取材、記事にならず(苦笑)

スポンサーリンク

取材という名の突発的事件」で触れた件が新聞記事になったようだ。12月23日付の朝日新聞、別刷りの「be」という紙面である。

 とはいうものの、ぼくのことは一切書かれていなかった。取材の翌日以降、朝日新聞からのアクセスがまったくなくなったので予想通りだったのだけれど、なんとなくホッとしたような気分でもある。やっぱり目立つのは嫌だし気恥ずかしい。

 11月2日の朝日新聞・夕刊トップで報じられた同様の記事については「ワーキングプアとホームレスとネットカフェワーカー」で触れたが、今回の記事もこれの延長線上にあって、まぁぼくなんぞの特殊な存在理由では共感を呼ばなかったのだろうなぁ。

 とはいえ、一所懸命に話を聞いてくれていたように見えた当日の記者さんたちの姿を思い浮かべると、なにか大きなギャップを感じもし、釈然としない気持ちも残ってはいる。その後のフォローを見ても、人間性に二面性を感じてしまう。表裏のある人間は信頼できないものだ。どちらにせよ、もう当分は取材なんか受けないようにしようっと。無視するべ。

 ところで、このトピックはストックが自動で公開されているんで、コメントとかいただいていると返事ができないのが申し訳ないのだけれど……。なんかコメントもらってるかなぁ? ノロウイルスは発病期間が長くて60時間ぐらいだそうだから、これをみんなが読むころには治ってるはず~。年末、ここまで押し迫っちゃうと、もうみんな忙しくてコメントどころじゃないとは思うんだけどね~。

 ではまた

関連記事

「ネットカフェ難民2」(NNNドキュメント’07)... 24日深夜(25日未明)あたりからアクセス数が異常に上がっていたので「さては……」と調べたところ、案の定、ネットカフェ難民関連のテレビ番組が放映されていた。それも2本である。1本目は日本テレビの「NNNドキュメント'07 ネットカフェ難民2」。もうひとつはフジテレビの「ネットカフェ漂流」だ。 動画サ...
ニートとコーチングとカウンセリング... 最近、というわけでもないようだけれど、ビジネスの世界ではコーチングなるマネジメントの方法論が根付きはじめているようだ。スポーツなどでよく聞くコーチは、要するに選手にコーチングをおこなう人のこと。その方法論をビジネスに取り込んだのがビジネス・コーチングというわけで、なんか流行っているらしい。 しか...
ネットカフェ難民を追う者たち ■4月27日 この調査が新聞記事になっているので追記しておく。「ネットカフェ:生活の拠点にする若者、全国に拡大」(MSN毎日インタラクティブ)。 個人加盟の労働組合、首都圏青年ユニオン(伊藤和巳委員長)などが10都府県のネットカフェで実態調査したところ、すべての都府県で、ネットカフェを生活の拠点に...
まだ間に合うよ 8月19日付の日経新聞1面コラムで、博士号を持った人の就職難について触れられている。文部科学省は1991年から大学院を拡充して博士の大量養成に乗り出し、2004年度には博士課程修了の研究者が約15,000人になって、当時の倍に増えたという。しかし、就職できない博士が増えているというのである。 ...
スポンサーリンク