ニート支援策、見直しへ

スポンサーリンク

厚生労働省がニートの支援策を見直すそうだ。調査の結果、発達障害を持つ人が一部に含まれていることがわかったため、支援機関に心理専門職を配置するらしい。

なにをいまさらこんなことをやっているのか、さっぱりわけがわからないニュースだ。このことばが流通しはじめた当初から、すでにニートにはいくつかの種類があることはわかっていた。ひとくちにニートといってもいろいろだ。何々型、と分類せず、ニートということばだけですべてをひとくくりに支援しようとするから、今ごろになってこんなバカなことが起こる。

数あるニートの中には、高機能自閉症やアスペルガー症候群などの高機能広汎性発達障害、学習障害(LD)や注意欠陥/多動性障害(ADHD)だけでなく、うつ病や人格障害などさえ含まれているであろうことを、なぜ想定していないのか? この種の支援機関に心理専門職がいるのはあたりまえである。いないほうがどうかしているのだ。

なにかこの、専門知識も持たない一般人がむかしながらの精神論で手助けすれば事足りると、そんなふうに軽く考えていたのではないか? まったくバカバカしいぐらいに解せないニュースだ。

関連記事

ニートと引きこもり(5)  引きこもりやニート、あるいはフリーターなどを生み出した原因と考えられるものを、これまで聞いた、あるいはつらつらと思いつくままに挙げてみた。 産業 製造業の衰退と産業の空洞化によって労働市場が悪化し、失業が増加した 不況下、会社が中高年労働者を保護し若い社員を育てる役割を放棄し...
「ちゃんといい加減に生きよう」と玄田さん... ニートなどの研究で知られる東京大学社会科学研究所の玄田有史助教授が「ニートが大人に問うたこと」というテーマで講演したとライブドアニュースが報じた。助教授は「社会全体が余裕を失っている。生真面目になりすぎるのではなく、"ちゃんといい加減に"生きよう」と語ったという。  玄田助教授は「何でも理解し...
ニートと引きこもり(7)  要するに土浦の事件なのだ。すわっ、ニートだ、というのでドドッとこちらを覗いていただきました(笑)。ちなみに、わたしはニートではありません。ホームレスですが収入はあります。 「自分の居場所がない」  という容疑者のコメントは、物理的空間より精神的なものだろうと思う。家族だけで抱え込んでし...
日本人、哀れなり 数日前に毎日新聞に「ニートやフリーターは本人の責任か、社会の責任か?」というアンケートの結果が載っていた。8割ぐらいの人たちが「本人の責任」と答えていた。哀れな結果だと思った。 年齢別では、やや低い数字を示している10代の若者から数値が上がりはじめ、30代、40代の働き盛りでピークを迎える。高齢...
スポンサーリンク