『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』を読む

スポンサーリンク

東京大学先端科学技術研究センター「ジャーナリスト養成コース」の履修者である宮田清彦さんが、ぼくへのインタビューをルポにまとめてくださいました。たいへんな力作で、ありがたいことだと感謝しております。

事前に草稿を拝読しましたが、名称や時期のまちがい、若干のオフレコ部分を除いて、ぼくは内容に一切タッチしませんでした。「そんな意味でいったんじゃない」とか「誤解だ」とか、いろいろと訂正を求める人もいるらしいのですが、なにをどう書こうと、それは書き手の見方、捉え方、考え方によるものだからです。たとえボロクソに書かれても、文句をいうつもりはありませんでした。

では『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』とは、いかなる内容なのか? 宮田清彦さんというジャーナリストの卵は、ぼくをどう見てどう捉えたのか? ぼくになにを感じなにを考え、ぼくを通してなにを見たのか? 彼はなにをどう感じどう考える人間なのか? 彼はいったいどのような人間であるのか? 非常にスリリングなルポです。ぜひご一読を。

■『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』宮田清彦

関連記事

ホームレスと非ホームレスの距離 わたしがネットで犯した最大のまちがいは、おそらくボランティアを敵にまわしたことだろう。ご存知のように、わたしはボランティアのみなさんにはかなり厳しい注文をつけてきた。それはホームレスに対する認識、とりわけその精神性に関する認識におおきな隔たりがあったためだ。 ホームレスは特別な人種ではない。いみ...
NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織... 古い記事で恐縮だが、5月1日付の東京新聞が「NPOが来月結成 ホームレス支援全国組織」と報じた。  ホームレス支援に取り組む各地の特定非営利活動法人(NPO法人)などが、全国規模のネットワーク組織を六月に発足させることを決めた。  支援団体は別々に活動してきたが、多様化するホームレス問題に対...
ホームレス支援活動のマトリックス 時間管理のマトリックス   緊急 緊急でない 重要 第1領域 第2領域 必須 生産性とバランス ■締切のある仕事や会議■差し迫った問題■クレーム処理■病気や事故■危機や災害 ■豊かな人間関係づくり■勉強や自己啓発■準備や計画■予防■健康維持■真の意...
『居住福祉』(早川和男/岩波新書)... 物理的な側面でいえば、ホームレスにはまず住居が必要だ。6畳程度の個室でちいさくても台所のついたもの、プライバシーの確保できる空間が必要である。 最近、居住権のことを調べはじめたのだけれども、人間にとっていかに住まいが大切か、再確認させられた。たとえば阪神大震災。被災者の多くは学校や体育館、...
スポンサーリンク