ホームレスを整理ポストへ

スポンサーリンク

人生にはよいことも悪いこともある、というのが一般的な見解で、だから「禍福はあざなえる縄の如し」なんてむかしの人はいったのだが、おそらくこういうことばは気休めから出てきたのだろう。

実際には、個人によって大きなばらつきがあるものだ。よいことが多くつづく人と、悪いことばかり重なる奴がいる。もちろん、ぼくは後者である。さあここからが辛抱だ、などと思っている矢先、なにか非常に強烈な力がぼくを路上へと押し戻そうと働く。かくて、哀れなホームレス1匹、再び凍りつくままに、路上へと釘付けになってしまうのだ。

たしかに人生はアンフェアである。先の展開がまったく読めない時代となって、その色はますます濃くなっている。努力を信奉する時代を生きてきた年寄りたちが、いまだ拠りどころとしているそのことばどもも、実のところほんとうはなんの保証もなく、ただ彼らが都合よく利用してきただけに過ぎない。

企業にたとえるなら、この「ミッドナイト……」は万年赤字部門であり、事業を見直すとなれば真っ先に切り捨てるべき部署である。費用対効果などというものも最悪であって、その注ぎ込む労力たるや他の運営サイトに比べてもゆうに10倍は超えるのだが、ほとんどなにも生み出さない。ぼくはこれを「ペイしない」と表現するのだが、文字どおりまったくペイしないのだ。

たとえば、一般的に1~1.5%あればよろしいといわれる数字があって、ぼくが適当に鼻クソをほじくりながら書きなぐっているバカサイトでも、これが1.3%前後ある。もう少しまじめに運営しているサイトでは、ときに2%を超える。ところがこの「ミッドナイト……」ときたら、こいつが0.4%程度しかないのだ。

アホか? である。

これは基本的に訪問者に依存する数字だし、こちらでどうこうするにも限界がある。つまり、筋がよくない。

書けば書くほど赤字になるものなどというのは金のある奴がやればよいのであって、1日1食しか食べられないような人間がやることではない。社会的意義などというのも金のある奴が考えればよい。

とりわけ現在のように、黒字部門が突然に赤字へと転落してしまい、どこで巻き返せばよいのやら見当もつかない状況では、ペイしない万年赤字部門はさっさと整理するのが常識だ。この「ミッドナイト……」は、むかしからほとんどドロボーに遭いつづけてきたようなものだから、今整理してなんの不都合があるものか。

アホらしくなってきた。取りあえず整理ポストへ送ろう。

関連記事

非行少年のたとえ話 「いったいおまえはなにをやってるんだっ」  ダイニングテーブルの向かいから父の罵声に胸をえぐられて、少年はうつむいた。 「あれほど人様に迷惑をかけるなといってきたのに、よりによって……」  父のいつもの口ぐせだったが、つづいて出てくるはずのことばを思い、少年はきつく目を閉じた。  よりによって車...
眠りを拒絶するベンチ(その3)  JR武蔵中原駅前にある「眠りを拒絶するベンチ」。肘掛けを偽ってそれらしく見せかけた仕切りが、その圧倒的な存在感と共に、横になって休むことを断固として拒絶している。作った奴のペテンな人間性と、脳ミソのセンスが知れるひどいシロモノだ。...
ホームレス列伝(2)  みんながささっと夕食を済ませてさっぱりとシャワーを浴び、一服つけてさぁボチボチ横になろうかという時分だった。ぼくはベッドにも向かわずに、今や唯一の住まいとなったホームレス施設のベンチに未だうずくまっていた。  砂利を踏む湿った音に顔を上げた。痩せた青い顔が闇に浮かぶ。Aちゃんだ。 「隣、い...
だいじょうぶ 前なんか向かない うしろだって振り返らない 上なんか見上げない 下だって見下ろさない 静かに眼を閉じて闇の道 ただ歩いてゆけばいい 肩の荷なんか降ろさなくたって 背中の鎖 断ち切らなくたって つながれた過去すべて ちからいっぱい引きずって こころのかけら詰まったバッグ抱え ただ歩...
スポンサーリンク