早過ぎたホームレス

スポンサーリンク

Side A

調べたいことがあってネットで検索するとこのブログがヒットした。むかしの記事のようだったが、ぼくは書いた記憶がないので誰かのコメントにちがいない。クリックすると、案の定、とある記事のコメント欄へと飛んだ。

専門家なのだろう。感情的になりがちな話題をやや難解ながら筋道のとおった論理的な解説で、実に冷静にさばいている。ははぁん、なるほど、そういうわけなのかぁと、まぁぼくの疑問は氷解した。ぼくはあまり物覚えがよくないから、コメントをいただいた人をみな覚えているわけではない。それどころか、ごく一部を除いてほとんど忘れてしまう。

しかし、こんなことを書いてくれている人がいたのだなぁと、すっかり忘れている己を恥じながら、ひょいと署名を見てギョッとした。

武州無宿・健次郎。

コメントの元になった記事を含め、慌ててもう一度読み直す。たしかに、このようなことをいいたいと思った記憶はある。そして、こんなような記事、こんなようなコメントをした記憶もある。だが、こんな記事を書いた覚えもないし、こんなコメントをした覚えもない。

ここでの武州無宿・健次郎氏は、今この文章を書いているぼくとは、似ても似つかぬような人物であった。この取っ付きにくさは置いておくとしても、その論理性、分析力、冷静さ、なかなかどうして、まったくたいしたものと感服する。

あぁん? だがしかし、これはぼくが書いたものなのだ。当時の武州無宿・健次郎氏が書き、今のぼくにはとうてい書けそうもないこと。いくつか過去の記事を読んでみると、それをいっそうはっきりと実感した。

以前は今よりもはるかに追い詰められた状態にあったはずだが、してみるとそのギリギリの状態が、なにかの切れ味を生み出していたのか。そうとうに考え抜かれて書かれていて、ぼくのようなボンクラには、ちょっと付け入る隙がない。なにか鬼気迫るものがあるようだ。

この武州無宿・健次郎氏。いったい何者であったのだろうか? いや、それはただのホームレスにはちがいないが、ぼくにはこんな記事、とても書けない。「むかしは俺もよいことを書いていたな」というノスタルジックな感情がわいてこないのだ。過去と現在が不連続になっている。

妙ないいぐさだが、惜しい人物を亡くしたと思う。

Side B

ホームレスとして、ぼくは20年、早過ぎた。

おそらく今から20年後のホームレスは、今とはまったくちがった種類の人たちが中心にいるはずだ。それは今現在20代から30代の人たちであり、寄せ場だの日雇いだのとはぜんぜん無関係に路上に堕ちる人たちだろう。ドヤと路上とを行きつ戻りつする人たちではないだろう。一旗あげるために田舎から都会に出てきた人たちでもなく、低い教育しか受けられなかった人たちでもないだろう。

彼らは都会の闇にまぎれ、路上の影から路上の影へと、人知れず移ろいながらうずくまる。現在おこなわれている支援の手立てはまったく通用しないが、そのころには世界もあなた方に対する見識を改めていて、必要な手立てが考えられているかも知れない。20年後の路上はあなた方のものである。

ぼくは早く来過ぎたホームレスだった。

関連記事

非行少年のたとえ話 「いったいおまえはなにをやってるんだっ」  ダイニングテーブルの向かいから父の罵声に胸をえぐられて、少年はうつむいた。 「あれほど人様に迷惑をかけるなといってきたのに、よりによって……」  父のいつもの口ぐせだったが、つづいて出てくるはずのことばを思い、少年はきつく目を閉じた。  よりによって車...
聖夜の祈り 静寂のクリスマス・イブ。ふだん浮かれた夜の街はどこか寂しげで、それでいて人々は、胸のうちにある幸せを隠し切れない足取りで流れてゆく。青と白の電球で飾られたツリーに見守られながら、静かに肩を寄せ合うカップル。跳ねるように歩いてゆくおさな子を追う母親の温かな眼。赤と緑に彩られた包みをぶら下げて急ぐ男は、...
勝つことだけを信じて 書店を眺めたりインターネットを歩いていると、近ごろやたらと眼につくことばがある。特定の単語というよりも、ひとつの方向を指し示すキーワードの群れだ。それは「金持ちナントカになる法則」だの「ここがちがう成功者のナントカ」だの「絶対に勝つためのナントカ」だの、そういった一連のことばの群れである。こうしたも...
路上の償い ぼくはよく自分を悪党と呼ぶが、これは悪党だからそう呼ぶのであって、善人のぼくがホームレスになったわけでは決してない。だからこの話を書くことにしたのだが、ぼくはたとえば家の金を使い込んだことがある。金庫を開けて家人の金から幾枚かの札を抜き取ったときには、みずからショックで目まいを起こし、その金を前にし...
スポンサーリンク