ホームレスの定義

スポンサーリンク

 日本のホームレスの定義は「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」にある、
「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所とし、日常生活を営んでいる者」
 という文言が公式なものでしょう。要するに公園や河川敷などにテントや小屋を持っていたり、駅やビルの谷間などにダンボール一枚で寝ている人々を指しますが、一般市民にとってもその捉え方にあまり違和感はないかも知れません。

 がしかし、世界的に見てもこれは極めて限定的なホームレスの定義であり、それゆえにホームレス問題の改善が進みにくい原因になってもいるのです。

 たとえばイギリスのホームレス法による定義では、

  • 占有する権利のある宿泊施設を持たない者
  • 家はあるが、そこに住む者から暴力の恐怖にさらされている者
  • 緊急事態のための施設に住んでいる者
  • 一緒に住むところがないために別々に暮らさざるを得ない者
  • (『居住福祉』早川和男/岩波新書)より

 とされ、その範疇にドメスティック・バイオレンスや家庭内暴力にさらされている被害者や、引き離された家族など、実に多様な人々を含みます。

 またアメリカではホームレス援助法(マッキーニ法)で、

  • 夜間に住居がない者
  • 一時宿泊施設に宿泊している者

 などと定められ、やはりその定める範囲は非常に広域です。たとえば自然災害による被災者などもホームレスとされます。

 フランスにおいてはホームレスに対する単独法というものさえありません。この国ではホームレスへの差別と社会的排除を防ぐ視点から、あらゆる住宅問題を抱えた人々に対する手厚い支援策によってすべてがまかなわれているのです。したがって、長期間にわたり路上生活を送る人はほとんどいないといわれています。

 一般に欧米の先進諸国における定義は、ドイツのホームレス生活者扶助連邦協議体(BAG-WH)による、
「ホームレス生活者とは、賃貸借契約によって保証された住居をもたない人」
 ということばに代表されているといってよいでしょう。広く住居の問題として捉えることにより、社会排除的な問題を抑制する効果もあるといえます。

関連記事

ホームレスのタイプ分類(再掲) 失業系基本的には、仕事および住居がないことが原因のジョブレス・ハウスレスタイプ。仕事および住居があれば「当面は」社会復帰できる。仕事の斡旋および住居の確保で対応可能。反社会系反社会的な性向により、ホームレス生活に陥っているタイプ。活力はあるので元気がよい。開き直ってエンジョイしているよう...
生きることへの安心感 例によって自己評価の話だが、お付き合い願いたい。 以前の『自己評価の心理学』で、わたしは自己評価には二種類あると書いた。存在の価値と能力の評価だ。これを別のいい方にすると、生きることへの保証、つまり安心感と、生きてゆけることの能力、すなわち自信である。 で、人間はその根本に、生きることが保証されてい...
責任と差別の認知心理学 原因帰属と基本的帰属錯誤  誰かになにかが起きた。その原因は彼自身にあるのか、外部の要因なのか? これを原因帰属と云い、前者を内的原因、後者を外的原因と呼ぶ。  たとえば、わたしが石につまずいて転んだ。これはわたしのせいか、それとも石のせいなのか? ここでわたしはその石ころを蹴飛ばして、...
ホームレスのフラストレーション ホームレスのフラストレーション 生じた欲求が満たされない場合、人はフラストレーション状態に置かれる。なんのことはない、欲求不満というやつです。フラストレーションの原因となる障害には、物理的・社会的・人的などの外因性のものと、内的欠乏・心的飽和・葛藤などの内因性のものがあるが、ここではホームレスに関係...
スポンサーリンク