聖夜の祈り

スポンサーリンク

静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、今宵だけのサンタクロース。

だいだい色に揺れている飾り電球がこころ温かい。ほんのりと白く浮かび上がるイエスの像。悲しいのか優しいのか見きわめのつかない表情のまえ、ぼくは右ひざをついてこうべを垂れた。ひざが軋んで悲鳴を上げ、腫れたアキレス腱に電撃の痛みが走る。

キリスト教なんざ興味がない。仏教、イスラム、ユダヤ教、儒教……。根にある思想はみな一緒。なにがどうだってかまいやしない。だがイエス、あんたがおもしろい男だったのは知っている。あんたみたいにバカな男の話は聞いたことがない。あんたは信頼できる。だから、俺に手を貸してくれ。

マリア。ことばなどいらない。導きも教えもいらない。ここにきて、今あるがままの、そのままの俺を抱きしめてくれ。

遠く、砂利石を踏む足音。すばやく立ち上がって急ぎ足、ちいさな教会の庭を出る。なにか背中でした声もすでに遥か。闇の中、永遠に灰色に伸びつづける道を歩く。

わけもなく不意に胸をつかれ、突然にあらゆる景色がぼやけはじめた。顔をしかめてこらえても、歯を食いしばっても、すべてのものがにじんでゆくのを止められない。天を仰いだ。仰いだまま歩きつづけるほかなかった。

やがて輪郭を取り戻した空には、鉛色の薄い雲が広がっていた。ところどころがちぎれていて、あいだから漆黒の宇宙がのぞいている。けれど、いまだ、俺の道を照らす星は見えない。

祈りのことばなど知らない。神も仏も信じない。だがイエス、あんたって男は信頼できる。今どこにいるんだ? ここにきて、俺に手を貸してくれ。マリア、ここにきて、俺を抱きしめてくれ。今あるがままの、そのままの俺を。

関連記事

早過ぎたホームレス Side A 調べたいことがあってネットで検索するとこのブログがヒットした。むかしの記事のようだったが、ぼくは書いた記憶がないので誰かのコメントにちがいない。クリックすると、案の定、とある記事のコメント欄へと飛んだ。 専門家なのだろう。感情的になりがちな話題をやや難解ながら筋道のとおった論理的な解説...
ほんとうのホームレス問題(ホームレス問題ヲ語ルトイフコト)... 小説の書き方には2種類ある。「わたし」が主人公の1人称小説と「誰か」が主人公の3人称小説だ。1人称のほうが書きやすく思えるので、たいていの人は「わたし」を主人公に書きはじめる。が、実際には1人称のほうがむずかしい。したがって、初心者の書いた1人称小説は読むに耐えぬものとなる。 理由はさまざまだが...
いまだ哀しみを知らぬ者たちに捧ぐ ホームレスとは、生きる哀しみを心に刻み込んだ者たちのことである。 あなた方がもしもいまだ哀しみを知らぬ生を送っているのだとしたら、ホームレスのうちに宿る一片の哀しみを探し出すがよい。探し出して、身にまとうがよい。あなた方が知るべきは哀しみである。あなた方は弱過ぎる。哀しみを知らぬがゆえに。 自己...
ホームレス列伝(2)  みんながささっと夕食を済ませてさっぱりとシャワーを浴び、一服つけてさぁボチボチ横になろうかという時分だった。ぼくはベッドにも向かわずに、今や唯一の住まいとなったホームレス施設のベンチに未だうずくまっていた。  砂利を踏む湿った音に顔を上げた。痩せた青い顔が闇に浮かぶ。Aちゃんだ。 「隣、い...
スポンサーリンク