最悪の状況

スポンサーリンク

今、ネットカフェが使えない状態で電器店からアクセスしているのだが、路上に堕ちたばかりの状況に戻りつつあるようだ。夜は恐ろしく寒い。寝るどころではないし食い物もない。ゴミを漁ったがまだ勘が戻らぬ。すぐに見つけられないのだ。精神状態も非常に悪い。俺がここでやってきた5年間はいったいなんだったのか。なにも変わっていない。相変わらずただの食い詰めモノでありただの能無しである。

店員がなにかとうるさいのでこれで終わりである。いくつかの記事が自動でアップされるが、機械が勝手にやるので俺がアクセスしているわけではない。次にアクセスするのはいつになるかまったく不明だ。来年かも知れない。それまで、またな。

関連記事

若者のイベントとホームレス  七夕の翌日、川崎市内の公園にある野外ステージでおこなわれていたなにかのイベント。ステージ上のDJにあわせて若者たちが踊っていたが、人影もどことなくまばらであり、今ひとつ盛り上がりに欠け、それにもましていったいなんのイベントなのかさっぱりわからなかった。  この野外ステージ、ふ...
非行少年のたとえ話 「いったいおまえはなにをやってるんだっ」  ダイニングテーブルの向かいから父の罵声に胸をえぐられて、少年はうつむいた。 「あれほど人様に迷惑をかけるなといってきたのに、よりによって……」  父のいつもの口ぐせだったが、つづいて出てくるはずのことばを思い、少年はきつく目を閉じた。  よりによって車...
いつもの風景  2月1日深夜に撮影した川崎市内の某電話ボックス。暖冬とはいえかなり冷え込んでいても、ホームレスはご覧のとおりダンボール1枚でへっちゃらだ。ちなみに、ドアの下部分は大きくえぐれていて素通しになっており、防寒にはまったく役立っていない。...
進め、健次郎ッ! さ、そろそろ涙も枯れ果てたかな。酒を呑むのも終わり、断食も終わり。 最近のトピックで書いてきた俺に対する批判は、そのほとんどが実際にはいわれたことのない批判である。大半は俺が俺自身に向けた、俺自身が作り出した批判なのだ。そうして俺は自分を責め、自身を奈落の底へと突き落としてゆく。が、今はそれでよい。...
スポンサーリンク