永遠の凍土に埋まれ

スポンサーリンク

停滞しはじめた自分の精神に嫌気がさす。急斜面から滑落し、セルフビレイ一本でかろうじて宙にぶら下がっている。もがいてもあがいてもなんの取っ掛かりもなく、吹きつける寒風の中をただ漂っている。ぶら~り、ぶらんぶらん。

切ってしまえ、とさえ思う。なんだってこの岩山を登ろうというのか。もはや理由さえ定かではない。ザイルなんか切って落ちてしまえ。落ちて凍土の中に埋まれ。すべて凍らせて、永遠のときの中に封じてしまえ。

関連記事

謹賀新年 あけましておめでとうございます。 幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 昨年はたいへんお世話になり、ほんとうにありがとうございました。 さて、これもまた例によって元旦当日、ぼくはどこでなにをしているのかわからない始末なのだが、いよいよ今年は健次郎が自立に向かって羽ばたくッ!可能性がなきにし...
眠りを拒絶するベンチ(その3)  JR武蔵中原駅前にある「眠りを拒絶するベンチ」。肘掛けを偽ってそれらしく見せかけた仕切りが、その圧倒的な存在感と共に、横になって休むことを断固として拒絶している。作った奴のペテンな人間性と、脳ミソのセンスが知れるひどいシロモノだ。...
最悪の状況 今、ネットカフェが使えない状態で電器店からアクセスしているのだが、路上に堕ちたばかりの状況に戻りつつあるようだ。夜は恐ろしく寒い。寝るどころではないし食い物もない。ゴミを漁ったがまだ勘が戻らぬ。すぐに見つけられないのだ。精神状態も非常に悪い。俺がここでやってきた5年間はいったいなんだったのか。なにも...
雨降る晩に  雨がしとしとと降りつづける深更にただひとり、ぽつねんと路上の影に立ち止まっていると、なんだかひどくわびしい。天から雨粒がぽつぽつと落ちてきては、透明な傘の向こうで粉々に砕け散ってゆく。ざぁざぁとやかましい音がしているのにひどく静かなのは、人間がいないからだ。自分ひとりだけしか人間がいない。まる...
スポンサーリンク