取材、記事にならず(苦笑)

スポンサーリンク

取材という名の突発的事件」で触れた件が新聞記事になったようだ。12月23日付の朝日新聞、別刷りの「be」という紙面である。

 とはいうものの、ぼくのことは一切書かれていなかった。取材の翌日以降、朝日新聞からのアクセスがまったくなくなったので予想通りだったのだけれど、なんとなくホッとしたような気分でもある。やっぱり目立つのは嫌だし気恥ずかしい。

 11月2日の朝日新聞・夕刊トップで報じられた同様の記事については「ワーキングプアとホームレスとネットカフェワーカー」で触れたが、今回の記事もこれの延長線上にあって、まぁぼくなんぞの特殊な存在理由では共感を呼ばなかったのだろうなぁ。

 とはいえ、一所懸命に話を聞いてくれていたように見えた当日の記者さんたちの姿を思い浮かべると、なにか大きなギャップを感じもし、釈然としない気持ちも残ってはいる。その後のフォローを見ても、人間性に二面性を感じてしまう。表裏のある人間は信頼できないものだ。どちらにせよ、もう当分は取材なんか受けないようにしようっと。無視するべ。

 ところで、このトピックはストックが自動で公開されているんで、コメントとかいただいていると返事ができないのが申し訳ないのだけれど……。なんかコメントもらってるかなぁ? ノロウイルスは発病期間が長くて60時間ぐらいだそうだから、これをみんなが読むころには治ってるはず~。年末、ここまで押し迫っちゃうと、もうみんな忙しくてコメントどころじゃないとは思うんだけどね~。

 ではまた

関連記事

「フリーターが語る渡り奉公人事情 」ウォッチ... 労働問題、とりわけフリーター問題に特化した著名なブログに「フリーターが語る渡り奉公人事情」がある。親ブログである「オルタナティブ大学 on Blog」からは、むかしトラックバックをいただいたことがあったけれど、「フリーター……」とはついにご縁がなかった。 ぼくも正社員経験がなく、いってみれば純粋なフ...
「働く若者ネット相談」がスタート 7月31日付の日経新聞によると、尾辻厚生労働相がニート対策に、 「お金がかかってもいい。一人でも多くの若者に働く意欲を持ってほしい」 と述べ、予算の拡充方針を示したという。 その厚労省では8月1日から「働く若者ネット相談」を始めるという。パソコンやケータイで専門家の相談を受けられるそうだ。ネットなら...
格差と不平等 7月28日付・東京新聞夕刊で、同志社大学ビジネススクール教授の浜矩子さんが、「格差と不平等を読む」という記事を書いている。書店店頭の平積みが、かつての「激動の時代を生き抜くサバイバル本」から「格差と不平等の本」へと変わりつつあるという。人々の意識が、「なぜこういう社会になったのか?」という原因に向か...
ニートのニュースあれこれ ニートの話題は一段落したものと思っていたが、その矢先にまたニュースとくる。 まずは産経が『「ニート」増加に危機感 日本経団連』と題し、 日本経団連が14日発表した経営労働政策委員会報告は、若年者の雇用問題について「技術・技能を持たない若年者の増加は将来の日本全体の競争力低下をもたらしかねない」...
スポンサーリンク