聖夜の祈り

スポンサーリンク

静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、今宵だけのサンタクロース。

だいだい色に揺れている飾り電球がこころ温かい。ほんのりと白く浮かび上がるイエスの像。悲しいのか優しいのか見きわめのつかない表情のまえ、ぼくは右ひざをついてこうべを垂れた。ひざが軋んで悲鳴を上げ、腫れたアキレス腱に電撃の痛みが走る。

キリスト教なんざ興味がない。仏教、イスラム、ユダヤ教、儒教……。根にある思想はみな一緒。なにがどうだってかまいやしない。だがイエス、あんたがおもしろい男だったのは知っている。あんたみたいにバカな男の話は聞いたことがない。あんたは信頼できる。だから、俺に手を貸してくれ。

マリア。ことばなどいらない。導きも教えもいらない。ここにきて、今あるがままの、そのままの俺を抱きしめてくれ。

遠く、砂利石を踏む足音。すばやく立ち上がって急ぎ足、ちいさな教会の庭を出る。なにか背中でした声もすでに遥か。闇の中、永遠に灰色に伸びつづける道を歩く。

わけもなく不意に胸をつかれ、突然にあらゆる景色がぼやけはじめた。顔をしかめてこらえても、歯を食いしばっても、すべてのものがにじんでゆくのを止められない。天を仰いだ。仰いだまま歩きつづけるほかなかった。

やがて輪郭を取り戻した空には、鉛色の薄い雲が広がっていた。ところどころがちぎれていて、あいだから漆黒の宇宙がのぞいている。けれど、いまだ、俺の道を照らす星は見えない。

祈りのことばなど知らない。神も仏も信じない。だがイエス、あんたって男は信頼できる。今どこにいるんだ? ここにきて、俺に手を貸してくれ。マリア、ここにきて、俺を抱きしめてくれ。今あるがままの、そのままの俺を。

関連記事

ホームレス列伝(1)  夕暮れに薄汚れた真っ黒なスーツを着て出かけ、朝方にうつろな瞳で帰ってくる。キマッているのだかいないのだか、パンツは丈が足りずにツンツルテンで、革靴もところどころが剥げあがっている。ぼくと眼と眼を合わせても、睨んでいるのだか無関心なのか、影のようにとおり過ぎてゆく男だった。  ホームレス施設が闇の...
J.BOY/浜田省吾 J.Boy 掲げてた理想も今は遠く J.Boy 守るべき誇りも見失い (J.BOY/浜田省吾) 浜田省吾のファンというわけでもない。まぁ、だいたいぼくはあまり音楽に馴染みがなく、なにが好きかと訊かれて答えに窮し、つい浜田省吾と答えてしまう程度のものだ。それが先日ブラブラしていると、「愛の世代の前に」...
ほんとうのホームレス問題(ホームレス問題ヲ語ルトイフコト)... 小説の書き方には2種類ある。「わたし」が主人公の1人称小説と「誰か」が主人公の3人称小説だ。1人称のほうが書きやすく思えるので、たいていの人は「わたし」を主人公に書きはじめる。が、実際には1人称のほうがむずかしい。したがって、初心者の書いた1人称小説は読むに耐えぬものとなる。 理由はさまざまだが...
イジメ はっきりと、そして急速に、気力の喪失を感じている。ここのところ調子がよくなりつつあったので、それがよりいっそう際立つ感じだ。今、こうやってキーボードを打つのさえ、たいへんに面倒くさく億劫である。ロダンの「考える人」のポーズをとっていろといわれたら、死ぬまでその姿勢のままでいられると思う。 ...
スポンサーリンク