最悪の状況

スポンサーリンク

今、ネットカフェが使えない状態で電器店からアクセスしているのだが、路上に堕ちたばかりの状況に戻りつつあるようだ。夜は恐ろしく寒い。寝るどころではないし食い物もない。ゴミを漁ったがまだ勘が戻らぬ。すぐに見つけられないのだ。精神状態も非常に悪い。俺がここでやってきた5年間はいったいなんだったのか。なにも変わっていない。相変わらずただの食い詰めモノでありただの能無しである。

店員がなにかとうるさいのでこれで終わりである。いくつかの記事が自動でアップされるが、機械が勝手にやるので俺がアクセスしているわけではない。次にアクセスするのはいつになるかまったく不明だ。来年かも知れない。それまで、またな。

関連記事

お仕事 心配してくださるのだろう。最近になって時折、お仕事のお誘いを受けることがある。うちの会社で働きませんか、というものがほとんどだ。ぼくのような人間に対して、とてもありがたいことである。感謝に堪えない。感謝に堪えないが、みな、お断りしている。正確には、ご返事を差し上げていない。 理由はさまざまだけれ...
なぜなのか 某月某日 なぜあなたがたはわたしを嫌うのか。 なぜあなたがたはわたしを無視するのか。 なぜあなたがたは隣のホームレスに気を配りわたしの前を素通りしてゆくのか。 わからない。 わからない。 わからない。 彼らは立ち止まらないことでメッセージを伝える。 彼らは無視することで打撃を加える。 彼らは承認を与...
書く者と書かざる者 某月某日 ことばは虚しい。いくら叫んでも、いや叫べば叫ぶほどに、ことばはその力を失って空を切り雲散霧消してしまう。届くべきところへと届かない。届くべきところとは、すなわちあなたのその心だった。 ことばを使う者がその力を疑ったらお終いである。だからわたしはすでに終わっている。 かつて阪神大震災で被...
ホームレス列伝(2)  みんながささっと夕食を済ませてさっぱりとシャワーを浴び、一服つけてさぁボチボチ横になろうかという時分だった。ぼくはベッドにも向かわずに、今や唯一の住まいとなったホームレス施設のベンチに未だうずくまっていた。  砂利を踏む湿った音に顔を上げた。痩せた青い顔が闇に浮かぶ。Aちゃんだ。 「隣、い...
スポンサーリンク