こだわりの生き方

スポンサーリンク

元々「こだわる」とは、どうでもよい仔細なことにとらわれるという意味で、「拘泥」と同義語だった。近年になって「こだわりの一品」などという、個性を主張するための使い方をされるようになったが、本来は悪い意味で使われたことばである。

なにかにこだわるほど、人は自由を失ってゆく。なにかにとらわれるほど、人の考えは狭くなってゆく。なにかに拘泥するほど、人は柔軟さをなくしてゆく。

剣道に「止心(ししん)」と呼ばれるものがある(広義では「居つく」とも)。これは注意が一ヶ所にとどまって自由に動けなくなる状態で、打突すべき機会を逃したり隙を突かれる元になることから戒められている。要するに、こだわっている状態である。

室町の禅僧・沢庵はいう。
「葉一つに心をとらわれそうらわば、残りの葉は見えず。一つに心を止めねば、百千の葉みな見え申しそうろう。これを得心したる人は、すなわち千手千眼の観音にてそうろう」

ひとつの物事にとらわれるな、全体を見ろ、という。ひとつの視点だけでなく、多角的に見ろ、という。とどまるな、常に流れろ、という。流れぬ水はよどむ。よどんだ水はいつかは腐る。

「生き方」にこだわらなくともよいのだ。「生き方」にこだわることこそが、まさに「生き方」をよどませる道だから。

関連記事

勝つことだけを信じて 書店を眺めたりインターネットを歩いていると、近ごろやたらと眼につくことばがある。特定の単語というよりも、ひとつの方向を指し示すキーワードの群れだ。それは「金持ちナントカになる法則」だの「ここがちがう成功者のナントカ」だの「絶対に勝つためのナントカ」だの、そういった一連のことばの群れである。こうしたも...
ホームレス、自業自得 ホームレスなんざ自業自得よ。ほかの奴らは知らねぇが、俺自身は自業自得よ。俺にゃ善人ヅラは似合わねぇ。人に与えるものなんか、なにひとつ持っちゃいねぇからな。俺は奪うだけの人間だ。それだから悪党なのさ。...
明るく元気で前向きにガンバる やーど~もぉ。武州無宿の健次郎でゴザイマス。健ちゃんと呼んでくださいネ。 いやーこれでも毎日なかなかたいへんなのですが、いやー空き缶集め、いやービッグイシュー、いやー交換日記、いやー炊き出し、いやーお付き合い、いやーなかなかどうして実行はむずかしく、食うや食わずってなモンですが、いやーこんなんでへこ...
年忘れホームレス座談会 「なんじゃ、健次郎。おぬし、またひとりぼっちになってしまったのう」 「よせやい。元に戻っただけじゃねぇか」 「そうもいえるが……。で、どうじゃったかな。ブログを1年半やってみて」 「……疲れた、というのが率直なところだな」 「そうか、疲れたか」 「俺のような状況にあって、ふつう、こういうことはしね...
スポンサーリンク