日本人、哀れなり

スポンサーリンク

数日前に毎日新聞に「ニートやフリーターは本人の責任か、社会の責任か?」というアンケートの結果が載っていた。8割ぐらいの人たちが「本人の責任」と答えていた。哀れな結果だと思った。

年齢別では、やや低い数字を示している10代の若者から数値が上がりはじめ、30代、40代の働き盛りでピークを迎える。高齢者になると数値が下がるという山型を成している。

理由は簡単。若者は自分たちの世代に理解と共感を示す。高齢者は自分たちの苦しい生活実感とともに、若者を見る眼もやさしい。働き盛りは自分たちが懸命であるぶん他者にキツく当たり、またそうできない者を見下すことで優越感を得る。

哀れだなァ。
他者を蹴飛ばすことでしか己に価値を見出せないなんて、それが哀れでなくてなんであろうか……。幸せな日々を送っていれば、こういう数字は出てこない。日本人は哀れだなァ。

関連記事

ニートやフリーターは国の将来に……... どうもこの、ニートとかフリーターとかに関して最近は、 「将来の税収に影響する」 「経済が衰退する」 「国力が……」 というような、マクロの視点から問題視されているようだけれども、まぁそれによって注目が集まるのは悪いことではないのかなぁ? わたし自身は、ミクロを語らないと当事者の痛みはわからないだろう...
ニートの日…… 2月10日は語呂を合わせて「ニートの日」だったそうだ。それに合わせてNPO法人ニュースタート事務局が「第一回ニート祭り」を開催したというニュースが報じられた。「ニートな僕らが時代を動かす!」と題して、仮装でウォーキングしたりシンポジウムを開いたりしたようだが、ブロク上での評価は低い。 まじめな問...
ニート化する若者たち  sin8さんという方の「研究員の日々雑感」というブログでニートなることばを見つけたが(「若年層のニート化は誰のせい?」)、近頃ニュースになったから、実にあちこちでよく見かける話題だ。要は「働く意思のない人」のことで「働く意思はあるが仕事がない人」とはちがうらしいのだけれども、若い人たちの間でこのニ...
ニートとコーチングとカウンセリング... 最近、というわけでもないようだけれど、ビジネスの世界ではコーチングなるマネジメントの方法論が根付きはじめているようだ。スポーツなどでよく聞くコーチは、要するに選手にコーチングをおこなう人のこと。その方法論をビジネスに取り込んだのがビジネス・コーチングというわけで、なんか流行っているらしい。 しか...
スポンサーリンク