路上の償い

スポンサーリンク

ぼくはよく自分を悪党と呼ぶが、これは悪党だからそう呼ぶのであって、善人のぼくがホームレスになったわけでは決してない。だからこの話を書くことにしたのだが、ぼくはたとえば家の金を使い込んだことがある。金庫を開けて家人の金から幾枚かの札を抜き取ったときには、みずからショックで目まいを起こし、その金を前にしてしばし途方に暮れていた。

当時、すでにぼくは仕事ができなくなっていた。自分の存在が他人に迷惑をかけている。それによって出社拒否症とクビを繰り返していた。ほとんど収入がなかったが、家人はそのことを知らなかった。

相談すればいつも以上の扱いになるだろうことはわかっていた。家族はこれまで、ぼくがいかに能なしで使いものにならない人間であるかを教えようとしていたが、よりいっそう丁寧に詳しく教えようとするだろう。ぼくは恐れた。相談は論外であった。ぼくは曲がりなりにも収入がある振りを装わねばならなかった。

ことが数日のうちに知れることはわかっていた。今でいういわゆる「サイン」。危険信号、シグナルといったものだったのだろう。しかし、なぜだかぼくは厳しく問い詰められなかった。どうしたわけか大ごとにならず、深く原因を追究されることもなかった。

だが、決して家人が許していたわけではかった。彼らは原因はまったく追究しなかったが、結果だけは激しく求めつづけていた。「仕事」という結果である。けれど、ぼくは結果を出せなかった。そして、やがて彼らが出した結論が「死をもって償え」ということだった。

今、ぼくが路上にいるのは、こうした罪の償いのためである。ことばだけの謝罪は済んでいたが、ぼくは彼らの指示に従った。何度か橋の上に立ち、何度か眼を閉じたまま街道を横切ってみたりした。けれど、そのたび、どこかで納得していない自分、腑に落ちず首をかしげている自分に出会ってしまうのだった。

償い、とは、いったいなんだろうか。

関連記事

ホームレス列伝(1)  夕暮れに薄汚れた真っ黒なスーツを着て出かけ、朝方にうつろな瞳で帰ってくる。キマッているのだかいないのだか、パンツは丈が足りずにツンツルテンで、革靴もところどころが剥げあがっている。ぼくと眼と眼を合わせても、睨んでいるのだか無関心なのか、影のようにとおり過ぎてゆく男だった。  ホームレス施設が闇の...
聖夜の祈り 静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、...
勝つことだけを信じて 書店を眺めたりインターネットを歩いていると、近ごろやたらと眼につくことばがある。特定の単語というよりも、ひとつの方向を指し示すキーワードの群れだ。それは「金持ちナントカになる法則」だの「ここがちがう成功者のナントカ」だの「絶対に勝つためのナントカ」だの、そういった一連のことばの群れである。こうしたも...
武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?(続)... 先日、知人に聞いたことが、改めて「やっぱりなぁ」であった。このブログでいちばんおかしいのは、やはり作者がホームレスということなのだ。ホームレスなんだから仕事すればいいじゃん、俺たちこんなに苦労してがんばって仕事しているのに、ホームレスがよりによってなんでブログなんか書いているんだ、ふざけやがって……...
スポンサーリンク