止まらない涙

スポンサーリンク

Side A

ことの起こりはこんなことだ。かなり以前になるが、あるボランティアの運営するブログにその人の友人であるボランティアの男性がコメントし、ぼくがその男性にあいさつをしたところ無視されたという、たったそれだけのことなのである。けれど、ぼくはそのことでずいぶんと悩み、なぜ無視されたのか、なぜ相手をしてもらえなかったのか、考えつづけて相当に苦しんだものだった。

のちにブログの管理人からいろいろに言い訳されたが、結局は、
「そんなことで傷ついていては世の中は生き難い」
というお叱りをいただいたのが、ことの顛末であった。

いや、ぼくは、こんなことで傷ついてしまう自分を、むしろ誇りにさえ思っている。こんなセンシティブな感性は、ふつうはこの歳ではもう持てないものだろう。それを持っているということを、ぼくはかえって誇りに思うのだ。麻痺するままに感性を鈍化させてゆくだけのそこいらの大人たちよりも、少年のようなもろさを抱えたままの自分であることを、むしろ誇りにしている。そのことに躊躇はない。

Side B

夕べ、人なき夜道を歩きながら、涙が止まらなかった。理由など知らない。胃が締めつけられ喉が熱くなり鼻の奥にきな臭いものを感じ、そうして眼から涙がどっと溢れ出すのを止められない。何度も何度も涙が溢れ出す。震える唇を噛み締めても、どうやっても止められない。なにが哀しいのか、なにが辛いのか、そんなことはもう知らない。ただ、ひたすらに泣くだけだ。

泣くほど辛く哀しい出来事はたくさんある。死にたくなることだってたくさんある。でも、こんな自分は世界中にぼくひとりしかいないのだ。世界中どこを探したって、ぼくはぼくひとりしかいないのだ。そんなぼくを抱き締めて生きてゆくしかないじゃないか。

好きなだけ泣くがよいさ。泣けよ、ほら。

関連記事

がんばれーッ! オレ ホームページのアフィリエイトもほぼ全壊し、おおむね収入源を断たれたかたちではあるけれど、しかし去年から取り組んできた「求人広告をふつうに見られるようになること」という目標が、だいたい達成できたようだ。以前は求人広告を見ただけで過去の辛い思い出がよみがえり、気分が悪くなって吐き気や悪寒や頭痛に襲われて...
よくない嫌い悪いダメ、だけど素敵 近づいてくる人はいつもいっしょ あなたを利用させてください あなたのこことそこがよくありません 役に立たないのならもうきません もっと利用できる人を見つけました あなたを利用し終わりました サヨウナラ いい寄ってくる女はいつもいっしょ あなたを好きになりました あなたのこことそこが嫌いです 直し...
致命的なまでにすれちがう世界、あるいは淡白さ... Side A ルイス・ブニュエルの「自由の幻想」という映画だったように思う。ひとつのエピソードの登場人物が次のエピソードの主人公になってゆくオムニバス形式で、たがいのエピソードには関連性がないという変わったシロモノだが、中でも奇妙なのがこの話である。 ある少女が行方不明になった、あるいは誘拐されたと...
だいじょうぶ 前なんか向かない うしろだって振り返らない 上なんか見上げない 下だって見下ろさない 静かに眼を閉じて闇の道 ただ歩いてゆけばいい 肩の荷なんか降ろさなくたって 背中の鎖 断ち切らなくたって つながれた過去すべて ちからいっぱい引きずって こころのかけら詰まったバッグ抱え ただ歩...
スポンサーリンク