日本人、哀れなり

スポンサーリンク

数日前に毎日新聞に「ニートやフリーターは本人の責任か、社会の責任か?」というアンケートの結果が載っていた。8割ぐらいの人たちが「本人の責任」と答えていた。哀れな結果だと思った。

年齢別では、やや低い数字を示している10代の若者から数値が上がりはじめ、30代、40代の働き盛りでピークを迎える。高齢者になると数値が下がるという山型を成している。

理由は簡単。若者は自分たちの世代に理解と共感を示す。高齢者は自分たちの苦しい生活実感とともに、若者を見る眼もやさしい。働き盛りは自分たちが懸命であるぶん他者にキツく当たり、またそうできない者を見下すことで優越感を得る。

哀れだなァ。
他者を蹴飛ばすことでしか己に価値を見出せないなんて、それが哀れでなくてなんであろうか……。幸せな日々を送っていれば、こういう数字は出てこない。日本人は哀れだなァ。

関連記事

もっとラクしよう はっきりいって行き詰まってます(笑)。なにがってホームレスとニートやら引きこもりやらとの接点。 あるにはあるが部分と部分が重なり合うだけで、全体として語ることがむずかしい。要するに、それだけ多種多様ということなんでしょう。それはまた、こうしたグループが特別な人間で構成されているわけではないことを...
ニートニュース ★6月14日 「ニート実態調査 家族や本人から原因聞き取り 文科省が初」(産経新聞) 中山成彬文部科学相は十三日、ニート対策などを中央教育審議会に諮問するとともに、同省は本人や家族から聞き取り調査するなど初の実態調査の実施を決めた。 ~中略~ 「原因を掘り下げ、さまざまな教育の機会をとらえて対策を...
ニートの代表? 杉村議員 先の衆院選で当選した自民党の杉村太蔵さんという人が 「早く料亭へ行きたい」 とかいろいろ物議をかもす発言をして、ワイドショーを賑わせていたことはみなさんご承知。といってもわたしは知らない。わざわざワイドショーを観るために電器店には足を運ばないからだ。そのせいか、世間ではすでに彼の話題は下火のようで、...
ニートと引きこもり(4)  前回、ニートや引きこもり、ホームレスなどの分類については、就業意思のあるなしで分類・対策を考えたほうがシンプルになるのではないかというような意味のことを書いたが、5月17日の産経新聞でニート問題が取り上げられたとき、すでに「就業意欲」を分類の概念として取り込んでいた人の記事があった。  ...
スポンサーリンク