二分化されてゆく社会意識

スポンサーリンク

ニートが社会問題として注目されはじめたとき、彼らを訓練して社会参加させてゆく議論がもっぱらだった。「若者自立塾」などというのはその集大成で、ニートや引きこもりの子たちを社会参加させてゆく試みが、厚生労働省主導で現在もおこなわれている。

ところがその一方で、たとえばフリーターなどの議論で最近耳にすることに、「フリーターのままでも生きてゆける社会の実現」といった方向性がある。『フリーターにとって「自由」とは何か』(杉田俊介/人文書院)の著者も同様のことを語っているが、個人の現状を肯定してゆこうという方向であるのだろう。

ホームレスにもやはりおなじようなことがあって、「ホームレス文化」の小川てつヲさんなどは、悲惨と思われがちなホームレス生活の中に文化的な豊かさを見出すという肯定的な視線で、ホームレス問題を語りつづけている。

格差社会ということばが巷を跋扈(ばっこ)しはじめて久しいが、ネオコンだかネオリベだかの新自由主義者たちの口癖である「自己責任」と「自助努力」によって現在の社会に参加してゆくことを目指す方向と、いやむしろ問題とされている個人の現状を肯定してゆこうとする方向と、人々の考え方もまた二極化し、意識上にもある種の格差が生まれ、進行しつつあるような気がする。

この二極化が進むとどのような社会がおとずれるのか。一方は幸せを感じる余裕もなくがむしゃらに働いて、あわよくば左うちわの生活をもくろむのか。あるいはもう一方は、貧乏であっても精神的に豊かで幸せな生活を送るのか。

数量的に拮抗する、あるいは無視できぬほどに増えれば、社会そのものが大きくシフトする可能性はあるが、これもまたあまり現実的な話ではないかも知れない。むしろ、上へも下へも身動きが取れない中間層が肥大化しつつあるのが現実か。

関連記事

世帯の所得格差、過去最大に 「世帯の所得格差、過去最大に…厚労省調査の05年ジニ係数」と8月24日付・読売新聞が報じた(Yahoo!ニュースより)。  厚生労働省は24日、世帯ごとの所得格差の大きさを表す2005年のジニ係数が0・5263で、過去最大になったとする「05年所得再分配調査」の結果を発表した。  同省は、一般的...
ネットカフェ難民・ワーキングプア・ホームレス...  ぼくは以前から自分を新しいタイプのホームレスだと思っていたし、それどころか果たしてホームレスの範疇にさえ入るのかどうか、ずいぶんと悩んだものである。するてぇと「もやい」のトピックスに「生活困窮の若者、ネットカフェ転々 支援団体にSOSも」という新聞記事が紹介されているのを見つけたのだった。 ...
日本人、哀れなり 数日前に毎日新聞に「ニートやフリーターは本人の責任か、社会の責任か?」というアンケートの結果が載っていた。8割ぐらいの人たちが「本人の責任」と答えていた。哀れな結果だと思った。 年齢別では、やや低い数字を示している10代の若者から数値が上がりはじめ、30代、40代の働き盛りでピークを迎える。高齢...
「フリーターが語る渡り奉公人事情 」ウォッチ... 労働問題、とりわけフリーター問題に特化した著名なブログに「フリーターが語る渡り奉公人事情」がある。親ブログである「オルタナティブ大学 on Blog」からは、むかしトラックバックをいただいたことがあったけれど、「フリーター……」とはついにご縁がなかった。 ぼくも正社員経験がなく、いってみれば純粋なフ...
スポンサーリンク