないために四苦八苦している様子がうかがえる。

 孤独が最大の敵かどうかは議論の余地があるだろうし、また問題の当事者が参加している様子が見当たらないのは残念だが、試みとしてはたいへんにおもしろい。

 ネットカフェ難民については、3月7日放映の日本テレビ「NEWS ZERO」が報道した動画をYuoTubeからごらんいただきたい。

 YouTubeを観るには最新のFlash Playerが必要。ダウンロードはこちらから

 厄介なのは、ぼくの知る限りネットカフェ難民とか呼ばれる当事者は、必ずしも熱心にインターネットを使っているわけではないということだ。マンガを読んだりテレビを見ている奴のほうが多い。あるいはゲーム、または単に寝ているので、ましてやmixiという会員制のネットワークに参加する機会はほとんどないといってもよいだろうと思う。

 ぼくは日雇い派遣労働者としてのネットカフェ難民とは別口だし、そもそも若者じゃないけれども、ネットカフェを使うホームレスの経験でいえば、自分のブログが忙しくてmixiまで手がまわらない。つーか、そもそも招待してくれる人がいなかったので、mixiの会員になれなかった時期が非常に長かった。ぼくを誘ってくれたのは、ホームレスやネットカフェ難民とはまったく関係のない人だった。ネットを通じて友人なり知人なりを持つのは、個人の資質が関係するにしても、これまた相当にむずかしいのだ。

 ここでひとつはっきりとわかるのは、ネットカフェ難民を支援しようと思ったら、積極的にアウトリーチしてゆかないとダメだということだろう。現実に彼らを援助するのならば、深夜のネットカフェに足を運ぶ必要さえある。あるいは夕方や明け方に張り込んで、それらしき人たちに直接声をかけてゆかなければ、その存在すら認めることができないだろう。

 海の底深く沈んでいる層はみずから浮かんでくることなどほとんどなく、こちらから潜ってゆかなければ見つけることさえむずかしい。援助の対象としてはきわめて厄介なのである。

関連記事

’07参院選 選風 ネットカフェ難民 1畳の暮らし 1票遠く... 「’07参院選 選風 ネットカフェ難民 1畳の暮らし 1票遠く」と、6月30日付・東京新聞夕刊が報じた。  今月下旬の夜、ネオンが輝く東京・新宿の歌舞伎町の一角。24時間営業の「ネットカフェ」に出入りする人に、背広姿のグループがビラを手渡していた。  「何か困ったことはありません...
ネットカフェ難民報道リスト  ネットカフェ難民報道の主要なリスト。 生活困窮の若者、ネットカフェ転々 支援団体にSOSも(2006年11月2日付・朝日新聞夕刊)→Yourpedia ネットカフェが僕の家(2006年12月23日付・朝日新聞「be」)→Yourpedia NNNドキュメント(2007年1月28日...
マック難民とファミレス難民  ネットカフェ難民という呼び方はすでに定着しつつあるようだが、そんな中で新たな難民が発見されたらしい。「コーヒー1杯で「宿泊」 「マック難民」が急増」(3月30日付livedoorニュース)が報じた。 「マック難民」という言葉が誕生した。ハンバーガーショップ「マクドナルド」の24時間営業店舗に...
ネットカフェ難民報道(プレミアA)  メディアが騒ぐとこのブログの訪問者が増えるのですぐにわかるのだが、7月15日の「プレミアA」とかいう番組では、またぞろネットカフェ難民の特集を組んでいたそうである。見ていないので内容はよくわからないけれど、特定の取材対象者を追い込んでいったものらしい。  いくつかのブログでこの番組を取り...
スポンサーリンク