終わる健次郎

スポンサーリンク

抑うつ状態がひどい。寒い。体の芯が冷え切っている。飯を食っていない。わめきたい。ここは公共施設なのだがログイン作業をさせてくれるのか? そのうち怒られるかも知れない。なんだ、バカ。もう終わりだ、終わり。人間なんざまったく信用できない。健次郎は終了だ。もう終了。明日なんか知らない。今夜だって知らない。

関連記事

涙さえも自分のために 今日も酒、入っちゃってます。えへへ。ネットカフェってなぁ酒呑んだらダメだから、バレたら退店だ。でも、俺は自己チューだから、酒だってなんだって飲むんだよッ! うひ~、まずいねぇ酒ってやつはッ! なんでこんなもんを呑むんだぁ? 俺はねぇ、今まで他人の思惑に振りまわされてきたの。他人の顔色をうかがいながら...
くたばれ健次郎ッ! 俺は自己チューなんだよッ! てめぇがギリギリ生きるので目一杯で、人の心配できねぇのよッ! 人の心配しようとしても、気がつくとてめぇのことばっか考えてんのよッ! てめぇじゃどうにもならねぇのよッ! どうにもならねぇんだよッ! それが悪いか? 悪いに決まってんじゃねぇかよッ! なんだってんだ、あぁ? ...
ホームレス列伝(1)  夕暮れに薄汚れた真っ黒なスーツを着て出かけ、朝方にうつろな瞳で帰ってくる。キマッているのだかいないのだか、パンツは丈が足りずにツンツルテンで、革靴もところどころが剥げあがっている。ぼくと眼と眼を合わせても、睨んでいるのだか無関心なのか、影のようにとおり過ぎてゆく男だった。  ホームレス施設が闇の...
進め、健次郎ッ! さ、そろそろ涙も枯れ果てたかな。酒を呑むのも終わり、断食も終わり。 最近のトピックで書いてきた俺に対する批判は、そのほとんどが実際にはいわれたことのない批判である。大半は俺が俺自身に向けた、俺自身が作り出した批判なのだ。そうして俺は自分を責め、自身を奈落の底へと突き落としてゆく。が、今はそれでよい。...
スポンサーリンク