ホームレス、哀れなり

スポンサーリンク

ぼくが複数のサイトを運営していることはご存知の人も多かろう。中にはホームレスであることを公開していないものもある。それは特に公開の必要がないためで、コミュニケーションはふつうにおこなっている。

さてそうすると、やれお世話になったとかならなかったとかいろいろな人間関係が生じてくるのだけれども、そのうちぼくと交流のある人たち数人に、このあいだこの「ミッドナイト……」から関連記事へとトラックバックを打ってみた。

むろん、彼ら彼女らは、武州無宿・健次郎を知らない。彼ら彼女らが知っているのは別の名を持つぼくである。社交儀礼もあろうが、ぼくに世話になったのなんのと感謝感激していた人たちである。だがしかし……

おぉ、なんたる哀れ。例によって幾人かにトラックバックを削除されてしまった。「この人はとってもすばらしい性格だなぁ」なんて思っていた人からも削除されたのは、なおさら堪えた。

この哀しみ。

涙が出るほどの悲しみ。

ホームレスという名は、かくも哀れな存在なのだ。嫌な世の中だなァ。

関連記事

どうでもよいこと、どうでもよくないこと... ここしばらく、なにも書く気が起こらない。いや、実際には、なにかいろいろ書いてみたりはした。世間では実にさまざまなことが入れ替わり立ち代わり起こっていて、ぼくだって人並みにはなにごとかを考えてみたりはするのだ。 星野仙一さんが槍玉に挙げられていた。この人が叩かれるのはしかたがない。兵が優秀でも指揮...
眠りを拒絶するベンチ(その1)  岡本太郎の作品に「座ることを拒否する椅子」というものがあって、川崎市市民ミュージアムにも所蔵されているが、これは座面にいろいろなものが彫られていて、平らでもなく柔らかくもなく、およそ座り心地のよい椅子ではない。がしかし、これは芸術だからそれでよい。  写真は同館の玄関脇にあるベンチ。むろん岡...
ホームレスの将来  ホームレスに将来があるか、と問われたら、躊躇なく「ない」と答える。ホームレスの将来とは、すなわちワーキングプアのことだからだ。  ホームレス脱出、などといったところで、所在なきワーキングプアから、住まいのあるワーキングプアに出世するだけである。そこがホームレスのドン詰まりだ。その先に道はない...
撮るッ!  まだまだ残暑厳しく、暑さしのぎに家電量販店へと足を運ぶことが多い。近ごろはカメラ売り場がお気に入りで、久しく手に取っていなかったアレコレをいじり倒しながら、不意にサッとレンズを振るなりガガガッとシャッターをやっつけて、まぁニヤニヤと悦に入ったりしている。  今はもう1眼レフもコンパクトカメラもデ...
スポンサーリンク