よいお年をお迎えください

スポンサーリンク

むかしのログを眺めていると懐かしさを感じる。「Birth of Blues」さんなんていうブログとはトラックバックを打ち合ったこともあったと思うけど、いたずらっけのあるおもしろい人だった。時事問題をこまめにていねいにおもしろおかしく追いかけている人で、ホームレスのおかしなブロガーが出てきたってんで、興味を持ってくださったのだと思う。

むかしはぼくとこと変わらない程度のアクセス数だったと思うけど、今じゃ1日数千人を集めるビッグブログなんだねぇ。素直にすごいなぁと思う。こまめに書きつづけてゆく、このエネルギーはすごいよね。

ぼくのブログを長いこと取り上げてくれていた「藤沢生活」さんは、2ヶ月ばかり前にブログをやめてしまった。特定地方に特化したブログだのに、わざわざ別の地域のホームレスを見にゆくような熱心な人でもあった。小説の趣味が合ったんだよねぇ。ついに一緒に飲みにゆくことができなかったなぁ。悪いことをしました。

フリーターが語る渡り奉公人事情」さんとは、ニートに絡むトピックでトラックバックし合ったんだった。考え方の方向性がちがっていて、交流までには至らなかったんだよなぁ。というか、結局ぼくって社会や政治のことがよくわからん人間なんだよね。スッパリと世の中を斬ってゆく人は、かっこよくもあるよねぇ。まだ元気でやってらっしゃるのがうれしい。

さて、みなさまにおかれましてはこの大晦日、いかがお過ごしであろうか。前撮りよろしく例によってこのトピックは事前に書かれていて、みなさんが読む大晦日当日、ぼくはどこでなにをしているのかまったく見当がつかない始末なのである。

ともあれ、今年は終盤に入って収入基盤が崩れバタバタし、やるのやめるの、みなさまには多大なご迷惑をおかけし、まことに申し訳ありませんでした。また多くのご協力をいただきまして、ほんとうにありがとうございました。

相変わらずたいしたトピックも書けないのだが、さてしかし、いよいよ自己支援プログラムがスタートしたこともあって、いよいよ健次郎が自立へ向かうッ!のかどうか、そこいらが注目の的だと思わないわけではないのだけれども、それはさておき、みなさまにはほんとうにお世話になりました。どうかよいお年をお迎えください。

関連記事

いつもの風景  2月1日深夜に撮影した川崎市内の某電話ボックス。暖冬とはいえかなり冷え込んでいても、ホームレスはご覧のとおりダンボール1枚でへっちゃらだ。ちなみに、ドアの下部分は大きくえぐれていて素通しになっており、防寒にはまったく役立っていない。...
こだわりの生き方 元々「こだわる」とは、どうでもよい仔細なことにとらわれるという意味で、「拘泥」と同義語だった。近年になって「こだわりの一品」などという、個性を主張するための使い方をされるようになったが、本来は悪い意味で使われたことばである。 なにかにこだわるほど、人は自由を失ってゆく。なにかにとらわれるほど、人の考...
永遠の凍土に埋まれ 停滞しはじめた自分の精神に嫌気がさす。急斜面から滑落し、セルフビレイ一本でかろうじて宙にぶら下がっている。もがいてもあがいてもなんの取っ掛かりもなく、吹きつける寒風の中をただ漂っている。ぶら~り、ぶらんぶらん。 切ってしまえ、とさえ思う。なんだってこの岩山を登ろうというのか。もはや理由さえ定かではな...
バタリ。 なにか非常に状態がよくない。やらなければならないことがあるのだが、その手間を考えただけでうんざりしてしまう。頭の中がゴチャゴチャしているのだ。今はまだやりたくないのかも知れない。では、やりたくなるまで放っておくことにしよう。このところあちこちでハシャぎ過ぎたので、疲れているのだろう、たぶん。...
スポンサーリンク