ホームレスのタイプ分類(再掲)

スポンサーリンク

ホームレス分類図

失業系
基本的には、仕事および住居がないことが原因のジョブレス・ハウスレスタイプ。仕事および住居があれば「当面は」社会復帰できる。仕事の斡旋および住居の確保で対応可能。
反社会系
反社会的な性向により、ホームレス生活に陥っているタイプ。活力はあるので元気がよい。開き直ってエンジョイしているように見えることもある。矯正的な対応も可能だが、むしろ反社会性の背景を探って適応力を高めるような対応が必要。
非社会系
意欲と気力が減退している抑うつタイプ。アパシー。潜在的には社会適応性があるにも関わらず、自信喪失や不安、その他の心理的な問題が原因で社会参加できないタイプ。フラストレーション状況下での退却反応の可能性もあるため、加療的対応。
厭世系
世捨て人タイプ。ときに「自由がいちばん」などと口にすることもあるため、好きでホームレスをやっている、と見られることも多い。社会参加の意識は低い。うつ病など精神疾患の可能性があれば加療的な対応が必要。
脱社会系
マジョリティの社会意識にとらわれないアイデンティティを持つタイプ。全域にわたって分布し、拡大しつづけている。芸術家肌であったり、思いもよらぬ「仕事・事業」をおこなっていることもある。

※)なお、明らかな傷病者や障害者は個々人の意識や性向とは無関係なため、この分類には記していない。

※)近年の社会状況に合わせ、分類を一部改定した。(2011/09/19)

なお、平成11年の労働省の資料「ホームレス問題に対する当面の対応策について」では、ホームレスは以下のように類型化されている。

○勤労意欲はあるが仕事がなく失業状態にある者(TYPE1)
産業構造の変化や不況等による日雇労働の機会減少、リストラ等による常用労働者の失業等
⇒ 就労による自立を支援
○医療、福祉等の援護が必要な者(TYPE2)
アルコール依存症の者、精神的・身体的疾患を有する者、高齢者・身体障害者等
⇒ 福祉等の援護による自立を支援
○社会生活を拒否する者(TYPE3)
社会的束縛を嫌う者、諸般の事情から身元を明らかにしない者
⇒ 社会的自立を支援しつつ、施設管理者による退去指導

関連記事

ホームレスにおける好意の返報性 以前、とあるサイトでホームレスの「心変わり」が話題になった。ホームレスの世話をしている人なのだけれども、面倒を見た相手が突然いなくなったり、次に会っても詫びもないことが多いというので、ホームレスとは深く付き合わないことにしたという話である。 心理学に「好意の返報性」とか「互恵性」とか呼ばれるもの...
ボランティアのタイプ分類  ホームレスを支援するボランティアがいるのはご存知でしょうが、彼らは通常、衣類や雑貨などを配って歩いたり、炊き出しをおこなったり、生活相談を受けたり、福祉事務所と交渉したりしますけれども、おおむねその立場と目的によって3種類ほどにわかれています。 労働・社会運動系 日雇い労働者市場である...
責任と差別の認知心理学 原因帰属と基本的帰属錯誤  誰かになにかが起きた。その原因は彼自身にあるのか、外部の要因なのか? これを原因帰属と云い、前者を内的原因、後者を外的原因と呼ぶ。  たとえば、わたしが石につまずいて転んだ。これはわたしのせいか、それとも石のせいなのか? ここでわたしはその石ころを蹴飛ばして、...
自己評価の心理学 能力の評価と存在の価値 さて、人に認められたいというのは自己承認欲求ともいわれ、人間の基本的な欲求である。そこで大事な役割を果たすのが自己評価だ。医者や研究者によって、自己価値感情、自己肯定感、自尊感情など呼び方はさまざまだが、要は自分自身をどう思っているかということである。 自己評価には二種類...
スポンサーリンク