ホームレスじゃないホームレス

スポンサーリンク

なんだか知らない間に、ホームレスが運営しているブログってやたらと増えたんだねぇ。ぼくがはじめたころは、まずもってほとんどなかったがなぁ。でも、ここ、彼らからは完全にスポイルされているなぁ(笑)。まぁ連中には連中の世界があるのだろう。連中同士の交流もあり、サポートするボランティアも付き添って盛り上がっている。彼らこそはホームレスなのだろう。だが、では、そうすると、ぼくはいったい何者なのだろうか? いつもこの疑問を拭い去ることができない。

ここは「ミッドナイト・ホームレス……」という名前がついていて、紛れもないホームレスが書いているブログのはずだと思ってきたが、結局ホームレス周辺にいる連中からはホームレスだと認知してもらえなかった。それでいて一般人が悪口をいうときにはホームレスとして扱われる。非常に理不尽な思いを引きずってきた。べつにどうでもよいのだが……そう、どうでもよいのだが。……ね。

関連記事

熱中症に気をつけて 肌を焼け尽くすような凄まじい日差しだと思っていたら、埼玉県熊谷市では、観測史上最高の40.9度を記録したという。熱中症で亡くなる方があちこちで出ているので、どうかみなさん、くれぐれも気をつけてください。とりわけ、体温の調整機能が落ちている人、お年寄りや子ども、病気の人は注意されたい。予防には水だけで...
致命的なまでにすれちがう世界、あるいは淡白さ... Side A ルイス・ブニュエルの「自由の幻想」という映画だったように思う。ひとつのエピソードの登場人物が次のエピソードの主人公になってゆくオムニバス形式で、たがいのエピソードには関連性がないという変わったシロモノだが、中でも奇妙なのがこの話である。 ある少女が行方不明になった、あるいは誘拐されたと...
進め、健次郎ッ! さ、そろそろ涙も枯れ果てたかな。酒を呑むのも終わり、断食も終わり。 最近のトピックで書いてきた俺に対する批判は、そのほとんどが実際にはいわれたことのない批判である。大半は俺が俺自身に向けた、俺自身が作り出した批判なのだ。そうして俺は自分を責め、自身を奈落の底へと突き落としてゆく。が、今はそれでよい。...
いまだ哀しみを知らぬ者たちに捧ぐ ホームレスとは、生きる哀しみを心に刻み込んだ者たちのことである。 あなた方がもしもいまだ哀しみを知らぬ生を送っているのだとしたら、ホームレスのうちに宿る一片の哀しみを探し出すがよい。探し出して、身にまとうがよい。あなた方が知るべきは哀しみである。あなた方は弱過ぎる。哀しみを知らぬがゆえに。 自己...
スポンサーリンク