ネットカフェ難民のサロン

スポンサーリンク

僕はまいにち、「なにか」をさがして・・・」の松岡秀明さんが、ネットカフェに寝泊りしながら仕事をしているいわゆる「ネットカフェ難民」(ネットカフェワーカー、ネットカフェホームレス)のためのサロンをmixi内に開設している。

 ほかにもいくつかコミュニティはあるようだが、ここでは「この生活の「最大の敵」は「孤独」だ」という見解に基づいて、このコミュニティを通じて友人を作るなり情報交換をするなりして、ネットカフェの生活から脱してもらいたい意向のようだ。支援しようと同調する人たちも現れてはきていて、しかし当事者の様子がわからないために四苦八苦している様子がうかがえる。

 孤独が最大の敵かどうかは議論の余地があるだろうし、また問題の当事者が参加している様子が見当たらないのは残念だが、試みとしてはたいへんにおもしろい。

 ネットカフェ難民については、3月7日放映の日本テレビ「NEWS ZERO」が報道した動画をYuoTubeからごらんいただきたい。

 YouTubeを観るには最新のFlash Playerが必要。ダウンロードはこちらから

 厄介なのは、ぼくの知る限りネットカフェ難民とか呼ばれる当事者は、必ずしも熱心にインターネットを使っているわけではないということだ。マンガを読んだりテレビを見ている奴のほうが多い。あるいはゲーム、または単に寝ているので、ましてやmixiという会員制のネットワークに参加する機会はほとんどないといってもよいだろうと思う。

 ぼくは日雇い派遣労働者としてのネットカフェ難民とは別口だし、そもそも若者じゃないけれども、ネットカフェを使うホームレスの経験でいえば、自分のブログが忙しくてmixiまで手がまわらない。つーか、そもそも招待してくれる人がいなかったので、mixiの会員になれなかった時期が非常に長かった。ぼくを誘ってくれたのは、ホームレスやネットカフェ難民とはまったく関係のない人だった。ネットを通じて友人なり知人なりを持つのは、個人の資質が関係するにしても、これまた相当にむずかしいのだ。

 ここでひとつはっきりとわかるのは、ネットカフェ難民を支援しようと思ったら、積極的にアウトリーチしてゆかないとダメだということだろう。現実に彼らを援助するのならば、深夜のネットカフェに足を運ぶ必要さえある。あるいは夕方や明け方に張り込んで、それらしき人たちに直接声をかけてゆかなければ、その存在すら認めることができないだろう。

 海の底深く沈んでいる層はみずから浮かんでくることなどほとんどなく、こちらから潜ってゆかなければ見つけることさえむずかしい。援助の対象としてはきわめて厄介なのである。

関連記事

ネットカフェ難民を追う者たち ■4月27日 この調査が新聞記事になっているので追記しておく。「ネットカフェ:生活の拠点にする若者、全国に拡大」(MSN毎日インタラクティブ)。 個人加盟の労働組合、首都圏青年ユニオン(伊藤和巳委員長)などが10都府県のネットカフェで実態調査したところ、すべての都府県で、ネットカフェを生活の拠点に...
「ネットカフェ難民 「しんどい」と訴える妊婦まで」... 釜ケ崎支援機構が大阪市の委託でおこなった調査を「<ネットカフェ難民>「しんどい」と訴える妊婦まで 100人の実態調査」(毎日新聞・2008/05/22)より。 ◇妊娠「部屋を借りたい。しんどいよ」  30代前半の女性は派遣会社に登録し、午前8時から午後5時15分まで働く。時給800円。高校卒...
インサイダーとしてのネットカフェ難民... 代表的なネットカフェ難民の当事者ブログには、 堅紳とハムとにゃんの大冒険~人生という大海原で奮闘する航海日誌~ ネットカフェ難民ブログ おかまネットカフェ難民生活記録 といったものがある。1番目はテレビのネットカフェ難民特集でシュウジさんとして紹介されていた人のブログで、その影響からか一時はひど...
「ネットカフェ難民ブログ」の顛末 「ネットカフェ難民ブログ」というのがあって、これはなんらかの事情でアパートを追い出された元ニートの女性が、ネットカフェ難民としての日々をリアルタイムでつづるという、まさに時流に乗ったブログである。 管理人さんは幸いにして難民生活1ヶ月に満たないうちに友人宅に世話になることができ、現在はネットカフェ難...
スポンサーリンク