こだわりの生き方

スポンサーリンク

元々「こだわる」とは、どうでもよい仔細なことにとらわれるという意味で、「拘泥」と同義語だった。近年になって「こだわりの一品」などという、個性を主張するための使い方をされるようになったが、本来は悪い意味で使われたことばである。

なにかにこだわるほど、人は自由を失ってゆく。なにかにとらわれるほど、人の考えは狭くなってゆく。なにかに拘泥するほど、人は柔軟さをなくしてゆく。

剣道に「止心(ししん)」と呼ばれるものがある(広義では「居つく」とも)。これは注意が一ヶ所にとどまって自由に動けなくなる状態で、打突すべき機会を逃したり隙を突かれる元になることから戒められている。要するに、こだわっている状態である。

室町の禅僧・沢庵はいう。
「葉一つに心をとらわれそうらわば、残りの葉は見えず。一つに心を止めねば、百千の葉みな見え申しそうろう。これを得心したる人は、すなわち千手千眼の観音にてそうろう」

ひとつの物事にとらわれるな、全体を見ろ、という。ひとつの視点だけでなく、多角的に見ろ、という。とどまるな、常に流れろ、という。流れぬ水はよどむ。よどんだ水はいつかは腐る。

「生き方」にこだわらなくともよいのだ。「生き方」にこだわることこそが、まさに「生き方」をよどませる道だから。

関連記事

ホームレスの傘は夜ひらく  梅雨だから、というわけじゃない。川崎市内の某所では、夜な夜なホームレスたちの傘が開く。傘などあってもなくても実質はほとんど変わらないが、心理的な壁なのだと思う。...
いまだ哀しみを知らぬ者たちに捧ぐ ホームレスとは、生きる哀しみを心に刻み込んだ者たちのことである。 あなた方がもしもいまだ哀しみを知らぬ生を送っているのだとしたら、ホームレスのうちに宿る一片の哀しみを探し出すがよい。探し出して、身にまとうがよい。あなた方が知るべきは哀しみである。あなた方は弱過ぎる。哀しみを知らぬがゆえに。 自己...
あるじなき摩天楼(地獄と天国)  5月23日の早朝に撮影。こぎたない雑居ビルが建ち並ぶ薄暗い路地の向こう、建設中の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小杉」。地上59階建、高さ200メートルを超えるというとんでもないバケモノ。  路地を抜けると川崎中南部の要所、東急東横線「武蔵小杉駅」があり、付近は東京電力や不二サッシの...
眠りを拒絶するベンチ(その4)  川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやって...
スポンサーリンク