長居公園でのホームレステント強制撤去

スポンサーリンク

毎日新聞の「強制撤去:長居公園の野宿者テントなど 大阪市」で触れられているとおり、大阪の長居公園でホームレスのテントが行政代執行によって強制撤去されたようである。8月に開かれる世界陸上大阪大会に備えての公園整備が理由だが、行政代執行による強制撤去はほとんど年中行事のようになっているから、あぁまたか、というのが率直な感想だ。

いつも思うのだけれども、行政代執行に至るまでのあいだにどうして問題を解決しないのだろう。行政とホームレス、あるいは支援者は、なぜいつも「対立」という構図を作ってしまうのか。そこがどうしても理解できない。

彼らはまるで仇同士のようである。互いを敵とみなし、まるで「闘う」ことが目的となっているかのようにさえ見える。自分の勝ちイコール相手の負けだといわんばかりで、相手をマイナスにしてみずからをプラスにする「ゼロサム・ゲーム」に終始する。

どこか寒々しい思いがするのは、ぼくだけではあるまい。

関連記事

見えにくくなってゆくホームレス 6日付の東京新聞が「ホームレス6700人減少 4年前より、景気回復影響」と報じた。 公園や河川などで生活するホームレスの数が、4年前に比べ約6700人減り、約1万8500人であることが6日、厚生労働省が公表した全国調査の結果で分かった。東京、大阪、名古屋などの大都市で減少が目立っており、同省は「景...
「ビッグイシュー」統合エントリー 「ビッグイシュー」の話題を統合しました。コメントやトラックバックはこちらまで。 ★2005年9月29日 「お茶の水でビッグイシュー」は「ビッグイシュー」販売員であるお茶の水博士さんのブログである。「ビッグイシュー」とは、ホームレスだけが販売できる一般向けの雑誌である。つまり、お茶の水博士さんはホ...
傾聴ボランティア 「傾聴ボランティア養成講座」などというものがあるそうだ。ちょっと古いが6月11日付の読売新聞で紹介されていた。福祉施設でのボランティアを目指す人や、介護ヘルパーが主な受講者だという。 おもしろいエピソードとして、 「批判や反論はもちろん、助言や忠告も不要」 と指導すると、 「相談されているのに、...
「怒った顔がおもしろい」のでホームレスに暴行... 東京新聞の「『怒った顔がおもしろい』ホームレスに暴行」によれば、東京・荒川河川敷のホームレスに暴行などを加えた都立高男子1年生7人が逮捕されたという。今年7月18日深夜、ホームレスに向けてロケット花火約30発を発射。小石約60個を投げつけたほか、暴行を加えた疑い。生徒のひとりは、 「ホームレスなら警...
スポンサーリンク