進め、健次郎ッ!

スポンサーリンク

さ、そろそろ涙も枯れ果てたかな。酒を呑むのも終わり、断食も終わり。

最近のトピックで書いてきた俺に対する批判は、そのほとんどが実際にはいわれたことのない批判である。大半は俺が俺自身に向けた、俺自身が作り出した批判なのだ。そうして俺は自分を責め、自身を奈落の底へと突き落としてゆく。が、今はそれでよい。「今の」俺自身を受け容れてゆくためにはそうすることが必要で、そうして初めて「今の」俺が変化できるのだから。

過去と他人は変えられない、変えられるのは自分だけ。俺は自分を変えることで他人を変えてゆく。それが自然の原理であることを知っている。自然には誰も逆らえない。いや、逆らうことはできる。しかし、その結果の責任を負うことになる。分離すれば対立を生み、それは最終的に常に破壊という状況を生む。そいつは歴史が証明している。だから、俺は他人を変えるのではなく、自分を変えてゆく道を進むんだ。

俺は「流れ」を読む。「流れ」を作り出す。流れに逆らった者がどうなるかを知っている。スポーツだろうとギャンブルだろうと人間関係だろうと市民運動だろうと、そして人生だろうと、その原則は変わらない。流れに逆らって勝利する者はいない。だから、俺は自分の流れを作り出し、そいつに乗って進むんだ。

進め、健次郎。帆を高く掲げて進め。みずから流れを作り出し、流れに乗って進め。

進め、健次郎ッ!

関連記事

こころの周波数 10日か半月ぶりぐらいにmixiに行ってみる。知人たちの日記をひととおり読んだあと、「足あと」というのを見た。これはぼくのプロフィールを見にきた人たちが残してゆくアクセス記録なのだけど、ぜんぜん知らない人たちがたくさんきていた。よくわからない。 このブログを含め、一般のサイトは、個人のブックマーク(...
武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?... わたし、武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのだろうか? 「ホームレス問題を訴える」 「ホームレスへの理解を求める」 というのはあとから取って付けたもっともらしい理由に過ぎない。正直、わたしはホームレス問題などどうでもよい。わたしが書くのは、魂のうちから否応なく吹き上がってくる衝動があるからだ。だから...
「武州無宿・健次郎のブログ」として... ホームレスに関する数値やデータや生態……。人々が知らずにいて、知ることで知識が得られるだけの、実用書みたいな「情報」。そういうものから離れたいと思いはじめてからしばらく経つ。そのせいか、最近ようやく「ホームレスのブログ」ではなく、「武州無宿・健次郎のブログ」になりつつあるような気がしている。 誰が書...
飛べない鋼鉄の小鳥たち  川崎市公文書館裏にある横断歩道。その手すりに留まっている鋼鉄の小鳥たち。彼らは永遠に飛び立つことができない。恨めしげに空を眺めるだけだ。...
スポンサーリンク