取材、記事にならず(苦笑)

スポンサーリンク

取材という名の突発的事件」で触れた件が新聞記事になったようだ。12月23日付の朝日新聞、別刷りの「be」という紙面である。

 とはいうものの、ぼくのことは一切書かれていなかった。取材の翌日以降、朝日新聞からのアクセスがまったくなくなったので予想通りだったのだけれど、なんとなくホッとしたような気分でもある。やっぱり目立つのは嫌だし気恥ずかしい。

 11月2日の朝日新聞・夕刊トップで報じられた同様の記事については「ワーキングプアとホームレスとネットカフェワーカー」で触れたが、今回の記事もこれの延長線上にあって、まぁぼくなんぞの特殊な存在理由では共感を呼ばなかったのだろうなぁ。

 とはいえ、一所懸命に話を聞いてくれていたように見えた当日の記者さんたちの姿を思い浮かべると、なにか大きなギャップを感じもし、釈然としない気持ちも残ってはいる。その後のフォローを見ても、人間性に二面性を感じてしまう。表裏のある人間は信頼できないものだ。どちらにせよ、もう当分は取材なんか受けないようにしようっと。無視するべ。

 ところで、このトピックはストックが自動で公開されているんで、コメントとかいただいていると返事ができないのが申し訳ないのだけれど……。なんかコメントもらってるかなぁ? ノロウイルスは発病期間が長くて60時間ぐらいだそうだから、これをみんなが読むころには治ってるはず~。年末、ここまで押し迫っちゃうと、もうみんな忙しくてコメントどころじゃないとは思うんだけどね~。

 ではまた

関連記事

「ネットカフェ難民2」(NNNドキュメント’07)... 24日深夜(25日未明)あたりからアクセス数が異常に上がっていたので「さては……」と調べたところ、案の定、ネットカフェ難民関連のテレビ番組が放映されていた。それも2本である。1本目は日本テレビの「NNNドキュメント'07 ネットカフェ難民2」。もうひとつはフジテレビの「ネットカフェ漂流」だ。 動画サ...
ニートと引きこもり(8)  いきなり仮説的結論。  ニートは、そして引きこもりも、結局のところ自己評価が非常に低い。詳しくは『ホームレス心理学』の一連記事に譲るが、今ここでいう両者に共通する低い自己評価とは、2種類ある自己評価のうち存在の価値のことである。今、生きて在る自分への根源的な信頼を欠いているため、能力の有無に関係...
ニートの日…… 2月10日は語呂を合わせて「ニートの日」だったそうだ。それに合わせてNPO法人ニュースタート事務局が「第一回ニート祭り」を開催したというニュースが報じられた。「ニートな僕らが時代を動かす!」と題して、仮装でウォーキングしたりシンポジウムを開いたりしたようだが、ブロク上での評価は低い。 まじめな問...
『ひきこもる若者たち』(町沢静夫/大和書房)... ホームレス問題との接点を考えながら、引きこもり関連の情報にあたっているが、この本の著者は有名な精神科医。とりわけ人格障害、特に境界性人格障害、いわゆるボーダーラインの権威だ。なにより、あの「佐賀バスジャック事件」で両親の相談を受け、少年を入院させるべく、警察や病院に手を打った医師その人である。病院が...
スポンサーリンク