永遠の凍土に埋まれ

スポンサーリンク

停滞しはじめた自分の精神に嫌気がさす。急斜面から滑落し、セルフビレイ一本でかろうじて宙にぶら下がっている。もがいてもあがいてもなんの取っ掛かりもなく、吹きつける寒風の中をただ漂っている。ぶら~り、ぶらんぶらん。

切ってしまえ、とさえ思う。なんだってこの岩山を登ろうというのか。もはや理由さえ定かではない。ザイルなんか切って落ちてしまえ。落ちて凍土の中に埋まれ。すべて凍らせて、永遠のときの中に封じてしまえ。

関連記事

くたばれ健次郎ッ! 俺は自己チューなんだよッ! てめぇがギリギリ生きるので目一杯で、人の心配できねぇのよッ! 人の心配しようとしても、気がつくとてめぇのことばっか考えてんのよッ! てめぇじゃどうにもならねぇのよッ! どうにもならねぇんだよッ! それが悪いか? 悪いに決まってんじゃねぇかよッ! なんだってんだ、あぁ? ...
拝啓 ありがとうございます 感謝、ということが苦手だ。ありがとうございます、感謝しています、毎度あり、どうも、サンキュー、ダンケシェン……。ことばにしてしまえばそれだけのことだけれど、胸の奥底から突き上げてきたものが口をついて溢れ出るための、本来その胸の奥に燃えたぎっているべきものが、ない。にもかかわらず、ぼくは平然といってし...
終わる健次郎 抑うつ状態がひどい。寒い。体の芯が冷え切っている。飯を食っていない。わめきたい。ここは公共施設なのだがログイン作業をさせてくれるのか? そのうち怒られるかも知れない。なんだ、バカ。もう終わりだ、終わり。人間なんざまったく信用できない。健次郎は終了だ。もう終了。明日なんか知らない。今夜だって知らない。...
止まらない涙 Side A ことの起こりはこんなことだ。かなり以前になるが、あるボランティアの運営するブログにその人の友人であるボランティアの男性がコメントし、ぼくがその男性にあいさつをしたところ無視されたという、たったそれだけのことなのである。けれど、ぼくはそのことでずいぶんと悩み、なぜ無視されたのか、なぜ相手...
スポンサーリンク