『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』を読む

スポンサーリンク

東京大学先端科学技術研究センター「ジャーナリスト養成コース」の履修者である宮田清彦さんが、ぼくへのインタビューをルポにまとめてくださいました。たいへんな力作で、ありがたいことだと感謝しております。

事前に草稿を拝読しましたが、名称や時期のまちがい、若干のオフレコ部分を除いて、ぼくは内容に一切タッチしませんでした。「そんな意味でいったんじゃない」とか「誤解だ」とか、いろいろと訂正を求める人もいるらしいのですが、なにをどう書こうと、それは書き手の見方、捉え方、考え方によるものだからです。たとえボロクソに書かれても、文句をいうつもりはありませんでした。

では『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』とは、いかなる内容なのか? 宮田清彦さんというジャーナリストの卵は、ぼくをどう見てどう捉えたのか? ぼくになにを感じなにを考え、ぼくを通してなにを見たのか? 彼はなにをどう感じどう考える人間なのか? 彼はいったいどのような人間であるのか? 非常にスリリングなルポです。ぜひご一読を。

■『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』宮田清彦

関連記事

「自立生活サポートセンター・もやい」の窮地・その後... リプラス破綻で資金援助を受けていた「自立生活サポートセンター・もやい」が窮地に立った話だが、1ヶ月あまりで総額3,400万円以上(!)の寄付が集まったそうで、来年度までの活動には支障をきたさなくなったようだ。よかったね。 しかし、この金額の大きさには、多くのホームレス団体が度肝を抜かれたり腰を抜...
カウンセリング的視点から クリニカル・サイコロジー 臨床心理学。主に病理を持つクライエントに対して、治療的に関わるセラピスト(精神科医・臨床心理士)としての領域 カウンセリング・サイコロジー カウンセリング心理学。主に健常人に対して、予防・自己実現・自己成長・能力開発的に関わるカウンセラーとしての領域 ソーシャルワー...
10万人のホームレス  新潟県中越地震はたいへんなことになっているようだ。当初はその規模や被害の報道が多かったように思うが、時間が経つにつれ、被災民の過酷な避難状況にメディアの焦点が移行しつつある。  以前『住まいは人権か』で阪神大震災の状況に触れたけれども、おなじようなことが新潟でも起こりつつあるように思う。...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
スポンサーリンク