止まらない涙

スポンサーリンク

Side A

ことの起こりはこんなことだ。かなり以前になるが、あるボランティアの運営するブログにその人の友人であるボランティアの男性がコメントし、ぼくがその男性にあいさつをしたところ無視されたという、たったそれだけのことなのである。けれど、ぼくはそのことでずいぶんと悩み、なぜ無視されたのか、なぜ相手をしてもらえなかったのか、考えつづけて相当に苦しんだものだった。

のちにブログの管理人からいろいろに言い訳されたが、結局は、
「そんなことで傷ついていては世の中は生き難い」
というお叱りをいただいたのが、ことの顛末であった。

いや、ぼくは、こんなことで傷ついてしまう自分を、むしろ誇りにさえ思っている。こんなセンシティブな感性は、ふつうはこの歳ではもう持てないものだろう。それを持っているということを、ぼくはかえって誇りに思うのだ。麻痺するままに感性を鈍化させてゆくだけのそこいらの大人たちよりも、少年のようなもろさを抱えたままの自分であることを、むしろ誇りにしている。そのことに躊躇はない。

Side B

夕べ、人なき夜道を歩きながら、涙が止まらなかった。理由など知らない。胃が締めつけられ喉が熱くなり鼻の奥にきな臭いものを感じ、そうして眼から涙がどっと溢れ出すのを止められない。何度も何度も涙が溢れ出す。震える唇を噛み締めても、どうやっても止められない。なにが哀しいのか、なにが辛いのか、そんなことはもう知らない。ただ、ひたすらに泣くだけだ。

泣くほど辛く哀しい出来事はたくさんある。死にたくなることだってたくさんある。でも、こんな自分は世界中にぼくひとりしかいないのだ。世界中どこを探したって、ぼくはぼくひとりしかいないのだ。そんなぼくを抱き締めて生きてゆくしかないじゃないか。

好きなだけ泣くがよいさ。泣けよ、ほら。

関連記事

眠りを拒絶するベンチ(その2)  川崎市幸区下平間(JR鹿島田駅付近)の公園にある「眠りを拒絶するベンチ」。平均的なタイプで、他の造りとデザインが一体化している。当初からこのようにデザインされているのであろう。肘掛けを装って自己正当化しているのがなんともイヤラシイ。発想が醜い。イコール作った人間の心が醜い。 ...
なにも届かないことばたち 「見えにくくなってゆくホームレス」のコメント欄でオセロットさんからいただいた、  このところの健次郎さんのトピックに触れながら想うのは、“個人と普遍”、“ガッカリするかもしれない読み手の在り方”と表現されたこと=一連のトピックで“哀しさ”や“喪失”を健次郎さんのスタイルで叩きつけるように刻まれ...
武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?... わたし、武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのだろうか? 「ホームレス問題を訴える」 「ホームレスへの理解を求める」 というのはあとから取って付けたもっともらしい理由に過ぎない。正直、わたしはホームレス問題などどうでもよい。わたしが書くのは、魂のうちから否応なく吹き上がってくる衝動があるからだ。だから...
路上の償い ぼくはよく自分を悪党と呼ぶが、これは悪党だからそう呼ぶのであって、善人のぼくがホームレスになったわけでは決してない。だからこの話を書くことにしたのだが、ぼくはたとえば家の金を使い込んだことがある。金庫を開けて家人の金から幾枚かの札を抜き取ったときには、みずからショックで目まいを起こし、その金を前にし...
スポンサーリンク