『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』を読む

スポンサーリンク

東京大学先端科学技術研究センター「ジャーナリスト養成コース」の履修者である宮田清彦さんが、ぼくへのインタビューをルポにまとめてくださいました。たいへんな力作で、ありがたいことだと感謝しております。

事前に草稿を拝読しましたが、名称や時期のまちがい、若干のオフレコ部分を除いて、ぼくは内容に一切タッチしませんでした。「そんな意味でいったんじゃない」とか「誤解だ」とか、いろいろと訂正を求める人もいるらしいのですが、なにをどう書こうと、それは書き手の見方、捉え方、考え方によるものだからです。たとえボロクソに書かれても、文句をいうつもりはありませんでした。

では『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』とは、いかなる内容なのか? 宮田清彦さんというジャーナリストの卵は、ぼくをどう見てどう捉えたのか? ぼくになにを感じなにを考え、ぼくを通してなにを見たのか? 彼はなにをどう感じどう考える人間なのか? 彼はいったいどのような人間であるのか? 非常にスリリングなルポです。ぜひご一読を。

■『一つの未来予想 ――ブロガーホームレスの絶望と軌跡――』宮田清彦

関連記事

「怒った顔がおもしろい」のでホームレスに暴行... 東京新聞の「『怒った顔がおもしろい』ホームレスに暴行」によれば、東京・荒川河川敷のホームレスに暴行などを加えた都立高男子1年生7人が逮捕されたという。今年7月18日深夜、ホームレスに向けてロケット花火約30発を発射。小石約60個を投げつけたほか、暴行を加えた疑い。生徒のひとりは、 「ホームレスなら警...
川崎市が「愛生寮」利用者枠拡大の意向... 6月11日 きのう開かれた川崎市議会で福祉局長が、ホームレス一時宿泊施設「愛生寮」の利用資格枠を拡大したい意向を示した。当初、「川崎駅周辺在住一年以上」といっていたのだが、先日の対象地域拡大に加え在住期間まで短縮し、開所一ヶ月が経過して、なお予想を下回ったままの利用者数をなんとか増加させたいようだ。...
ホームレスというタブー  雨崎良未さんのご紹介で今年の2月、「アメリカ漫画と韓国のホームレス施設」という記事を書いた。インターネットを使ってバリバリと社会活動をしているホームレスの漫画だ。その際、雨崎さんから 「日本の新聞連載漫画に常連キャラでホームレスを登場させることに抵抗があるとすればそれはなぜか。考えてみると吉」 ...
隠すかオープンにするか まずは住居 まず仕事を、というホームレスやボランティアが非常に多く見受けられるけれど、わたしはやはり住居が先だと考える。日雇いの仕事がいくら増えても、かつてのようなドヤや飯場の生活へと舞い戻るだけで、失業即ホームレスの状況は変わらない。常雇用で安定就労をしてアパートを借りる、というには、技能も資格も...
スポンサーリンク