くたばれ健次郎ッ!

スポンサーリンク

俺は自己チューなんだよッ! てめぇがギリギリ生きるので目一杯で、人の心配できねぇのよッ! 人の心配しようとしても、気がつくとてめぇのことばっか考えてんのよッ! てめぇじゃどうにもならねぇのよッ! どうにもならねぇんだよッ! それが悪いか? 悪いに決まってんじゃねぇかよッ! なんだってんだ、あぁ?

あぁ? 酒、入ってます、酒。俺はふだんは下戸だけど、だから呑むわけです。まずいねぇ酒ってやつはッ! こんなもん呑む奴の気が知れねぇよ。おまけにぜんぜん酔わねぇときてやがる。もう酔ってんのかぁ?

ふつうのオヤジは酒呑んでクダ巻くのを路上でやるわけ。俺はネットカフェにきて酒呑んで、クダ巻くのをキーボード打ちながらやってるわけ。おまけにわざわざべらんめぇ口調かなんかで打つわけよ。そいで最後にゃ誤字脱字なんかもチェックしちゃうわけよ。こんなメチャクチャな精神状態でもそういうことだけはやっちゃうわけよ。バカじゃねぇか?

なんだってんだ? 俺だってむかしは人並みに人の心配できたんだよ。生まれたときから自己チューってわけじゃねぇのよ。たぶんな、たぶん。……いや、生まれたときから自己チューだったかも知れねぇ。そいでもってずっと自己チューなんだよ。あぁッ! 俺は生まれたときからずっと自己チューなんだよッ! それが悪いってのか? 悪いに決まってんじゃねぇかよッ! あぁ?

俺はね、自分のためなら人を利用するよッ! 人を利用して自分を助けるよ。人の過去も将来も全部自分のために利用して、ムチャクチャにしちゃうんだよッ! 粉々にな。それが悪いってか? 悪いじゃねぇかよッ! なーにか? あぁ?

……あー、人のために生きてぇ。てめぇのことなんざ全部投げ出して、人のために生きてぇ。でも、できねぇ。なんでできねぇんだ? あぁ? どうなってやがんだバカヤロウッ!

あぁ? 俺は人間のクズです。そうです、人間のクズでゴザイマス。なーんだってんだコノヤロウッ! 文句あるか? あるに決まってんじゃねぇかッ! こんな奴ぁくたばっちまえッ! このクズ野郎ッ! 健次郎くたばれッ! くたばっちまえ健次郎ッ! てめぇなんざ生きてる価値はねぇッ! とっととくたばりやがれッ!

ようし、これから歩くぞッ! 朝まで休まず歩きつづけて、歩きつづけの新記録つくってやる。あー? 断食を続行しますッ! 食い物を受け付けなくなってからまだ2日ぐらいだろ? ヘでもねぇ。食っても吐くし、それなら食わなくても一緒だ。断固として断食を続行しますッ!

なんだって暖冬なんだッ! 俺の周りだけ零下50度ぐらいにゃならねぇのか? そして俺だけどんどん凍ってくんだ。凍傷になってボロボロになって苦しみながらどんどん凍ってくの。凍るんだよッ! 早く凍れってんだッ! なんだってんだ、ちきしょうッ! バカヤロウッ!

関連記事

外道ホームレス ぼく自身、常に自分の在り方におおきな戸惑いを覚えている。このトピックを書くことは、ほんとうに必要なのか? 読者はどう感じるだろうか? 不愉快にならないだろうか? 少なくとも、楽しい気分になることはないだろう。そんなトピックを書くことが、ほんとうに必要なのか? といった疑問である。そうして、結局はそん...
ホームレス列伝(1)  夕暮れに薄汚れた真っ黒なスーツを着て出かけ、朝方にうつろな瞳で帰ってくる。キマッているのだかいないのだか、パンツは丈が足りずにツンツルテンで、革靴もところどころが剥げあがっている。ぼくと眼と眼を合わせても、睨んでいるのだか無関心なのか、影のようにとおり過ぎてゆく男だった。  ホームレス施設が闇の...
だいじょうぶ 前なんか向かない うしろだって振り返らない 上なんか見上げない 下だって見下ろさない 静かに眼を閉じて闇の道 ただ歩いてゆけばいい 肩の荷なんか降ろさなくたって 背中の鎖 断ち切らなくたって つながれた過去すべて ちからいっぱい引きずって こころのかけら詰まったバッグ抱え ただ歩...
こだわりの生き方 元々「こだわる」とは、どうでもよい仔細なことにとらわれるという意味で、「拘泥」と同義語だった。近年になって「こだわりの一品」などという、個性を主張するための使い方をされるようになったが、本来は悪い意味で使われたことばである。 なにかにこだわるほど、人は自由を失ってゆく。なにかにとらわれるほど、人の考...
スポンサーリンク