武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?(続)

スポンサーリンク

先日、知人に聞いたことが、改めて「やっぱりなぁ」であった。このブログでいちばんおかしいのは、やはり作者がホームレスということなのだ。ホームレスなんだから仕事すればいいじゃん、俺たちこんなに苦労してがんばって仕事しているのに、ホームレスがよりによってなんでブログなんか書いているんだ、ふざけやがって……と、どうしても納得がゆかない。

では、ぼくはこのブログを「仕事」のつもりで書いている、といったらどうだろうか。ロクな収入にならないだけだ。あなたはもっと器用で、だからいろいろな仕事ができるわけだけれども、ぼくはまるきり不器用な人間で、自分でできそうなことを探したとき、文章のほか、もはやまったくなにも残ってはいなかった。ぼくはその唯一、自分ができそうなことをやっているに過ぎないのだ。

ぼくは若いころからさまざまな仕事を経験してきた。ゲーム機製造工場、プログラマー、ゲーム企画制作、ゲームセンター店員、パソコン雑誌出版社、写真パネル製造会社、写真通信社、航空写真会社、写真スタジオ、パソコン機器製造工場ライン、宅配便仕分け作業、食品容器製造工場……。なにひとつ満足にできたためしがない。いくつかの会社でクビになり、いくつかの会社で出社拒否症に陥った。最後は抑うつ症になった。そんな生活史の中、唯一、人並みかと思われるものが文章だった。だから今、書いている。

ホームレスなんだから仕事すればいいじゃん、というのは、ぼくがあなたに、
「そんなに苦労が多くて給料が少ないなら、もっと稼げて楽な仕事すればいいじゃん。なんでそういう仕事しないの?」
というのとまったくおなじ理屈なのである。むろん、あなたは、そんな仕事がないことは承知のはずだ。だから、猛烈に反発するにちがいない。だが、実際は、そんな高給を取る能力がないからこそ、安月給に甘んじざるを得ないのだ。

「もっと稼げて楽な仕事すればいいじゃん」
この問いに対するあなたのその答えが、すなわちぼくの答えである。双方の問いは正反対のようでいて、その実まったくおなじ側に属しているのである。

関連記事

ホームレス列伝(1)  夕暮れに薄汚れた真っ黒なスーツを着て出かけ、朝方にうつろな瞳で帰ってくる。キマッているのだかいないのだか、パンツは丈が足りずにツンツルテンで、革靴もところどころが剥げあがっている。ぼくと眼と眼を合わせても、睨んでいるのだか無関心なのか、影のようにとおり過ぎてゆく男だった。  ホームレス施設が闇の...
あとがき ~ホームレスの河~  ホームレスと非ホームレスとの境にはとても大きな河が流れていて、わたしはいつもその河を泳いで渡り、非ホームレスであるみなさんの眼の前に現れて話をする。わたしはそのときみなさんの世界にいて、わたしが体験し、そして見てきたホームレスの世界をみなさんに語る。  それは、みなさんへ贈る、わたしがホームレス...
勝つことだけを信じて 書店を眺めたりインターネットを歩いていると、近ごろやたらと眼につくことばがある。特定の単語というよりも、ひとつの方向を指し示すキーワードの群れだ。それは「金持ちナントカになる法則」だの「ここがちがう成功者のナントカ」だの「絶対に勝つためのナントカ」だの、そういった一連のことばの群れである。こうしたも...
路上の償い ぼくはよく自分を悪党と呼ぶが、これは悪党だからそう呼ぶのであって、善人のぼくがホームレスになったわけでは決してない。だからこの話を書くことにしたのだが、ぼくはたとえば家の金を使い込んだことがある。金庫を開けて家人の金から幾枚かの札を抜き取ったときには、みずからショックで目まいを起こし、その金を前にし...
スポンサーリンク