長居公園でのホームレステント強制撤去

スポンサーリンク

毎日新聞の「強制撤去:長居公園の野宿者テントなど 大阪市」で触れられているとおり、大阪の長居公園でホームレスのテントが行政代執行によって強制撤去されたようである。8月に開かれる世界陸上大阪大会に備えての公園整備が理由だが、行政代執行による強制撤去はほとんど年中行事のようになっているから、あぁまたか、というのが率直な感想だ。

いつも思うのだけれども、行政代執行に至るまでのあいだにどうして問題を解決しないのだろう。行政とホームレス、あるいは支援者は、なぜいつも「対立」という構図を作ってしまうのか。そこがどうしても理解できない。

彼らはまるで仇同士のようである。互いを敵とみなし、まるで「闘う」ことが目的となっているかのようにさえ見える。自分の勝ちイコール相手の負けだといわんばかりで、相手をマイナスにしてみずからをプラスにする「ゼロサム・ゲーム」に終始する。

どこか寒々しい思いがするのは、ぼくだけではあるまい。

関連記事

「ビッグイシュー」統合エントリー 「ビッグイシュー」の話題を統合しました。コメントやトラックバックはこちらまで。 ★2005年9月29日 「お茶の水でビッグイシュー」は「ビッグイシュー」販売員であるお茶の水博士さんのブログである。「ビッグイシュー」とは、ホームレスだけが販売できる一般向けの雑誌である。つまり、お茶の水博士さんはホ...
移行済み  こちらの記事は『「ビッグイシュー」統合エントリー』に移行しました。
アメリカ漫画と韓国のホームレス施設... 「EP : end-point  科学に佇む心と体」という科学関係のブログを運営されている雨崎良未さんからのネタをご紹介。 アメリカの有名な漫画に「Doonesbury@Slate」というのがあって、ここに準レギュラーでワシントンのホームレスが登場するらしい。そのAliceとElmontは図書館...
ホームレス事件3題 「ホームレス連続襲撃か=バットで殴る、警視庁が捜査」(2008年3月13日・時事ドットコム)ということで、相も変わらずホームレスへの襲撃事件はあとを絶たないわけである。ふたりともかなり重傷のもよう。  東京都府中市で就寝中のホームレスの男性が男にバットのようなもので殴られて負傷する事件が2件相次ぎ...
スポンサーリンク