バタリ。

スポンサーリンク

なにか非常に状態がよくない。やらなければならないことがあるのだが、その手間を考えただけでうんざりしてしまう。頭の中がゴチャゴチャしているのだ。今はまだやりたくないのかも知れない。では、やりたくなるまで放っておくことにしよう。このところあちこちでハシャぎ過ぎたので、疲れているのだろう、たぶん。

関連記事

眠りを拒絶するベンチ(その4)  川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやって...
人生30点主義 なんでも完璧にこなそうとすると、ぜんぜんそうできない自分に嫌気が差しちゃう。いつも100点満点、いや120点を目指しちゃうと、70点ぐらいの自分が嫌になっちゃう。 だから「人生80点主義」なんてものがあるのだけれど、俺は80点も要らないや。30点でいい、30点で。赤点ギリギリでいいよ。 ホームレスっ...
こころの周波数 10日か半月ぶりぐらいにmixiに行ってみる。知人たちの日記をひととおり読んだあと、「足あと」というのを見た。これはぼくのプロフィールを見にきた人たちが残してゆくアクセス記録なのだけど、ぜんぜん知らない人たちがたくさんきていた。よくわからない。 このブログを含め、一般のサイトは、個人のブックマーク(...
ホームレスの多摩川  ゴールデンウイークの最終日、5月6日の朝に撮影。多摩川の堤防に、ひとりぽつねんと座るホームレス。たしか、この日は一日じゅう雨が降っていたと記憶しているが、この時間には一時的に止んでいたようだ。...
スポンサーリンク