ホームレス、哀れなり

スポンサーリンク

ぼくが複数のサイトを運営していることはご存知の人も多かろう。中にはホームレスであることを公開していないものもある。それは特に公開の必要がないためで、コミュニケーションはふつうにおこなっている。

さてそうすると、やれお世話になったとかならなかったとかいろいろな人間関係が生じてくるのだけれども、そのうちぼくと交流のある人たち数人に、このあいだこの「ミッドナイト……」から関連記事へとトラックバックを打ってみた。

むろん、彼ら彼女らは、武州無宿・健次郎を知らない。彼ら彼女らが知っているのは別の名を持つぼくである。社交儀礼もあろうが、ぼくに世話になったのなんのと感謝感激していた人たちである。だがしかし……

おぉ、なんたる哀れ。例によって幾人かにトラックバックを削除されてしまった。「この人はとってもすばらしい性格だなぁ」なんて思っていた人からも削除されたのは、なおさら堪えた。

この哀しみ。

涙が出るほどの悲しみ。

ホームレスという名は、かくも哀れな存在なのだ。嫌な世の中だなァ。

関連記事

J.BOY/浜田省吾 J.Boy 掲げてた理想も今は遠く J.Boy 守るべき誇りも見失い (J.BOY/浜田省吾) 浜田省吾のファンというわけでもない。まぁ、だいたいぼくはあまり音楽に馴染みがなく、なにが好きかと訊かれて答えに窮し、つい浜田省吾と答えてしまう程度のものだ。それが先日ブラブラしていると、「愛の世代の前に」...
きれいになってよかったね おめでとう きれいな町になってよかったね ホームレスのいない きれいな町になってよかったね ブルーテントもダンボールハウスもない きれいな町になってよかったね ほら 公園や河川敷には暖かな陽の光が降りそそぎ 草木の緑が萌え さわやかな風が吹き渡ってゆく 小鳥たちがうれしそうにさえずって 犬や猫も...
悪党という役まわり 袖すり合うも他生(多生)の縁、などといって、どれほどちいさなことであれ、自分の人生に少しでも関わる人は、なにがしかの理由があって関わっているのだ、と考えることもできる。偶然なのか必然なのか。必然と考えるのは運命論だけれど、偶然に起こったことに自ら意味を与えれば、それは必然となる。偶然という名の必然だ...
いつもの風景  2月1日深夜に撮影した川崎市内の某電話ボックス。暖冬とはいえかなり冷え込んでいても、ホームレスはご覧のとおりダンボール1枚でへっちゃらだ。ちなみに、ドアの下部分は大きくえぐれていて素通しになっており、防寒にはまったく役立っていない。...
スポンサーリンク