ほんとうはなにもできない自分

スポンサーリンク

俺はよく傷ついた傷ついたっていって騒ぐんだけども、ほんとうはそれとおなじぐらい、あるいはそれ以上に人を傷つけているんだ。意図的に傷つけることもあるし、気づかないうちに不用意に傷つけてしまうこともある。

当代の幸四郎が子供のころ、父親の白鸚(はくおう)に稽古をつけてもらっていたときのこと、なにかの所作でひどく怒られたという話がある。幸四郎はそれが非常に大事なことなのだろうと思い、その後はそのことに特に気を付けた。ところが後年、それを父親に話すと白鸚はきょとんとして、そんなことがあったか、といい、機嫌でも悪かったんだろう、といわれ、幸四郎は愕然としたというんだ。

いった本人が意図しない意味を相手が受け取ることがあって、だからコミュニケーションはむずかしいのだけれども、逆にいえば相手の態度をどう受け止めるかも自分自身にかかっているわけで、そこいらで傷ついたり傷つかなかったりもできるんだな。

最近「粗忽(そこつ)」という懐かしいことばを聞いたのだけれど、たとえばひどく傷つけられた相手に対して「なんて無神経でいい加減なヤツなんだッ!」と怒って罵るよりは、「あぁ、この人って粗忽モノなんだなぁ」と笑顔でやり過ごすほうが、たぶんずっと素敵な生き方なんだ。

俺の目指す人間性のひとつに「清濁併せ呑む」というのがあって、こりゃまた途方もなく高い山なんだけれども、同時に「清濁併せ持つ」って目標もあって、「清」はともかく「濁」のほうはいくらでも持っている。まぁ立派なことをやってみたかと思えば、その一方でグダグダになってみたり……、人間の幅というか、人間性の上から下までを持っていたいという欲深な性格なんだけど、そういう生き方ができればやっぱり素敵だと思う。

俺は自分を「ほんとうはなにもできない自分」って思ってて、なにかしようとしてズッコケては無価値感・無力感にとらわれてしまい、「あぁ、自分には価値がないんだ」ってなっちゃうんだ。だからこそ、虚勢を張って背伸びして自分をデカく見せ「どんなもんよッ!」とやって、傷つけてくる相手には防衛的に攻撃的になって「痛てぇなコノヤロウッ!」とやり返すわけだけど、こいつを「あ、そこ痛い。勘弁ね」と穏やかにやり過ごせる心もちになれれば、やっぱりこれも素敵な生き方だなぁと思う。

そういう素敵な生き方をしてみたいんだよね。

関連記事

The Long Goodbye 「The Long Goodbye」とは邦題を『長いお別れ』という、レイモンド・チャンドラーの手になる探偵小説のタイトルである。すでにお知らせしたようにブログの終了に伴い、その名にかこつけて書き残したことをいつもの減らず口で最後に。 ***  なぜホームレスなんだ? というご質問が多かっ...
明るく元気で前向きにガンバる やーど~もぉ。武州無宿の健次郎でゴザイマス。健ちゃんと呼んでくださいネ。 いやーこれでも毎日なかなかたいへんなのですが、いやー空き缶集め、いやービッグイシュー、いやー交換日記、いやー炊き出し、いやーお付き合い、いやーなかなかどうして実行はむずかしく、食うや食わずってなモンですが、いやーこんなんでへこ...
ホームレス列伝(1)  夕暮れに薄汚れた真っ黒なスーツを着て出かけ、朝方にうつろな瞳で帰ってくる。キマッているのだかいないのだか、パンツは丈が足りずにツンツルテンで、革靴もところどころが剥げあがっている。ぼくと眼と眼を合わせても、睨んでいるのだか無関心なのか、影のようにとおり過ぎてゆく男だった。  ホームレス施設が闇の...
毒の盛り方 平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学M.スコット ペック M.Scott Peck 森 英明 草思社 1996-12by G-Tools この本はだいぶ以前に話題になったから、ご記憶の人も多かろう。おどろおどろしいタイトルがついているが、精神疾患の一種である人格障害を取り扱った書で、セラピス...
スポンサーリンク