バタリ。

スポンサーリンク

なにか非常に状態がよくない。やらなければならないことがあるのだが、その手間を考えただけでうんざりしてしまう。頭の中がゴチャゴチャしているのだ。今はまだやりたくないのかも知れない。では、やりたくなるまで放っておくことにしよう。このところあちこちでハシャぎ過ぎたので、疲れているのだろう、たぶん。

関連記事

眠りを拒絶するベンチ(その3)  JR武蔵中原駅前にある「眠りを拒絶するベンチ」。肘掛けを偽ってそれらしく見せかけた仕切りが、その圧倒的な存在感と共に、横になって休むことを断固として拒絶している。作った奴のペテンな人間性と、脳ミソのセンスが知れるひどいシロモノだ。...
悪党という厄介な生き方 悪党という生き方は存外に厄介だ。「自分の正しさを信じない」からである。 ふつうの人間は自分を正しいと信じたいので正しさを主張し、相手を打ち負かそうとするが、悪党が主張するのは自分が正しくないことの証明のためである。相手を打ち負かそうとすることが、彼にとってはすでに正しくないからだ。彼は自分...
眠りを拒絶するベンチ(その4)  川崎の住宅地のど真ん中にある、ごくちいさな公園。1本の植木をぐるり囲む丸いベンチにも、眠りを拒絶するパイプが容赦なく張り巡らされている。もっとも、ここは三方が住宅に取り囲まれているうえに非常に狭いので、ホームレスが寝るにはあまりにも不適切な場所である。当然、ホームレスはこのような場所にはやって...
ホームレス列伝(2)  みんながささっと夕食を済ませてさっぱりとシャワーを浴び、一服つけてさぁボチボチ横になろうかという時分だった。ぼくはベッドにも向かわずに、今や唯一の住まいとなったホームレス施設のベンチに未だうずくまっていた。  砂利を踏む湿った音に顔を上げた。痩せた青い顔が闇に浮かぶ。Aちゃんだ。 「隣、い...
スポンサーリンク