『傾聴ボランティアのすすめ』(ホールファミリーケア協会)

スポンサーリンク
傾聴ボランティアのすすめ―聴くことでできる社会貢献
三省堂
ホールファミリーケア協会(編集)
価格:
発送:通常24時間以内に発送

以前紹介した「ホールファミリーケア協会」の本。ピア・カウンセリングというのがあって、通常のカウンセリングはカウンセラーとクライエント(相談者)という形になるけれど、ピア・カウンセリングはこれを仲間内でやる。職場の同僚とかおなじ施設の入所者とかね。欧米では高齢者同士によるシニア・ピア・カウンセリングが盛んなのだけれど、その日本版が傾聴ボランティアということらしい。

本の内容はまったくの超初心者向けだ。理屈や実際の進め方から座談会や体験者の談話まで、平易に書かれている。それだけに、つまり非常に取っ付きやすくなっている。
「ちょっとやってみようかな?」
そう感じられる内容だ。

むろん、それですぐにできるわけではない。けれど、ピア・カウンセリングは、もともと専門家がおこなうカウンセリングではない。入り口の基礎知識を身につけた者がおこなうカウンセリングなので、心理アセスメントだとか心理療法だとかの専門的な知識は要らない。それだけに、ハードルは低いのだ。

ピア・カウンセリングは、ボランティアさんがおこなうのにとても適したカウンセリングなのだ。高齢者にしか通用しないということはないので、機会を探してぜひ勉強しておきたい技術のひとつだ。

関連記事

ホームレスの大半が多重債務者? 9月28日付の東京新聞が「ホームレス 大半が多重債務者」と報じている。名古屋市にあるホームレス施設「笹島寮」の調査で、利用者の70%強が多重債務者だったという。同寮の生活指導員は「多重債務問題の取り組みなくしてホームレス問題の改善、解決はない」と訴えている。 この手の話は以前にどこかで聞いたナ。...
東京23区のホームレスが2割減  東京都の調査では、23区のホームレスが昨年に比べて1,000人以上減り、4,200人余りになったと朝日新聞が報じた(リンクが切れているかも)。都では家賃3,000円で2年間アパートを貸す「ホームレス地域生活移行支援事業」などの施策が奏功したと見ている。  今3,000円を払えるからといって2年後...
「自立生活サポートセンター・もやい」の窮地・その後... リプラス破綻で資金援助を受けていた「自立生活サポートセンター・もやい」が窮地に立った話だが、1ヶ月あまりで総額3,400万円以上(!)の寄付が集まったそうで、来年度までの活動には支障をきたさなくなったようだ。よかったね。 しかし、この金額の大きさには、多くのホームレス団体が度肝を抜かれたり腰を抜...
わたしは善いことをする善い人です 近しい間がらでの人間関係は、おなじ土俵、おなじ手段、おなじルールでやりあう限りに於いて、相互作用が基本にある。たとえば見知った間がらで起こる口喧嘩などは、片方が一方的に非難されるべき対象ではない。たとえ片方が一方的に罵ったとしても、通常もう一方にはそのことばを相手から引き出すなにがしかの言動があった...
スポンサーリンク