こだわりの生き方

スポンサーリンク

元々「こだわる」とは、どうでもよい仔細なことにとらわれるという意味で、「拘泥」と同義語だった。近年になって「こだわりの一品」などという、個性を主張するための使い方をされるようになったが、本来は悪い意味で使われたことばである。

なにかにこだわるほど、人は自由を失ってゆく。なにかにとらわれるほど、人の考えは狭くなってゆく。なにかに拘泥するほど、人は柔軟さをなくしてゆく。

剣道に「止心(ししん)」と呼ばれるものがある(広義では「居つく」とも)。これは注意が一ヶ所にとどまって自由に動けなくなる状態で、打突すべき機会を逃したり隙を突かれる元になることから戒められている。要するに、こだわっている状態である。

室町の禅僧・沢庵はいう。
「葉一つに心をとらわれそうらわば、残りの葉は見えず。一つに心を止めねば、百千の葉みな見え申しそうろう。これを得心したる人は、すなわち千手千眼の観音にてそうろう」

ひとつの物事にとらわれるな、全体を見ろ、という。ひとつの視点だけでなく、多角的に見ろ、という。とどまるな、常に流れろ、という。流れぬ水はよどむ。よどんだ水はいつかは腐る。

「生き方」にこだわらなくともよいのだ。「生き方」にこだわることこそが、まさに「生き方」をよどませる道だから。

関連記事

梅雨なる季節 この季節、路上はほんとうに厄介な場所だ。 雨、雨、雨…… 傘などあろうがなかろうが、ほとんど意味などない。ちょっと歩けば、足元はすぐにびしょ濡れになってしまうからである。それがまたいつ乾くとも知れず、不快きわまりないのだ。 日中といわず夜間といわず、寝場所が極端に少なくなるのも頭が痛い。明日どころか...
いつもの風景  2月1日深夜に撮影した川崎市内の某電話ボックス。暖冬とはいえかなり冷え込んでいても、ホームレスはご覧のとおりダンボール1枚でへっちゃらだ。ちなみに、ドアの下部分は大きくえぐれていて素通しになっており、防寒にはまったく役立っていない。...
どうでもよいこと、どうでもよくないこと... ここしばらく、なにも書く気が起こらない。いや、実際には、なにかいろいろ書いてみたりはした。世間では実にさまざまなことが入れ替わり立ち代わり起こっていて、ぼくだって人並みにはなにごとかを考えてみたりはするのだ。 星野仙一さんが槍玉に挙げられていた。この人が叩かれるのはしかたがない。兵が優秀でも指揮...
ある引っ越しにて ぼくは途方に暮れたまま、呆けたように立ち尽くしていた。あらかたの荷物はトラックに積み込んだが、洗濯機だけがどうしても動かせないのだ。中はほとんど空っぽのくせに、底のほうに重たいモーターかなにかが詰まっているのだろう。低重心でひどくバランスが悪くて、ひとりで運ぶには重過ぎるのだった。 十年以上前の...
スポンサーリンク