『傾聴ボランティアのすすめ』(ホールファミリーケア協会)

スポンサーリンク
傾聴ボランティアのすすめ―聴くことでできる社会貢献
三省堂
ホールファミリーケア協会(編集)
価格:
発送:通常24時間以内に発送

以前紹介した「ホールファミリーケア協会」の本。ピア・カウンセリングというのがあって、通常のカウンセリングはカウンセラーとクライエント(相談者)という形になるけれど、ピア・カウンセリングはこれを仲間内でやる。職場の同僚とかおなじ施設の入所者とかね。欧米では高齢者同士によるシニア・ピア・カウンセリングが盛んなのだけれど、その日本版が傾聴ボランティアということらしい。

本の内容はまったくの超初心者向けだ。理屈や実際の進め方から座談会や体験者の談話まで、平易に書かれている。それだけに、つまり非常に取っ付きやすくなっている。
「ちょっとやってみようかな?」
そう感じられる内容だ。

むろん、それですぐにできるわけではない。けれど、ピア・カウンセリングは、もともと専門家がおこなうカウンセリングではない。入り口の基礎知識を身につけた者がおこなうカウンセリングなので、心理アセスメントだとか心理療法だとかの専門的な知識は要らない。それだけに、ハードルは低いのだ。

ピア・カウンセリングは、ボランティアさんがおこなうのにとても適したカウンセリングなのだ。高齢者にしか通用しないということはないので、機会を探してぜひ勉強しておきたい技術のひとつだ。

関連記事

ホームレス戦争 久しぶりにネットカフェの壁を思い切り蹴飛ばして眼が覚めた。なにかわめいたが、なんとわめいたかはもう忘れてしまった。正確にいえば、思い出したくないのである。思い出さないようにしている。思い出すことを心が拒んでいる。 臨床心理学でいう、フラッシュバック、に似ている。命の危険にさらされるようなショッキング...
川崎市の弁当(パン券)支給廃止 ほかのことを考えられる状態にないのだが、川崎市のパン券廃止には触れておかなければならない(「川崎市、ホームレス救済の「パン券」廃止」(Soulful Shout -魂叫-))。 これは人道的支援の名目ではじめたものだったろう。ならば、本来、緊急避難的におこなわれるべきもののはずだ。その間に社会復...
ジャーナリストはもういらない ★3月7日 わたしがインターネットでホームレスからの発信という奇怪なことをはじめてからの最大のなぞは、プロフェッショナルなジャーナリストたちの存在だった。幾人ものジャーナリストたちがサイトを持ち、それぞれの視点で政治や経済や国際問題や社会問題を切り取ってゆくさまは、テレビや新聞といった既存の巨大メデ...
東京府中ホームレス殺害事件 やや古いニュースで恐縮だが、東京の府中で起きたホームレス殺害事件は、相次いだ襲撃事件を含めて同一犯との見方が強い。20~30代の男で身長160~170センチ、痩せ型で短髪、メガネをかけていたという報道も一部にある。 東京・府中市でホームレスの男性が殺害された事件で、ことし3月に隣の調布市でも別...
スポンサーリンク