取材、記事にならず(苦笑)

スポンサーリンク

取材という名の突発的事件」で触れた件が新聞記事になったようだ。12月23日付の朝日新聞、別刷りの「be」という紙面である。

 とはいうものの、ぼくのことは一切書かれていなかった。取材の翌日以降、朝日新聞からのアクセスがまったくなくなったので予想通りだったのだけれど、なんとなくホッとしたような気分でもある。やっぱり目立つのは嫌だし気恥ずかしい。

 11月2日の朝日新聞・夕刊トップで報じられた同様の記事については「ワーキングプアとホームレスとネットカフェワーカー」で触れたが、今回の記事もこれの延長線上にあって、まぁぼくなんぞの特殊な存在理由では共感を呼ばなかったのだろうなぁ。

 とはいえ、一所懸命に話を聞いてくれていたように見えた当日の記者さんたちの姿を思い浮かべると、なにか大きなギャップを感じもし、釈然としない気持ちも残ってはいる。その後のフォローを見ても、人間性に二面性を感じてしまう。表裏のある人間は信頼できないものだ。どちらにせよ、もう当分は取材なんか受けないようにしようっと。無視するべ。

 ところで、このトピックはストックが自動で公開されているんで、コメントとかいただいていると返事ができないのが申し訳ないのだけれど……。なんかコメントもらってるかなぁ? ノロウイルスは発病期間が長くて60時間ぐらいだそうだから、これをみんなが読むころには治ってるはず~。年末、ここまで押し迫っちゃうと、もうみんな忙しくてコメントどころじゃないとは思うんだけどね~。

 ではまた

関連記事

ネットカフェ難民のサロン 「僕はまいにち、「なにか」をさがして・・・」の松岡秀明さんが、ネットカフェに寝泊りしながら仕事をしているいわゆる「ネットカフェ難民」(ネットカフェワーカー、ネットカフェホームレス)のためのサロンをmixi内に開設している。  ほかにもいくつかコミュニティはあるようだが、ここでは「この生活の「最大の...
犯行後ネットカフェへ 『母殺害』高3... ぼくが公園のベンチで寝ているスキに、世間ではまたぞろ事件だ。「犯行後ネットカフェへ 『母殺害』高3 死因は失血死 タクシー呼び自首」(5月16日付・東京新聞)。  福島県会津若松市で切断した母親の頭部を持ち自首した県立高校三年の少年(17)が殺人容疑で逮捕された事件で、少年が十五日朝、インターネッ...
ネットカフェ難民報道(プレミアA)  メディアが騒ぐとこのブログの訪問者が増えるのですぐにわかるのだが、7月15日の「プレミアA」とかいう番組では、またぞろネットカフェ難民の特集を組んでいたそうである。見ていないので内容はよくわからないけれど、特定の取材対象者を追い込んでいったものらしい。  いくつかのブログでこの番組を取り...
「フリーターが語る渡り奉公人事情 」ウォッチ... 労働問題、とりわけフリーター問題に特化した著名なブログに「フリーターが語る渡り奉公人事情」がある。親ブログである「オルタナティブ大学 on Blog」からは、むかしトラックバックをいただいたことがあったけれど、「フリーター……」とはついにご縁がなかった。 ぼくも正社員経験がなく、いってみれば純粋なフ...
スポンサーリンク