明るく元気で前向きにガンバる

スポンサーリンク

やーど~もぉ。武州無宿の健次郎でゴザイマス。健ちゃんと呼んでくださいネ。

いやーこれでも毎日なかなかたいへんなのですが、いやー空き缶集め、いやービッグイシュー、いやー交換日記、いやー炊き出し、いやーお付き合い、いやーなかなかどうして実行はむずかしく、食うや食わずってなモンですが、いやーこんなんでへこたれちゃァ世間さまに顔向けできねェ。

いやーやはりこの~明るく元気に前向きでですね、ボロは着てても心はニシキゴイってぐれェですから、いやーそりゃもうガンバッてゆかなくちゃァいけませんてんで、日々これガンバリまくりでゴザイマスですよ。えぇ、そりゃァもうガンバッてんですから、みなさん、応援よろしくお願いシマス。

えーやはりですね、明るいのがいちばんってんで、人間、明るくなきゃァいけませんですねェ。暗いのはダメです、ほんと。暗くなっちまいますから。あたりまえですが。やはりですね、元気であること。状況に関係なく元気いっぱいッ! これが長生きの秘訣ですな。そしてなんといっても前向きですな。人間は前向きでなけりゃァいけません。後ろ向きだとすっころんでしまいますから、前向きがいちばんというわけです。ですからここはひとつ前向きにですね、やはりこのーガンバらなきゃァいけません。そうです、ガンバッておりますよぉッ! うおりゃぁ~ッ! ちぇすとぉ~ッ! アチョ~ッ!

いやーなんといっても自己責任の時代、自業自得なんで、これはねアナタ、ガンバることがいちばんなわけでしてね。ガンバッているホームレスッ! いいですねェ、かっこいいッ! 明るく元気で前向きなホームレスッ! いよ、大統領ッ! 音羽屋ッ! って、これは歌舞伎ですけどね、いやーこの健ちゃんにも応援よろしくお願いしますですよ、ほんとに。

いやーそれにしても明るく元気で前向きにガンバッているホームレス、いいですねェ。こう、はつらつとしてきますねェ。こりゃァ21世紀を生き抜くためのキーワード、いや史上最大の発見といってもよいでしょうねェ。やはりこのーホームレスは明るく元気で前向きなのがいちばんってんで、明るく元気で前向きじゃねェホームレスはホームレスじゃねェってぐらいですからね、ほんとうに。

いやーとにかくこの武州無宿の健ちゃん、日々これ明るく元気に前向きでガンバッておりますんで、ぜひとも応援よろしくお願いします。いやー重ね重ねよろしくどうぞ。

前向き、という考えがどうも苦手だ。明るく元気でガンバッて、といった心を追いかけてゆけない。暗くて後ろ向きで湿っぽくてもいいのじゃないか、とも思う。

本来、人間は両方の資質を持っている。人生の片隅でゆっくりと横になり、じっくりとこの世界に思いをいたすことと、立ち上がってはつらつと駆け抜けてゆくことは、ひとりの人間の中に平行して存在するものだ。前向きがよくて後ろ向きが悪い、明るいのがよくて暗いのが悪い、といったことではない。人間が生きてゆくには双方が不可欠なのである。

みんなが明るく元気で前向きな世界であったら、これほど住みにくく薄っぺらなところはないだろう。そこいらじゅうの奴らがはつらつとして、いつだって元気いっぱい。悩み抜くこともなく倒れることさえ知らない世界。誰もなんにも考えず、すぐに「元気を出してがんばりましょうッ!」が合言葉とくる。誰かが疲れても気持ちの置き場がない世界。俺は疲れてるんだよ、ベイビー。

たまには後ろ向きになりなさい。湿っぽくなりなさい。暗くよどみなさい。疲れろ。倒れろ。悩め。苦しめ。泣け。叫べ。その体験を踏まえてこそ役立つ前向きなのだ。元気なのだ。明るさなのだ。

前向きは輝きを生むが、深く掘ることはしない。後ろ向きはそれを補い、深みに達するための資質である。人生は、正と負のせめぎ合いの中に生きてこそ深まり、光り輝く。一方に偏っているのだとしたら、それは人間の片方しか体験していないことになる。

前向きである前に、まず徹底的に後ろ向きになれ。ただのノーテンキは大嫌いだ。

関連記事

早過ぎたホームレス Side A 調べたいことがあってネットで検索するとこのブログがヒットした。むかしの記事のようだったが、ぼくは書いた記憶がないので誰かのコメントにちがいない。クリックすると、案の定、とある記事のコメント欄へと飛んだ。 専門家なのだろう。感情的になりがちな話題をやや難解ながら筋道のとおった論理的な解説...
歩く健次郎  5月22日撮影。歩きながら自分の足元をノーファインダー(ディスプレイを見ずに勘で撮る方法)で撮ったうちの1枚。この日はむやみに5万歩ぐらい歩いている。  左上の花はツツジかなにかだろうか。この季節、道端でほんとうによく見かける花なのだけれど、その名さえ知らず、すべて通り過ぎてゆく。...
ホテルに泊まる  ホームレスのぶんざいで申し訳ないのだけれど、ホテルにきている。この時季、都会のホテルは安い。シティホテル並みのビジネスホテルが並みのビジネスホテル並みの格安料金並みで泊まれる……という説明でわかってもらえるかどうかわからないのだけれど、少なくともぼくにとっては極上の贅沢であることにはちがいない...
ある引っ越しにて ぼくは途方に暮れたまま、呆けたように立ち尽くしていた。あらかたの荷物はトラックに積み込んだが、洗濯機だけがどうしても動かせないのだ。中はほとんど空っぽのくせに、底のほうに重たいモーターかなにかが詰まっているのだろう。低重心でひどくバランスが悪くて、ひとりで運ぶには重過ぎるのだった。 十年以上前の...
スポンサーリンク