止まらない涙

スポンサーリンク

Side A

ことの起こりはこんなことだ。かなり以前になるが、あるボランティアの運営するブログにその人の友人であるボランティアの男性がコメントし、ぼくがその男性にあいさつをしたところ無視されたという、たったそれだけのことなのである。けれど、ぼくはそのことでずいぶんと悩み、なぜ無視されたのか、なぜ相手をしてもらえなかったのか、考えつづけて相当に苦しんだものだった。

のちにブログの管理人からいろいろに言い訳されたが、結局は、
「そんなことで傷ついていては世の中は生き難い」
というお叱りをいただいたのが、ことの顛末であった。

いや、ぼくは、こんなことで傷ついてしまう自分を、むしろ誇りにさえ思っている。こんなセンシティブな感性は、ふつうはこの歳ではもう持てないものだろう。それを持っているということを、ぼくはかえって誇りに思うのだ。麻痺するままに感性を鈍化させてゆくだけのそこいらの大人たちよりも、少年のようなもろさを抱えたままの自分であることを、むしろ誇りにしている。そのことに躊躇はない。

Side B

夕べ、人なき夜道を歩きながら、涙が止まらなかった。理由など知らない。胃が締めつけられ喉が熱くなり鼻の奥にきな臭いものを感じ、そうして眼から涙がどっと溢れ出すのを止められない。何度も何度も涙が溢れ出す。震える唇を噛み締めても、どうやっても止められない。なにが哀しいのか、なにが辛いのか、そんなことはもう知らない。ただ、ひたすらに泣くだけだ。

泣くほど辛く哀しい出来事はたくさんある。死にたくなることだってたくさんある。でも、こんな自分は世界中にぼくひとりしかいないのだ。世界中どこを探したって、ぼくはぼくひとりしかいないのだ。そんなぼくを抱き締めて生きてゆくしかないじゃないか。

好きなだけ泣くがよいさ。泣けよ、ほら。

関連記事

人生30点主義 なんでも完璧にこなそうとすると、ぜんぜんそうできない自分に嫌気が差しちゃう。いつも100点満点、いや120点を目指しちゃうと、70点ぐらいの自分が嫌になっちゃう。 だから「人生80点主義」なんてものがあるのだけれど、俺は80点も要らないや。30点でいい、30点で。赤点ギリギリでいいよ。 ホームレスっ...
飛べない鋼鉄の小鳥たち  川崎市公文書館裏にある横断歩道。その手すりに留まっている鋼鉄の小鳥たち。彼らは永遠に飛び立つことができない。恨めしげに空を眺めるだけだ。...
バイブル(私家版)のことば 人はパンのみで生きるのではない。パンの間にあるハムやレタス、またはトマトかタマゴ、ないしツナあるいはハムカツ、さらにコロッケおよびスパゲッティ、加えてサラダついにはマーマレード、必要に応じて小倉あんとジャムとクリームによって生きるのである。 ~バイブル(私家版)より~ 腹減ったッ!(笑)...
ほんとうのホームレス問題(ホームレス問題ヲ語ルトイフコト)... 小説の書き方には2種類ある。「わたし」が主人公の1人称小説と「誰か」が主人公の3人称小説だ。1人称のほうが書きやすく思えるので、たいていの人は「わたし」を主人公に書きはじめる。が、実際には1人称のほうがむずかしい。したがって、初心者の書いた1人称小説は読むに耐えぬものとなる。 理由はさまざまだが...
スポンサーリンク