ほんとうはなにもできない自分

スポンサーリンク

俺はよく傷ついた傷ついたっていって騒ぐんだけども、ほんとうはそれとおなじぐらい、あるいはそれ以上に人を傷つけているんだ。意図的に傷つけることもあるし、気づかないうちに不用意に傷つけてしまうこともある。

当代の幸四郎が子供のころ、父親の白鸚(はくおう)に稽古をつけてもらっていたときのこと、なにかの所作でひどく怒られたという話がある。幸四郎はそれが非常に大事なことなのだろうと思い、その後はそのことに特に気を付けた。ところが後年、それを父親に話すと白鸚はきょとんとして、そんなことがあったか、といい、機嫌でも悪かったんだろう、といわれ、幸四郎は愕然としたというんだ。

いった本人が意図しない意味を相手が受け取ることがあって、だからコミュニケーションはむずかしいのだけれども、逆にいえば相手の態度をどう受け止めるかも自分自身にかかっているわけで、そこいらで傷ついたり傷つかなかったりもできるんだな。

最近「粗忽(そこつ)」という懐かしいことばを聞いたのだけれど、たとえばひどく傷つけられた相手に対して「なんて無神経でいい加減なヤツなんだッ!」と怒って罵るよりは、「あぁ、この人って粗忽モノなんだなぁ」と笑顔でやり過ごすほうが、たぶんずっと素敵な生き方なんだ。

俺の目指す人間性のひとつに「清濁併せ呑む」というのがあって、こりゃまた途方もなく高い山なんだけれども、同時に「清濁併せ持つ」って目標もあって、「清」はともかく「濁」のほうはいくらでも持っている。まぁ立派なことをやってみたかと思えば、その一方でグダグダになってみたり……、人間の幅というか、人間性の上から下までを持っていたいという欲深な性格なんだけど、そういう生き方ができればやっぱり素敵だと思う。

俺は自分を「ほんとうはなにもできない自分」って思ってて、なにかしようとしてズッコケては無価値感・無力感にとらわれてしまい、「あぁ、自分には価値がないんだ」ってなっちゃうんだ。だからこそ、虚勢を張って背伸びして自分をデカく見せ「どんなもんよッ!」とやって、傷つけてくる相手には防衛的に攻撃的になって「痛てぇなコノヤロウッ!」とやり返すわけだけど、こいつを「あ、そこ痛い。勘弁ね」と穏やかにやり過ごせる心もちになれれば、やっぱりこれも素敵な生き方だなぁと思う。

そういう素敵な生き方をしてみたいんだよね。

関連記事

外道ホームレス ぼく自身、常に自分の在り方におおきな戸惑いを覚えている。このトピックを書くことは、ほんとうに必要なのか? 読者はどう感じるだろうか? 不愉快にならないだろうか? 少なくとも、楽しい気分になることはないだろう。そんなトピックを書くことが、ほんとうに必要なのか? といった疑問である。そうして、結局はそん...
悪党という役まわり 袖すり合うも他生(多生)の縁、などといって、どれほどちいさなことであれ、自分の人生に少しでも関わる人は、なにがしかの理由があって関わっているのだ、と考えることもできる。偶然なのか必然なのか。必然と考えるのは運命論だけれど、偶然に起こったことに自ら意味を与えれば、それは必然となる。偶然という名の必然だ...
ホームレスが生き抜くための自転車  空き缶満載の自転車など、都会では珍しくもない。携帯電話に付いているカメラの広角レンズでここまで寄るのは珍しいかも知れない。横顔のショットになってしまったので、フォトレタッチソフトを使ってお顔やお洋服に細工をさせてもらった。まるで整形外科医のような気分になった。レタッチは好きじゃないが、どこの誰...
年忘れホームレス座談会 「なんじゃ、健次郎。おぬし、またひとりぼっちになってしまったのう」 「よせやい。元に戻っただけじゃねぇか」 「そうもいえるが……。で、どうじゃったかな。ブログを1年半やってみて」 「……疲れた、というのが率直なところだな」 「そうか、疲れたか」 「俺のような状況にあって、ふつう、こういうことはしね...
スポンサーリンク