武州無宿・健次郎はなぜブログを書くのか?(続)

スポンサーリンク

先日、知人に聞いたことが、改めて「やっぱりなぁ」であった。このブログでいちばんおかしいのは、やはり作者がホームレスということなのだ。ホームレスなんだから仕事すればいいじゃん、俺たちこんなに苦労してがんばって仕事しているのに、ホームレスがよりによってなんでブログなんか書いているんだ、ふざけやがって……と、どうしても納得がゆかない。

では、ぼくはこのブログを「仕事」のつもりで書いている、といったらどうだろうか。ロクな収入にならないだけだ。あなたはもっと器用で、だからいろいろな仕事ができるわけだけれども、ぼくはまるきり不器用な人間で、自分でできそうなことを探したとき、文章のほか、もはやまったくなにも残ってはいなかった。ぼくはその唯一、自分ができそうなことをやっているに過ぎないのだ。

ぼくは若いころからさまざまな仕事を経験してきた。ゲーム機製造工場、プログラマー、ゲーム企画制作、ゲームセンター店員、パソコン雑誌出版社、写真パネル製造会社、写真通信社、航空写真会社、写真スタジオ、パソコン機器製造工場ライン、宅配便仕分け作業、食品容器製造工場……。なにひとつ満足にできたためしがない。いくつかの会社でクビになり、いくつかの会社で出社拒否症に陥った。最後は抑うつ症になった。そんな生活史の中、唯一、人並みかと思われるものが文章だった。だから今、書いている。

ホームレスなんだから仕事すればいいじゃん、というのは、ぼくがあなたに、
「そんなに苦労が多くて給料が少ないなら、もっと稼げて楽な仕事すればいいじゃん。なんでそういう仕事しないの?」
というのとまったくおなじ理屈なのである。むろん、あなたは、そんな仕事がないことは承知のはずだ。だから、猛烈に反発するにちがいない。だが、実際は、そんな高給を取る能力がないからこそ、安月給に甘んじざるを得ないのだ。

「もっと稼げて楽な仕事すればいいじゃん」
この問いに対するあなたのその答えが、すなわちぼくの答えである。双方の問いは正反対のようでいて、その実まったくおなじ側に属しているのである。

関連記事

非行少年のたとえ話 「いったいおまえはなにをやってるんだっ」  ダイニングテーブルの向かいから父の罵声に胸をえぐられて、少年はうつむいた。 「あれほど人様に迷惑をかけるなといってきたのに、よりによって……」  父のいつもの口ぐせだったが、つづいて出てくるはずのことばを思い、少年はきつく目を閉じた。  よりによって車...
聖夜の祈り 静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、...
「武州無宿・健次郎のブログ」として... ホームレスに関する数値やデータや生態……。人々が知らずにいて、知ることで知識が得られるだけの、実用書みたいな「情報」。そういうものから離れたいと思いはじめてからしばらく経つ。そのせいか、最近ようやく「ホームレスのブログ」ではなく、「武州無宿・健次郎のブログ」になりつつあるような気がしている。 誰が書...
イジメ はっきりと、そして急速に、気力の喪失を感じている。ここのところ調子がよくなりつつあったので、それがよりいっそう際立つ感じだ。今、こうやってキーボードを打つのさえ、たいへんに面倒くさく億劫である。ロダンの「考える人」のポーズをとっていろといわれたら、死ぬまでその姿勢のままでいられると思う。 ...
スポンサーリンク