ホームレス、哀れなり

スポンサーリンク

ぼくが複数のサイトを運営していることはご存知の人も多かろう。中にはホームレスであることを公開していないものもある。それは特に公開の必要がないためで、コミュニケーションはふつうにおこなっている。

さてそうすると、やれお世話になったとかならなかったとかいろいろな人間関係が生じてくるのだけれども、そのうちぼくと交流のある人たち数人に、このあいだこの「ミッドナイト……」から関連記事へとトラックバックを打ってみた。

むろん、彼ら彼女らは、武州無宿・健次郎を知らない。彼ら彼女らが知っているのは別の名を持つぼくである。社交儀礼もあろうが、ぼくに世話になったのなんのと感謝感激していた人たちである。だがしかし……

おぉ、なんたる哀れ。例によって幾人かにトラックバックを削除されてしまった。「この人はとってもすばらしい性格だなぁ」なんて思っていた人からも削除されたのは、なおさら堪えた。

この哀しみ。

涙が出るほどの悲しみ。

ホームレスという名は、かくも哀れな存在なのだ。嫌な世の中だなァ。

関連記事

武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?... わたし、武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのだろうか? 「ホームレス問題を訴える」 「ホームレスへの理解を求める」 というのはあとから取って付けたもっともらしい理由に過ぎない。正直、わたしはホームレス問題などどうでもよい。わたしが書くのは、魂のうちから否応なく吹き上がってくる衝動があるからだ。だから...
深夜のホームレス、土砂降りに遭う  深夜の公園にいると、ゴゴゴーッとトラックが近づいてくるような音がして、これがなかなか通り過ぎない。どうも妙なトラックだなぁと思っていたら、ブツ、ブツッと音がして、とたんに土砂降りとなった。寝苦しい夜には恵みの雨だが、ベンチが使えなくなるのが困りもの。  ふと思い出してパチリとやったが、長時間...
拝啓 ありがとうございます 感謝、ということが苦手だ。ありがとうございます、感謝しています、毎度あり、どうも、サンキュー、ダンケシェン……。ことばにしてしまえばそれだけのことだけれど、胸の奥底から突き上げてきたものが口をついて溢れ出るための、本来その胸の奥に燃えたぎっているべきものが、ない。にもかかわらず、ぼくは平然といってし...
人生30点主義 なんでも完璧にこなそうとすると、ぜんぜんそうできない自分に嫌気が差しちゃう。いつも100点満点、いや120点を目指しちゃうと、70点ぐらいの自分が嫌になっちゃう。 だから「人生80点主義」なんてものがあるのだけれど、俺は80点も要らないや。30点でいい、30点で。赤点ギリギリでいいよ。 ホームレスっ...
スポンサーリンク