くたばれ健次郎ッ!

スポンサーリンク

俺は自己チューなんだよッ! てめぇがギリギリ生きるので目一杯で、人の心配できねぇのよッ! 人の心配しようとしても、気がつくとてめぇのことばっか考えてんのよッ! てめぇじゃどうにもならねぇのよッ! どうにもならねぇんだよッ! それが悪いか? 悪いに決まってんじゃねぇかよッ! なんだってんだ、あぁ?

あぁ? 酒、入ってます、酒。俺はふだんは下戸だけど、だから呑むわけです。まずいねぇ酒ってやつはッ! こんなもん呑む奴の気が知れねぇよ。おまけにぜんぜん酔わねぇときてやがる。もう酔ってんのかぁ?

ふつうのオヤジは酒呑んでクダ巻くのを路上でやるわけ。俺はネットカフェにきて酒呑んで、クダ巻くのをキーボード打ちながらやってるわけ。おまけにわざわざべらんめぇ口調かなんかで打つわけよ。そいで最後にゃ誤字脱字なんかもチェックしちゃうわけよ。こんなメチャクチャな精神状態でもそういうことだけはやっちゃうわけよ。バカじゃねぇか?

なんだってんだ? 俺だってむかしは人並みに人の心配できたんだよ。生まれたときから自己チューってわけじゃねぇのよ。たぶんな、たぶん。……いや、生まれたときから自己チューだったかも知れねぇ。そいでもってずっと自己チューなんだよ。あぁッ! 俺は生まれたときからずっと自己チューなんだよッ! それが悪いってのか? 悪いに決まってんじゃねぇかよッ! あぁ?

俺はね、自分のためなら人を利用するよッ! 人を利用して自分を助けるよ。人の過去も将来も全部自分のために利用して、ムチャクチャにしちゃうんだよッ! 粉々にな。それが悪いってか? 悪いじゃねぇかよッ! なーにか? あぁ?

……あー、人のために生きてぇ。てめぇのことなんざ全部投げ出して、人のために生きてぇ。でも、できねぇ。なんでできねぇんだ? あぁ? どうなってやがんだバカヤロウッ!

あぁ? 俺は人間のクズです。そうです、人間のクズでゴザイマス。なーんだってんだコノヤロウッ! 文句あるか? あるに決まってんじゃねぇかッ! こんな奴ぁくたばっちまえッ! このクズ野郎ッ! 健次郎くたばれッ! くたばっちまえ健次郎ッ! てめぇなんざ生きてる価値はねぇッ! とっととくたばりやがれッ!

ようし、これから歩くぞッ! 朝まで休まず歩きつづけて、歩きつづけの新記録つくってやる。あー? 断食を続行しますッ! 食い物を受け付けなくなってからまだ2日ぐらいだろ? ヘでもねぇ。食っても吐くし、それなら食わなくても一緒だ。断固として断食を続行しますッ!

なんだって暖冬なんだッ! 俺の周りだけ零下50度ぐらいにゃならねぇのか? そして俺だけどんどん凍ってくんだ。凍傷になってボロボロになって苦しみながらどんどん凍ってくの。凍るんだよッ! 早く凍れってんだッ! なんだってんだ、ちきしょうッ! バカヤロウッ!

関連記事

悪党という厄介な生き方 悪党という生き方は存外に厄介だ。「自分の正しさを信じない」からである。 ふつうの人間は自分を正しいと信じたいので正しさを主張し、相手を打ち負かそうとするが、悪党が主張するのは自分が正しくないことの証明のためである。相手を打ち負かそうとすることが、彼にとってはすでに正しくないからだ。彼は自分...
あとがき ~ホームレスの河~  ホームレスと非ホームレスとの境にはとても大きな河が流れていて、わたしはいつもその河を泳いで渡り、非ホームレスであるみなさんの眼の前に現れて話をする。わたしはそのときみなさんの世界にいて、わたしが体験し、そして見てきたホームレスの世界をみなさんに語る。  それは、みなさんへ贈る、わたしがホームレス...
ホームレス列伝(2)  みんながささっと夕食を済ませてさっぱりとシャワーを浴び、一服つけてさぁボチボチ横になろうかという時分だった。ぼくはベッドにも向かわずに、今や唯一の住まいとなったホームレス施設のベンチに未だうずくまっていた。  砂利を踏む湿った音に顔を上げた。痩せた青い顔が闇に浮かぶ。Aちゃんだ。 「隣、い...
なんだかぼんやり。 なんだか近ごろは、気がつくとぼんやりしている。歩きながらぼんやり、道端に座り込んでぼんやり、図書館でぼんやり、マックでぼんやり、ネットカフェでぼんやり。気力が停滞している。半年ぐらい前は、しばらくぶりに気力回復かと思えたが、再び立ち止まってしまっている。というか、元に戻ってしまった。 感覚的に、...
スポンサーリンク