ホームレス、哀れなり

スポンサーリンク

ぼくが複数のサイトを運営していることはご存知の人も多かろう。中にはホームレスであることを公開していないものもある。それは特に公開の必要がないためで、コミュニケーションはふつうにおこなっている。

さてそうすると、やれお世話になったとかならなかったとかいろいろな人間関係が生じてくるのだけれども、そのうちぼくと交流のある人たち数人に、このあいだこの「ミッドナイト……」から関連記事へとトラックバックを打ってみた。

むろん、彼ら彼女らは、武州無宿・健次郎を知らない。彼ら彼女らが知っているのは別の名を持つぼくである。社交儀礼もあろうが、ぼくに世話になったのなんのと感謝感激していた人たちである。だがしかし……

おぉ、なんたる哀れ。例によって幾人かにトラックバックを削除されてしまった。「この人はとってもすばらしい性格だなぁ」なんて思っていた人からも削除されたのは、なおさら堪えた。

この哀しみ。

涙が出るほどの悲しみ。

ホームレスという名は、かくも哀れな存在なのだ。嫌な世の中だなァ。

関連記事

殺人刀と活人剣、武器執る者の掟、禅... 『よろずや平四郎活人剣』といえば、ドラマ化されたこともある藤沢周平の傑作時代小説だ。しかしこの「活人剣」とは、いったいなんのことだろう? 「かつじんけん」と読むようだが、字義どおりなら「人を活かす剣」だけれど、それはいったいどのようなものなのだろうか。 これは元をたどれば禅の用語で「かつにんけん」と...
早過ぎたホームレス Side A 調べたいことがあってネットで検索するとこのブログがヒットした。むかしの記事のようだったが、ぼくは書いた記憶がないので誰かのコメントにちがいない。クリックすると、案の定、とある記事のコメント欄へと飛んだ。 専門家なのだろう。感情的になりがちな話題をやや難解ながら筋道のとおった論理的な解説...
なんだか、どよよん。 なんだか近ごろは、気がつくと、どよよんとしている。いつも、どよよん。今も、どよよん。明日も、どよよん。やらなきゃいけないことがあるのに、どよよん。なくても、どよよん。 原因はわかっている。いや、わかっていないかも知れない。わかっているような気がしているだけなのかも知れないのかもわからないかも知れ...
あとがき ~ホームレスの河~  ホームレスと非ホームレスとの境にはとても大きな河が流れていて、わたしはいつもその河を泳いで渡り、非ホームレスであるみなさんの眼の前に現れて話をする。わたしはそのときみなさんの世界にいて、わたしが体験し、そして見てきたホームレスの世界をみなさんに語る。  それは、みなさんへ贈る、わたしがホームレス...
スポンサーリンク