人生30点主義

スポンサーリンク

なんでも完璧にこなそうとすると、ぜんぜんそうできない自分に嫌気が差しちゃう。いつも100点満点、いや120点を目指しちゃうと、70点ぐらいの自分が嫌になっちゃう。

だから「人生80点主義」なんてものがあるのだけれど、俺は80点も要らないや。30点でいい、30点で。赤点ギリギリでいいよ。

ホームレスってな赤点かも知らんけども、人生にゃ赤点の日々もある。俺の人間性は赤点かも知らんけども、人にゃ赤点の部分もあるさ。いいじゃないか、それで。

関連記事

深夜のホームレス、土砂降りに遭う  深夜の公園にいると、ゴゴゴーッとトラックが近づいてくるような音がして、これがなかなか通り過ぎない。どうも妙なトラックだなぁと思っていたら、ブツ、ブツッと音がして、とたんに土砂降りとなった。寝苦しい夜には恵みの雨だが、ベンチが使えなくなるのが困りもの。  ふと思い出してパチリとやったが、長時間...
ホームレスとは、なにかを諦めること... ホームレスとは、なにかを諦めること。 それは、家族と作る幸せな家庭かも知れない。 充実した仕事をこなすことかも知れない。 毎日を笑顔で楽しく過ごすことかも知れない。 仕事での成功や社会的な地位、名誉などといったものではない。 誰しもが目指し、そうして簡単にできると思っていること。 平凡に生きるこ...
ホームレスの将来  ホームレスに将来があるか、と問われたら、躊躇なく「ない」と答える。ホームレスの将来とは、すなわちワーキングプアのことだからだ。  ホームレス脱出、などといったところで、所在なきワーキングプアから、住まいのあるワーキングプアに出世するだけである。そこがホームレスのドン詰まりだ。その先に道はない...
眠る健次郎  5月23日の深夜、公園の古ぼけたベンチで寝る自分を撮影。暗くてよくわからないが、手前が頭で向こうが足である。身体を右の背もたれのほうに横向けている。ひざが曲がっているのはベンチの長さが足りないためだ。  この日も寒くて2時間ぐらい眠るのが限度だった。白く浮き出た手が、自分のものとはいえ、...
スポンサーリンク