聖夜の祈り

スポンサーリンク

静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、今宵だけのサンタクロース。

だいだい色に揺れている飾り電球がこころ温かい。ほんのりと白く浮かび上がるイエスの像。悲しいのか優しいのか見きわめのつかない表情のまえ、ぼくは右ひざをついてこうべを垂れた。ひざが軋んで悲鳴を上げ、腫れたアキレス腱に電撃の痛みが走る。

キリスト教なんざ興味がない。仏教、イスラム、ユダヤ教、儒教……。根にある思想はみな一緒。なにがどうだってかまいやしない。だがイエス、あんたがおもしろい男だったのは知っている。あんたみたいにバカな男の話は聞いたことがない。あんたは信頼できる。だから、俺に手を貸してくれ。

マリア。ことばなどいらない。導きも教えもいらない。ここにきて、今あるがままの、そのままの俺を抱きしめてくれ。

遠く、砂利石を踏む足音。すばやく立ち上がって急ぎ足、ちいさな教会の庭を出る。なにか背中でした声もすでに遥か。闇の中、永遠に灰色に伸びつづける道を歩く。

わけもなく不意に胸をつかれ、突然にあらゆる景色がぼやけはじめた。顔をしかめてこらえても、歯を食いしばっても、すべてのものがにじんでゆくのを止められない。天を仰いだ。仰いだまま歩きつづけるほかなかった。

やがて輪郭を取り戻した空には、鉛色の薄い雲が広がっていた。ところどころがちぎれていて、あいだから漆黒の宇宙がのぞいている。けれど、いまだ、俺の道を照らす星は見えない。

祈りのことばなど知らない。神も仏も信じない。だがイエス、あんたって男は信頼できる。今どこにいるんだ? ここにきて、俺に手を貸してくれ。マリア、ここにきて、俺を抱きしめてくれ。今あるがままの、そのままの俺を。

関連記事

武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?... わたし、武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのだろうか? 「ホームレス問題を訴える」 「ホームレスへの理解を求める」 というのはあとから取って付けたもっともらしい理由に過ぎない。正直、わたしはホームレス問題などどうでもよい。わたしが書くのは、魂のうちから否応なく吹き上がってくる衝動があるからだ。だから...
ホームレス列伝(2)  みんながささっと夕食を済ませてさっぱりとシャワーを浴び、一服つけてさぁボチボチ横になろうかという時分だった。ぼくはベッドにも向かわずに、今や唯一の住まいとなったホームレス施設のベンチに未だうずくまっていた。  砂利を踏む湿った音に顔を上げた。痩せた青い顔が闇に浮かぶ。Aちゃんだ。 「隣、い...
毒の盛り方 平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学M.スコット ペック M.Scott Peck 森 英明 草思社 1996-12by G-Tools この本はだいぶ以前に話題になったから、ご記憶の人も多かろう。おどろおどろしいタイトルがついているが、精神疾患の一種である人格障害を取り扱った書で、セラピス...
路上の償い ぼくはよく自分を悪党と呼ぶが、これは悪党だからそう呼ぶのであって、善人のぼくがホームレスになったわけでは決してない。だからこの話を書くことにしたのだが、ぼくはたとえば家の金を使い込んだことがある。金庫を開けて家人の金から幾枚かの札を抜き取ったときには、みずからショックで目まいを起こし、その金を前にし...
スポンサーリンク